経営学

経営学

ディズニーランドに学ぶ『ブロークンウインドウ理論』の使い方

『ブロークンウインドウ理論』知ってますか? 割れた窓を見た人が、「この場所は防犯に配慮していない」と感じ、犯罪を起こしても大丈夫ではないかと考えることから、犯罪の発生件数が増えるという理論です。 言い換えれば、小さな犯罪も徹底的に取り締まることによって、凶悪犯罪をも防止できるという考え方のことです。 犯罪の多かったアメリカで検証された理論で、日本では『割れ窓理論』とも言われています。 調べてみると、この理論を活用...
2020.08.28
経営学

ブロークン・ウィンドウ理論(割れ窓理論)について

「建物の窓が壊れているのを放置すると、誰も注意を払っていないという象徴になり、やがて他の窓もまもなく全て壊される」との考え方からこの名がある。 アメリカの犯罪学者ジョージ・ケリングが考案した。 割れ窓理論は次の記述する理論である。 治安が悪化するまでには次のような経過をたどる。 1、建物の窓が壊れているのを放置すると、それが「誰も当該地域に対し関心を払っていない」というサインとなり、犯罪を起こしやすい環境を作り出す。...
2020.08.28
タイトルとURLをコピーしました