残った油の処理方法は? 「オイルポット、新聞紙、固めるテンプル」

食べ物



天ぷらの揚げ物で残った油の処理方法は?

オイルポットで保存

一番かんたんなのはオイルポットや濾し器での保存です。

一人暮らしなら100円ショップで売られている小さなオイルポットで充分でしょう。

揚げ物が終わったらなるべくオイルポットに入れましょう。
なぜなら、空気にふれる時間が長いほど、油の酸化が進むから。

熱い油に注意して入れてください。

ザルで油をこしてカスを取り除くのがオススメです。

保存した油が、キレイなら、ふたたび天ぷらやフライに使っても大丈夫。

オイルポットがない時は、空のペットボトルに漏斗(ろうと)を差し込み、キッチンペーパーを敷いてフィルターの代わりにして油を注ぎ、そのままペットボトルにフタをして保存します。

キレイなら炒めものに

また保存した油を、チャーハンなどの炒(いた)め物に使えば、捨てる油の量を減らすことができますよ。

しかし、これは油の時間が経ちすぎていると、油が焦げてまずくなってしまいますので注意。

新聞紙に吸わせて捨てる

残った油をキッチンペーパーや新聞紙などに吸わせて、普通ごみ用のゴミ袋(ポリ袋)に入れて、口を塞いで燃えるゴミで出します。

ほかに、牛乳パックにキッチンぺーパー、新聞、紙などを入れ、そこに油を注いで吸わせ、パックの口をテープなどで閉じて燃えるゴミに出す方法などもあります。

それぞれの処理は、油がじゅうぶんい冷えてからやった方が良いですよ。
固めるテンプルを使う
新聞紙に油をつける作業は手がベタベタになって嫌なんですよね。

そこで、固めるテンプル を使うのも良いですね。
簡単に油が固まるので捨てるのが楽ちんです。

 

台所の流しに捨てるのはダメ!

大量に残った油を台所の流し(排水口)に捨てるのはダメです!

大量に油を流すと、冷えて固まって排水管の内側に付着して、排水管を詰まらせる原因になります!

油は固まると石のようになり、その量が多くなると、排水管が詰まって水が流れなくなる。

また、熱々の油をそのまま大量に捨てると、排水管が壊れる原因にもなります。

少量の油であれば、台所に捨てて良いですが、量が多いのはNGですね。

油を庭に捨てる

油を庭や畑に捨てるというアイディアもありますね。

しかし、これは少量であれば良いですが、大量に捨てると臭いが発生するかもしれません。

2chやTwitterで聞いた方法

上以外で2chやTwitterで聞いた方法


残った油でホットケーキミックスでドーナツ作ったらめちゃくちゃ旨かった


蝋燭にするといいぞ
揚げ物っぽい臭いが食欲を削いでダイエット効果付き

牛乳パックに紐とクエン酸入れて固める
巨大なロウソクになるから震災が起きて停電になっても安心安全山本山


廃油に化成ソーダを足して
石鹸を作ればええわ

牛乳も足せば自家製牛乳石鹸やでw


揚げカス等を濾し取って
そこにPCをどっぷり浸して
油冷PCにする

あの逮捕されたスパコン詐欺師達も
こんな感じで油冷OCして
性能を稼いでいたんやでw


自転車のチェーンにかける
工具や刃物油として利用する


バイクのパーツ沈めとけ


トイレに流す


ラードみたいな酸化しない油でやれば捨てなくて済むぞ


全身に塗って保温効果

 ⬇人気の記事!⬇

タイトルとURLをコピーしました