探偵に浮気調査を依頼するまでの流れ

探偵

探偵に浮気調査を依頼するまでの流れをまとめてみた。浮気調査を依頼するときの参考にしてみてください。

費用の心配があったり、実際に依頼するかどうかを迷ったりしている時は、まず電話かメールで相談してみましょう。

浮気調査の相談には、まずメールか電話で相談をしてみる。

離婚訴訟や慰謝料請求を念頭に置いているのであれば、使える証拠を集めたいものです。使える証拠としては、不倫相手とラブホテルに入った写真が挙げられます

浮気調査をして、どんな証拠を手に入れることができるのか確認しておいてください。

まずは、浮気調査の相談からはじめます。おおまかな調査の内容について質問したり、料のことを確認して下さい。

流れ2 料金の見積りを出してもらう

探偵社を選ぶ時には気を付けたい事がありますが、その一つが料体系です。

探偵で気になるのはやっぱり料についてです。

不貞行為の証拠だけだったり、浮気相手の特定までだったり依頼者の目的にもよります。
その調査の内容によって料も変わってきたりするので、見積もりの時に分らないことがあれば聞いておきましょう。

調査の内容によって料は人それぞれ違います。必ず浮気調査の見積りをしてもらいましょう。

素行調査や浮気調査の費用は、1時間当たり1万円位×調査員数×調査時間×日数+経費(交通費等の実費)ぐらいの

どれぐらいの額になるのか、実際の浮気調査の料と比較をする必要があります。

浮気調査の料の見積りとあわせて、浮気調査の料の相場も調べておけば、相場よりも安い料で調査をしてくれる探偵かどうか確かめることができます。

流れ3 契約内容の確認をする

探偵業の業務の適正化に関する法律で次の3種類の書面を作成することが求められています。

探偵業では調査の前に必ず契約書を作成する。

誓約書では、探偵が調べて知り得た情報を依頼者が犯罪行為などに利用しないという誓約を行います。

調査内容に関する契約だけではなく、浮気調査によって知り得た情報の取り扱いに関しても契約書で取り決めをおこないます。

浮気調査だけでなく、探偵の全ての調査では、必ず契約書を作成します。契約書が無いのに、調査を行うというのはまずありえません。契約内容をキチンと確認し、抜け落ちなどがないか確かめてください。

あまりに頻繁に連絡をお願いした場合には調査に多少なりとも支障をきたす場合もありますので、できる限り我慢した方がよい場合もあります。

調査の経過が気になって、頻繁に調査員へ連絡を取ろうとする人もいるみたいですが、帰って調査の邪魔になりますので、重大な要件でない場合は連絡を取らないようにしたほうが無難です。

契約が終われば、いよいよ調査です。あらかじめ決めていた調査スケジュールに沿って調査が行われます。

調査が始まれば、あとは浮気調査の結果を待つばかり。

浮気調査の流れはつかめましたか?こちらのまとめを参考に、浮気調査を考えてみてはいかがでしょう。

 ⬇人気の記事!⬇

タイトルとURLをコピーしました