「恋の賞味期限は3年」にまつわる男脳のヒミツ

未分類

恋の賞味期限は3年が限界と聞きます。トキメキがなくなるから?思っていたら実は男性脳の作りがそういう風にしてしまう!という記事を見つけました。他にも男性脳に関する情報が見つかったのでまとめてみます。性の方は「なるほど!」と思えることが見つかるかもしれません。

長続きしない恋愛は男脳が関係!?

恋の賞味期限が3年=子供を2人で育てなくてよくなる期間の影響

赤ちゃんは2歳頃になると立って歩けるようになります。そうなると生物学上、男性の助けを必要としなくなります。3年という期間はそれが影響しているのでは?という結果が出ています。

恋愛は特別なことではなく、趣味や仕事と同様、日常の一部

男性は性だけにのめり込むことは少なく、執着しにくいからだそうです。このギャップで性は男性から大事にされていないと感じてしまうようです。

性が知るとちょっとショックかも…

男性の本能は、愛ではなく性欲によって性を求めている

残念なことに、男性が性に感じるのは愛ではなく、性欲であるとする研究結果があるそうです。

恋人だけでなく、自動車、友情にも同様の執着心を持っている

仕事や時計などにも執着心を持っています。なので男の影をちらつかせて試しても意味がありません。それは愛ではなく自分の縄張り意識が出ているだけだそうです。

誰でも恋愛対象にできる

男性は本能の欲求としてできるだけ多くの性にモテたいという願望があります。男は根本的にの子であれば大部分は恋愛対象となるそうです。

あんまり責めないで…男脳はコレが苦手!

男脳は、思いを言葉として表現することが苦手

思っていることを言葉として表現する事が苦手なのでロマンチックな言葉が聞きたいと思う事自体がハードルが高いようです。

「恐れ」「悲しみ」の感情がうまく読み取れない

男性は脳を2箇所使って必死に考えてはいるんですが性の気持ちを読み取ることができません。
必死なんですね。

孤独に弱い

特に高齢の男性は孤独に弱いそうです。男性は性よりも自分から人と関わろうとしないところがあります。その為ますます孤独が募り、社会性を司る脳の回路への悪影響が増します。

男脳ならではの特徴

本能的には人を愛することができない

性には本能で愛することが備わっていますが男性にはそれがありません。母親によって、乳児期の男性に“愛”が注がれます。それが影響して初めて愛を知ることができるそうです。

口喧嘩になると心拍数と血圧が上がる

男の脳は攻撃されと思い会話を続けるからどんどん心拍数も血圧も上がっていきます。
ちなみに会話を一方的に打ち切る85%は、男性だそうです。

性の6倍カッとなりやすい

男性ホルモンのテストステロンが多く出ることで、衝動をコントロールする脳の働きがにぶくなることがわかっています。この影響で街行く性をチェックするのでは?という研究結果もあるそうです。

視覚にはすごい!?能力がある

視覚は無意識のうちに性が赤ちゃんを産めるか確認している

原始時代より人類は「子作り」が重要な要因でした。その為、本能的に「赤ちゃんを産める体」かを判断する能力が備わっているそうです。

ウエスト:ヒップ=「7:10」の比率の性が魅力的に映る

太い性が好きな人も、細い性が好きな人も共通してこの比率です。これは安産型の性を望む傾向があるのでは?と見られています。

男脳は腰のくびれを見て魅力ある性だと感じるように出来ている

性は生理が終わってから排卵日まで、性ホルモンの影響によって、妊娠の準備段階として、性らしい体つきになっていきます。男性脳の一部がそれを察知することができるそうです。

 ⬇人気の記事!⬇

タイトルとURLをコピーしました