ネットの誹謗中傷はどこまでセーフ? 弁護士ユーチューバーがガチ分析してみた

youtuber 法律
【マコなり社長】法的措置と噂のユーチューバー5名。本物の弁護士がガチ分析してみた

法的措置と噂のユーチューバー5名。本物の弁護士がガチ分析してみた

某有名社長を批判したユーチューバー5名の発言から、誹謗中傷はどこまでセーフか? 弁護士岡野タケシさんが解説。

上の動画によると、

「完全にカルト宗教だよね」

「情弱を大量に集めれば儲かる」

「隠蔽体質」

などの発言も、文脈全体にウソがなければ、名誉毀損になる可能性は低いようです。

名誉毀損になる場合は、明らかにウソの情報をネットに拡散させた場合のようです。

有名人が訴える人の傾向

【マコなり社長】法的措置を宣告したアンチ2名はこんな奴だ!弁護士が分析!

【マコなり社長】法的措置を宣告したアンチ2名はこんな奴だ!弁護士が分析!

上の動画も興味深く

有名人が訴えるのは、

「一線を越えた一般人」

「グレーゾーンの敵対インフルエンサー」

の2つが多いとのお話。

誹謗中傷や名誉毀損で訴えるのは、裁判費用がかかり赤字になりやすいので、訴える場合は「見せしめ」として訴えるパターンが多いとのこと。

ネットでの誹謗中傷アウトやセーフラインとして、わかり易い内容の動画でした。

 ⬇人気の記事!⬇

タイトルとURLをコピーしました