天津七三郎とは? 芸能人から死刑になった唯一の日本人…カンヌから処刑台へ。

テレビ 歴史
【実話】日本で死刑になった唯一の芸能人…銀幕舞台から処刑台へ。

【実話】日本で死刑になった唯一の芸能人…銀幕舞台から処刑台へ。

天津七三郎~死刑になった俳優の転落人生~

生い立ち~俳優時代

◆天津七三郎(てんしんしちさぶろう 本名:車興吉 1935年生)

宮城県出身。1956年、新東宝の二枚目俳優としてデビュー。2年後にフジテレビ系列の時代劇『変幻三日月丸』にレギュラー出演。『天皇・皇后と日清戦争』(1957年)や『続番頭はんと丁稚どん』(1960年)などの映画に、脇役であったもののコンスタントに出演し、大物俳優と共演したこともあった。その後、松竹に移籍し、カンヌ国際映画祭で審査員特別賞を受賞した『切腹』(1962年)に出演した。

薬物で落ちぶれ

ヒロポン(薬物)の常習で逮捕され、次第に仕事がなくなり、俳優を辞めて実家がある仙台に戻り母親と妊娠中の妻と3人暮らしをしていた。

だが、一時であれ銀幕の華々しい日々が脳裏に焼きつき、知人から借しては派手な生活を続けた。その後、会社を設立したが僅か3ヶ月で倒産、夜逃げは母親に反対され、借は更に増えつづけていった。借で困窮した天津は、以前、仕事で顔見知りだった融会社社長の三男(当時6歳)を身代目的で誘拐することを計画。

誘拐殺人事件を起こす

仙台幼児誘拐殺人事件

1964年12月21日、幼稚園職員に成りすました天津は、偽電話で三男を自宅から呼び出して誘拐したが、車中で泣き叫ぶ三男が邪魔になり首を絞めて殺害した。そのころ三男の母親は帰宅しないのを不審に思い幼稚園へ確認したところ、偽電話だったことが判明して警察に届け出た。天津は三男を自宅の物置に遺棄した後、三男の自宅に電話で身代金500万円を要求したが、身代の引渡し場所で待機していた捜査員によって現行犯逮捕された。

死刑へ

1965年4月5日、一審では無期懲役だったが、二審で逆転死刑判決を言い渡された。1968年7月、最高裁は天津の上告を棄却して死刑が確定した。1974年7月、仙台拘置所で死刑執行となった。刑場で最後を迎えるとき、遺書の代わりに「城ヶ島の雨」を最後まで朗々と歌っていたという。

1974年7月5日死去(享年39)

 ⬇人気の記事!⬇

タイトルとURLをコピーしました