嫉妬と陰口に負けない!女ばかりの職場で嫌われずに上手くやっていくコツ

ばかりの職場の人間関係がめんどうくさいと悩んでいる人はたくさん居ます。嫌がらせをされたり、派閥があったり、ルールがあったり、孤立してしまうと仕事にも支障が…。そんな社会で同僚と上手く付き合っていくためにはどうすればいいのか、色々な意見をまとめました。

批判の対象になりやすいのは、「生まれ育ちも顔立ちも能力も中程度なのに、ガリ勉して一流大学に入って稼ぎのいい男を学生時代につかまえて、正社員になり、さっさと出産した性」ですよね。

自分にも手に届いたかもしれない現実が目の前で歩いているのだから、気分が悪いのは当たり前です。嫉妬という恥ずかしい感情をこの私に抱かせる! それだけでも十分に腹が立つでしょう。

妬みや嫉妬の標的になりやすい性はどんな性でしょうか。
それはキラキラと輝いている性です。
更に言うと、嫉妬する側から見て、自分と同じくらいのレベルなのに、自分より輝いている人…ですかね。

人気者は「適度な一匹狼」

学生時代でも社会人になってからでも、今まで見てきた中で一番強いのは『一人が平気な人』ですね。性ってみんなで一緒にいるのが好きだから、そこに依存する人の方がどうしても多くなる。そんな中、あまり友達に依存しないタイプの人はいつも人気者。

ランチは基本1人、時々グルーブ参加型!
帰りはみんなより、少し時間をずらして帰る!
席の周りにみんなが集まっている時、早めに席に戻る!

これは、群れない!ということです。

うちの社内でも、一人でふらっとランチに出るような人ほど、よくランチに誘われていますね

不用意な自虐ネタはNG

自虐ネタを話す時、自分の年齢を基準にするのは危険です。30代の人に向かって「私もう20代も後半ですよー。終わってるなあ、私」「早く結婚しないと、時間がないんです」など、不用意に発言していませんか?自分の事を指しているつもりでも、「私も終わってるって言いたいの?」と受け取られます。

諦める・距離をとる

あなたを中傷している人達は、嫌がらせをしないと気が済まないほどに、あなたの事が羨ましくて羨ましくて仕方がないのです。
このような人と仲良くなるのは難しいです。
(僻むしかできない可哀想な人)と割り切って距離を取りましょう。

スルー力は性社会では強力な武器です。

嫉妬され、いわれのない批判と悪口の対象になる――。残念ながら「持てる者」が直面する現実です。ある程度は仕方ないとあきらめて、受け流す強さも必要だと思います

自分の状況を嫉妬しそうな人からは物理的に距離を置きましょう。視界に入るだけでダークな気持ちにさせてしまうのだから、離れるのがお互いのためなのです。

ワンランク上の素敵な女性になる

「あんなにステキな性ならすべてに恵まれていて当然。ずっとお友達でいたいわ」という憧れの存在へと変身するのです。

いわゆる「育ちがいい」性は憧れの存在になりやすいと思います。日本人は権威に弱いので、「実家が江戸時代から続く老舗で皇室御用達」とか「小学校から高校までお嬢様学校育ちで父親は有名企業の社長」といった先天的お持ちワールドには素朴な憧憬を抱きやすいですよね。そこを最大限に利用しましょう。

名家やお持ちの生まれではなくても、「優並みの美貌」「すごすぎる人脈」「抜群のファッションセンス」「圧倒的な仕事能力」なども憧れ要素になるでしょう。ここでもポイントは恩恵を周囲に分け与えること。自分にメリットをもたらすものを悪く言う人はあまりいないからです。

お局さまにはあえてオープンに

気難しい人と距離をとらず、敢えて「未熟なので教えて下さい!」とどんどん面倒を見てもらいましょう。
そしてあなたが成長を見せれば、お局様もきっと認めてくれるはずです。

いわゆるお局さまと呼ばれる人や、ちょっと気難しそうな性ほど、あえて気をつかい過ぎず、こちらからオープンになって接するのが一番だと思います。私の社内のお局さまは、みんなから気を使われ過ぎるあまり、いつも孤立しがち。

悪口に乗らない・言わない

性同士はまるで伝言ゲームのように自分の発言が広まるので、悪口は必ずと言っていいほど本人の耳に入ります。私がこれまで見てきた中でも、性社会において人間関係悪化の最初の原因は悪口ですね。

褒められたら褒め返す

年上性が持ち物などを褒めてくれた時、あまり謙遜しないほうが好感をもたれやすいようです。本心から褒めてくれていることももちろんありますが、コミュニケーションの一環として言ってくれるケースも多いからです。素直に褒められるだけでは気がひけるなら、相手のことも褒めましょう。

出典地雷、踏んでませんか?職場の年上女性と円満に付き合う4つのコツ | 女子力アップCafe Googirl

人によって態度を変えない

全員に平等に接することに徹することだと思います。
誰か一人と親しそうにしたり、気に入ったそぶりをすると早々に標的にされてしまいます。
出社時の挨拶なども、なるべく全員の顔を見るようにするとよいと思います。

上手くいくには誰に対しても同じく接する事でしょうね。変な勘違いはさせないこと。

バカなふり

だらけの環境の中で、紫式部は同僚に嫌われないようにあることをしました。
それは「バカなふり」。漢文を書けるのにも関わらず、他の性たちに溶け込むように「一の字も書けないふりをした」と日記に残しています。
「能あるタカは爪隠す」といったところでしょうか。

現代でも、自分より高学歴だったり、資格を持っていたりする同僚を叩く性は多いものです。よけいな嫉妬心を煽らないためにも、紫式部のように「バカなふり」をしておくのが安全かもしれません。

メリットに目を向ける

性ばかりの環境はどろどろしたイメージをもたれがちですが、男性目線を気にせず会話を楽しめたり、男性同士よりもさっぱりした関係を築けたりすることも。もし今、性社会で悩んでいる人は、まずその先入観をなくす努力をしてみてください」

タイトルとURLをコピーしました