姫始めの反対の意味は?由来は?対義語は?

歴史
「姫納め」
「事収め」
「鞘納め」
「槍納め」
などの様々な説があります。

姫始めは新年に最初に夫婦が一緒に床に入って楽しむ事。

反対語は ”事収め” らしいですが、姫納めのほうが説得力アリかも。

または少が初体験をする事。これの反対語は ”筆おろし” 男の子の初体験の意。

姫納めの意味は?

その年の最後に行うセッ●スのこと。

由来はは造語?

由来は造語?

姫始(ひめはじ)めの対義語鞘納(たいぎごさやおさ)めは造語?

年末に催事(さいじ)を納(おさ)めることを「姫納(ひめおさ)め」とする説が一番ではありますが、他にも「密事納(みつじおさ)め」とも言われています。「秘(ひ)め始め」を語源(ごげん)と捉(とら)えたことからくる言い回しで、多少語呂合(たしょうごろあ)わせが悪く感じるものの、豆知識として覚えておきましょう。

また、姫始(ひめはじ)めの対義語としてネット上では「鞘納(さやおさ)め」「槍納(やりおさ)め」との声もありますが、これは正しい対義語ではなく造語です。「鞘納(さやおさ)め」は性行為(せいこうい)の様子から連想された言葉のようです。「槍納(やりおさ)め」は「やりおさめ」と読み、性行為(せいこうい)のことを「ヤる」と呼称(こしょう)するところから繋(つな)げているようです。

 ⬇人気の記事!⬇

タイトルとURLをコピーしました