ネットショップのメリット・デメリット!今すぐ10万稼ぐ方法!

未分類

メリット

全国に向けて売ることができる
年中無休・24時間販売(じかんはんばい)できる
実店舗(じつてんぽ)と比(くら)べると安く開業できる
気軽に開業・閉店(へいてん)できる

オンラインなので、場所や時間に制限(せいげん)されずに販売(はんばい)することができます。
お客様が全国どこにいても、買いたいタイミングでいつでも商品を購(こう)
入できるところが、ネットショップの最大のメリットです。

また、実店舗(じつてんぽ)と比(くら)べると非常(ひじょう)に安く開業・運営(うんえい)することができる点もメリットであると言えます。
ネットショップならば、家賃(やちん)もかからず自宅(じたく)でも開業することができますので、ネット環境(かんきょう)が整っていれば誰(だれ)でもはじめることができます。

そのため、気軽にはじめることができますし、ネットショップをやめたくなったときも簡単(かんたん)にやめることができるので、心理的負担(しんりてきふたん)も実店舗(じつてんぽ)に比(くら)べて少ない点がメリットと言えるでしょう。

デメリット

購入者(こうにゅうしゃ)が商品の実物を見られない
対面で接客(せっきゃく)ができない
在庫管理(ざいこかんり)や発送作業など地味な仕事が多い

一番のデメリットは商品を実際(じっさい)に見て、試すことができない点です。
特にサイズ感や生地の素材(そざい)が購入(こうにゅう)するか否(いな)かに大きく関わるアパレルショップは、商品の詳細(しょうさい)を伝える工夫をしなくてはなりません。
具体的には、人を起用して着用画像(ちゃくようがぞう)を載(の)せたり、アップの写真で商品の質感(しつかん)が伝わるようにしましょう。

最近は、ライブコマースといって生放送の動画を配信し、その中でタレントやインフルエンサーが商品を実際(じっさい)に試したり、着用したりして紹介するという手法が流行っています。
ライブコマースの特徴(とくちょう)は、動画という特性(とくせい)を活かして商品をあらゆる角度から確認(かくにん)できるため、画像(がぞう)だけで商品を見るよりもイメージが沸きやすいという点が挙げられます。

ネットショップは購入者(こうにゅうしゃ)に安心して商品を買っていただくために、商品説明はわかりやすく、商品写真は細部まで掲載(けいさい)する必要があります。

最近はメルカリの登場などでオンラインで顔が見えない人から商品を購入(こうにゅう)する機会が増(ふ)え、ネットショップで商品を購入(こうにゅう)するハードルが昔
よりも下がっていると考えられています。
きちんと伝えるべき情報(じょうほう)を開示(かいじ)して、お客様に安心感を伝えられるかどうかがネットショップで成功を掴(つか)む重要なポイントとなります。

また、在庫管理(ざいこかんり)や、梱包(こんぽう)、発送の作業は地味な作業ですがネットショップを運営(うんえい)する上では欠かせない作業です。加えて商品紹介(しょうひんしょうかい)の文言を考えたり、掲載用(けいさいよう)の写真を撮(と)ったりとやるべきことが多岐(たき)に渡るので柔軟(じゅうなん)に対応(たいおう)する力が求められます。

これらを解決(かいけつ)する外部サービスもありますので、うまくサービスを使っ
てみるのも良いかもしれませんね!

(1) 競合が多い

「ネットショップを開設(かいせつ)すれば、全国に販路(はんろ)を拡大(かくだい)できる」と考える方は少なくないようですが、逆(ぎゃく)に言えば全国に競合が存在(そんざい)することにもなります。リアルの店舗(てんぽ)であれば、同じ商圏内(しょうけんない)での勝負ということになりますが、ネットショップでは日本国内という広いエリアが対象になります。

メリットの(1)でも述(の)べましたが、低コストでスタートできる分、参入障壁も低いのがネットショップという形態(けいたい)の特徴(とくちょう)です。

以下は、経済産業省(けいざいさんぎょうしょう)が平成27年5月に発表した「平成26度我(どわ)が国経済社会の情報化(じょうほうか)・サービス化に係る基盤整備(きばんせいび)(電子商取引に関する市場調査(しじょうちょうさ))」にある、EC分野-物販分野(ぶっぱんぶんや)における各カテゴリーの構成(こうせい)比率(ひりつ)です。

平成26年度 我(わ)が国経済社会(くにけいざいしゃかい)の情報化(じょうほうか)・
サービス化に係る基盤整備(きばんせいび)(電子商取引に関する市場調査(しじょうちょうさ))

P.58より引用

規模(きぼ)が大きいジャンルは、競合も多いと考えられます。

事前に、「サッカーグッズ 通販(つうはん)」など、自身の業種と関係のあるキー
ワードで検索(けんさく)して、競合のネットショップがどのぐらいあるかをリサー
チしておきましょう。

(2) 集客の施策(しさく)が必須(ひっす)

上述(じょうじゅつ)した通りネットショップ界では、現在(げんざい)ほとんどのジャンルで競合がひしめいている状態(じょうたい)です。それほど集客に力を入れなくても、比較的(ひかくてき)うまく行っているところは、「国内に競合が少ない」「日本で扱(あつか)っていない商品を扱(あつか)っている」「マニアックな商品」「もともと顧客(こきゃく)がいる」というケース。これ以外は、何かしら集客の施策(しさく)が必要になると思っていて良いでしょう。

実はこの「集客」部分が非常(ひじょう)に難(むずか)しく、数年間運営(すうねんかんうんえい)していても一つも
売れずに撤退(てったい)したという話もときどき耳にします。ネットでの集客や販促方法については、また別の回で詳(くわ)しく解説(かいせつ)しますが、この辺りで勝
算があるかどうかは、スタート前に見極める必要があるでしょう。始める前に、費用も含(ふく)めて専門家(せんもんか)に相談してみるのも手です。

(3) 運用の継続(けいぞく)が難(むずか)しい

ネットショップの運用が始まると、注文者へのメール対応(たいおう)、在庫確認、梱包(こんぽう)、発送準備(はっそうじゅんび)、配送、発送連絡(はっそうれんらく)、事後の確認(かくにん)メール等顧客対応のほか、商品の入れ替(か)え、キャンペーンの実施(じっし)、メルマガの定期刊行(かんこう)、SNSの運用など、こまごまとした作業が発生します。専任(せんにん)の担当者を置ける場合はよいのですが、本業が別でネットショップが副事業の場合、手が回らなくなる可能性(かのうせい)があります。十分な利益(りえき)が出ず、人手もさけないという事態(じたい)に陥(おちい)ると、継続(けいぞく)が難(むずか)しくなります。

煩雑(はんざつ)なメール対応(たいおう)、梱包(こんぽう)や配送について、代行で行うサービスもあります。こうしたところと契約(けいやく)することも視野(しや)に入れておくと良いでしょう。

おまけに上記のように運営にかかる作業は膨大。

手間もかかるし、顧客は本当に「自分勝手な要求が多い」もの。

顧客からの問合せに迅速に対応しなければ店舗レビューは★1つに。

これを見ていただければ、
ネットショップの運営を副業にしようなんて
思う人はかなり減るのではないか?と思いますが
これは本当のお話です。

売れるネットショップの運営は
自動販売機のようにいかないのです。

 ⬇人気の記事!⬇

タイトルとURLをコピーしました