「子連れ狼」の大五郎役から殺人鬼へ…西川和孝の転落人生

テレビ 歴史
【実話】「子連れ狼」の大五郎役から殺人鬼へ…ヒスイ玉で男性を撲殺し550万強奪。

【実話】「子連れ狼」の大五郎役から殺人鬼へ…ヒスイ玉で男性を撲殺し550万強奪。

西川 和孝(にしかわ かずたか、1967年9月29日 – )は、東京都出身の元子役俳優、元政治家。

子役時代(子連れ狼)

『子連れ狼』(萬屋錦之介版)の第1部(1973年放映)・第2部(1974年放映)で、萬屋錦之介演ずる主人公・拝一刀の息子・拝大五郎役を演じ、これをパロディーにしたCMが制作・放映されるほどであった。

原作の大五郎と容姿が似ており、「まだ三つの大五郎」を演じたといわれる後任の佐藤たくみに比べ、「宿命の子・大五郎」を演じたと評されていた。なお、西川が初代大五郎であるとされることもあるが、実際の初代大五郎は『子連れ狼』(若山富三郎版1972年 – 1973年に制作・上映)で大五郎を演じた富川晶宏であり、西川は映像作品としては二代目の大五郎となる。

その後は1976年にTBSで放送された連続テレビドラマ『刑事くん』の第4作(主演:星正人)に主人公・勝山剛の弟役でレギュラー出演した。

芸能界引退後(スイミングスクールを経営)

高校卒業後、芸能界を引退し、渡米。帰国後は水泳指導員としてサラリーマン生活を送る。やがてスイミングスクールの営業権を買い取ったが、経営はうまく行かず、後述の銭トラブルの遠因となった。

政治家へ

1995年の統一地方選挙では、転勤先の新潟県白根市(現在の新潟市南区)の市議会議員選挙に上位当選し、「大五郎議員」として一躍時の人となったが、性問題や銭トラブルから、次の1999年の統一地方選挙には出馬せず政界を引退した。

1997年には萬屋錦之介の葬儀に参列し、「大人になった大五郎」としてスポーツ新聞などに取り上げられている。

借金を理由に犯罪へ

その後、雀荘の経営に乗り出していたが、1999年11月30日、店の資のトラブルから、融業者である知人男性(56歳)を殺害、部下の男に指示して男性の遺体を新潟県朝日村の山林に遺棄、現約500万円を奪い工事費やローンの返済に充てた。

香港へ出国した後にタイに逃亡したが同国で身柄を拘束され、同年12月25日未明に日本へ向かう航空機内で逮捕された。2000年10月3日に新潟地方裁判所で無期懲役判決が下され、その後、確定した

 ⬇人気の記事!⬇

タイトルとURLをコピーしました