自分に自信がない…自尊心・自己肯定感を高める6つの方法

人生の悩み

他人からどう思われてるんだろう?私って変じゃないかな?常に周りの顔色を伺って、他人からの評価を気にして生きていませんか。生きづらい。自分に自信がない。そんな風に悩んでいるあなたに自尊心・自己肯定感を上げる方法を紹介します。

どうやったら自分に自信が持てるんだろう…

他人からどう思われるんだろう?私って変じゃないかな?
今、変なこと言ったかな?相手はどう思ったかな?

常に「周りからの視線」を気にしてしまい、自分の言動に自信が持てないなんてこと、ありませんか。

「自尊心」を高めよう!

自尊心(じそんしん self-esteem)とは、心理学的には自己に対して一般化された肯定的な態度である

『ありのままの自己を尊重し受け入れる』態度とする。

自尊心・自己肯定感を高める為にやってみよう

▼嫌だと思う人や物を手放す

ネガティブなものはネガティブを引き寄せてしまいます。嫌だと思うものは、思い切って手放してみましょう。

不平や不満を言うのは、すっきりもして、楽しいこともあるかも知れません。でも、そんなことばかりする人たちと付き合っていると、最終的にあなたもそんな人になってしまうでしょう

▼食生活を見直す

体にいい物を食べることで、自分自身を勞っている・大事にしていると感じることができます。

健康管理を怠って、ジャンクフードに夜更かし……。自身の健康なんてどうでもいい。そんな生活を送っているのは自分を愛していないサイン。

▼掃除をする

部屋がぐちゃぐちゃで片付けたいのに片付けられない。って人は、もしかしたら片付けられない自分にストレスを感じているかも。

身繕(みづくろ)いや部屋の状態というのは、日常の行動の総体。そこには、その人の脳の状態が投影されている。

▼自分の好きなものに囲まれる

お気に入りの洋服を着て出掛けるのと、あんまり気に入ってないけどセールで安かったから買った洋服を着て出掛けるの、
どちらがワクワクしますか?

好きなものに囲まれて生活すると、それだけで心がやすらぎます。

嫌いなものや自分の趣味にあわないものに
囲まれているとマイナスエネルギーになるようです。
マイナスエネルギーは心身ともにバランスを崩します。

▼他人と自分に上下関係をつけるのを辞める

自信がないと、自分がダメな人間だと思いがち。
でも、そもそも誰でも良い所とダメな所があるのは当然ですよね。

そもそも人は対等です。けれど、いつも自己否定ばかりする癖がついていると、最初から他人を「すごい」と見てしまい、「それに比べて私は駄目だ」と自分から進んで格下だと思ってしまう

▼自分の一番の味方は「自分」だと認識する

誰かに認めてもらおうと頑張るのは素晴らしいこと。でも、自分のことを蔑ろにしてまで相手に尽くしてしまったら、疲れ果ててしまうでしょう。

まずは自分が自分自身の気持ちに耳を傾け、自分の気持ちを認めてあげることを大切にしましょう。

「ありのままの自分を受け止めて
他人に何を言われても揺るがない自信を持とう」

やりたいことも、否定されるとか周りから受け入れられないではなく、何より「自分がどう思うか、したいかしたくないか」で選択し言動する癖をつけるのです。

 ⬇人気の記事!⬇

タイトルとURLをコピーしました