男の下心を見抜く方法10選「2人で飲む、 優しい、体を触ってくる」

恋愛

f:id:yamadatakasi:20190126121057j:plain
男の下心を見抜く方法、言動10選!

2人で飲む

「二人で飲みに来る時点でオーケーってことだろ」などと思う男性は多いです。
あとは適当に理由をつけて男関係に持ち込もうとする人はいますよね?

優しい

「優しい、優しすぎる」のは下心があるのかもしれません。
そもそも、優しい男は少ないです。 性の前だけ優しくしてるのは下心がある可能性があります。
優しくする男はみんな下心持ってる!?

体を触ってくる

話をするときに、やたら肩や手に触れたり、スリ寄ってきたりセクハラが多いのは下心がもしれません。

ボディタッチが多い男は遊び慣れしていて、手も早い人が多いです。

一夜限りの関係を期待する男子に多いのがボディタッチの多さ。徐々に過激なボディタッチに移っていくことで、相手を慣らさせて、ベッドに持ち込もうという作戦。

フレンドリーにしたいなら間違い、あまりの馴れ馴れしさにびっくりしますよね。しかも、出会って間もない時期とか、人前でも平気で触ってくるような男性は気持ち悪さすら感じる…。
相手のカラダに触れることで、ふたりの距離感を探っているのです。

何もしないから

昔から、ある言葉ですが「何もしないから」と言って誘う男は多いですよね。
本当に何もしない人はこんな事は言いません。よこしまな考えがあるからこそ、「相手が警戒している」と疑って、この言葉が出てくるわけです。「何もしないから」って言われたら、「何もって、何?」って逆に質問すると、あたふたするはず。

遅くまで飲もう

あるあるな言葉ですが、本当に飲むのが好きだったり、みんなで騒ぐのが好きな人なら、わざわざ「遅くまで飲もう」なんて言いません。

だいたいは、「次、行くぞ!」で気づいたら、朝まで遊んでたということの方が多いでしょう。「遅くまで飲もう」というのは、朝まで一緒にいられるかどうかの下調べしている可能性もあり。

自慢話が多い

男子は「相手を自分の思い通りにしたい」と思う人は多いです。

自分がいかに優れているかをアピールしたいのです。飲み会などで自分の自慢話が多い男子は、子に尊敬や畏敬を抱かせ、自分の思い通りにしたいという塩飽があるかもしれません。。

昔から男は支配欲が強いと言われますよね。

下ネタが多い

ボディタッチと同じく、ふたりの距離感を図って、徐々に過激な下ネタに移り、相手を慣らさせようとしている可能性も。

しかし、ただのエロい人、セクハラオヤジ、アホな人かもしれません。

終電に間に合わないようにする

「終電に間に合わない=ホテル直行!」などと安直に思いつくアホな男性は多いです。

終電近くなって、ラストオーダーをたくさんしたり、時計を確認させないようにしたりする場合は、下心ありあり。

また、終電にソワソワしている性に対して、「送るから安心して」とか、「なるようになるさ!」なんて気楽な言葉を発する男性こそ相当な下心の塊。

ホテル街をウロウロ

なぜか同じ道をウロウロして、気づけばここらへんはホテル街?なんて状況になっていることも。

周りを見渡せばラブラブな恋人同士や不倫カップルが歩いているような時は、その流れでホテルに連れ込もうとしているのでしょう。

「なんか面白そうだから入っちゃおうか?」なんて白々しい言葉で誘導する彼の頭の中は、言うまでもなくイヤラシイ下心でいっぱいでしょう。

下心がない男はいない

「下心なければ性なんて誘わない」
「性欲なかったら男と遊んでたほうが楽しい 」

そう思ってる男は多いです。

男の方が雑念ないから面白い
なら可愛くなくても色々気を使ったり可愛ければやりたいから期待するし、 性欲なしでと遊びたがるのは性に興味がない男だけでしょうね。

下心なしのときなんて客として対応してるときくらい

 ⬇人気の記事!⬇

タイトルとURLをコピーしました