驚愕!クレヨンしんちゃんから○○が消えてたなんて・・・

Twitterでツイートされたクレヨンしんちゃんから消えたもの。クレヨンしんちゃんと共に育った自分には、どれもこれも馴染み深いもので、消えてしまってショックを受けました。ネットでも同様の声が上がっていたのでまとめました。

問題となっているのはアニメのクレヨンしんちゃん

1992年から始まったこの番組。子供のころから見て育った人も多いはず。

Twitterでつぶやかれて気づいた○○がない!

クレヨンしんちゃんから消えたもの一覧 ・ぶりぶりザエモン(教育上良くないと苦情) ・ぞうさん(〃) ・ケツだけ星人(〃) ・ケツだけ潜水艦(溺死の危険と苦情) ・げんこつ(虐待・DVと苦情) ・グリグリ攻撃(〃) ・「ミサエ」→「母ちゃん」(親を呼び捨てにするのは良くないと苦情)

クレヨンしんちゃん最近見ていないけど、グリグリ攻撃とげんこつとぞうさんぶ〜らぶらは今だ生きているのだろうか? ひまわり生まれてからめっきり減った気がする

アニメのクレヨンしんちゃんって、いつから「げんこつ」とか、「ケツだけ星人」とかやらなくなったんだろ 気づいたらやらなくなってたんだが

児童虐待との苦情で消えた「げんこつ」「グリグリ攻撃」

しんちゃんへのお仕置きといえば「げんこつ」「尻たたき」とこれだった。

近年のアニメ版では暴力的なお仕置きは少なくなっている(その分、しんのすけ自身も少々、利口になっていて、最近ではお仕置きがまったくない事も珍しくない)。

完全に消えたと言うよりは「確実に」表現が減ってきている。

「げんこつ」はクレヨンしんちゃんの魅力のひとつだと思ってたけど、 体罰問題がメディアで著しく取り上げられるようになってから、 確実にそういうシーンが減ったな。

クレヨンしんちゃん原作、最初の方はしんちゃんがみさえにげんこつ食らってほぼ毎回タンコブ作ってたけど、最後の方はタンコブシーンが一巻の中に1つくらいしか見つからなくて変わってしまったんだなあと思った

原作のほうにも規制が見られる。

クレヨンしんちゃんで”げんこつ”ってのを長く見てない。偶にしか見ないからちょうどそのシーンを見てないのだと思ってたが急に今、あっ(察し)ってなった。

子供がマネするから規制の「ぞうさん」「ケツだけ星人」

得意技は「ケツだけ星人」「ぞうさん」。

公式サイトでしんちゃんの得意技として紹介されているのに・・・

クレヨンしんちゃんなんて、ここ数年はぞーさんも、ケツだけ星人も、全くやらなくなったのに、いつまでイメージだけで見せたくない上位にいるのだろうか……

今日のクレヨンしんちゃんで久しぶりにケツだけ星人をやったけど、まさかのパンツ脱いでない! それじゃケツだけ星人じゃない(´Д` ) こんなことからも日本の保守化をヒシヒシと感じる…

もう聞けないしんちゃんの呼ぶ「みさえ」

たしか「クレヨンしんちゃん」は昔、母親を「みさえ」って呼んでたよね。いつから「かあちゃん」て呼ぶようになっちゃったんだろう?

今、みさえって呼ばなくなってたとは! → こんなにもなくなっていた! クレヨンしんちゃんの表現方法 – トゥギャッチ togech.jp/2013/12/18/4994

製作側への苦情・要望によって表現が規制されてきたらしい

しんのすけが男の性器(登場人物は「ゾウさん」と表現する)やおしり(登場人物は「ケツだけ星人」と表現する)を見せるギャグや、口調を子供が実際に真似する社会現象を起こした。

大人や親を馬鹿にする言動が子供に悪影響とし、2012年まで実施していた日本PTA協議会主催の「小中学生と親のテレビ番組に関する意識調査」の「子供たちに見せたくない番組」アンケートでは毎年上位にランクインし、低俗番組として槍玉に挙げられることがあった。

2006年には、青少年育成広島県民会議(青少年育成国民会議の下部団体)が、放送自粛を求める要望書を在広局と在京キー局に提出した

ネットではクレヨンしんちゃんの表現規制を悲しむ声が

@_R_I_C_O_P_I_N_ @feat_sea 教育上良くない、なら親がきちんと子供に教えれば良い事。なんでもかんでも規制すれば済む話じゃないだろ。

@_mis_ato_ クレヨンしんちゃん相当規制されるようになったそうな…なんでもかんでも規制しやがって;;;

返信 リツイート いいね

クレヨンしんちゃんが規制を受けるのすら個人的にはおかしいと思う そんなに規制だらけでは面白いテレビや漫画は本当になくなってしまうのでは? #nhk_fukayomi

あっ、寝る前に母親にクレヨンしんちゃんの規制について話したら、しんちゃんが下半身出さないなんてしんちゃんじゃないじゃんって言ってた。 やっぱり俺の親だなって思った。

タイトルとURLをコピーしました