【クローズ×WORST】武装戦線 歴代ヘッド&主要メンバーまとめ【髑髏(ドクロ)を背負いし男達】

未分類

高橋ヒロシさんによる漫画作品「クローズ」&「ワースト」に登場するバイカーチーム、武装戦線(ぶそうせんせん)。髑髏の旗に集いし熱き男達を、歴代ごとにまとめました。

▼武装戦線とは

自由を求め結成されたチーム。
髑髏(ドクロ)マークがシンボル。
魂は、その時代ごとの男達によって受け継がれている。

元はわずか4人の男達によって結成された暴走族。三代目ヘッド・九能秀臣の時代は300名以上の構成員を抱える情け容赦ないチームとして恐れられ、殺人に関わっているとまで噂された。春道によって三代目が壊滅させられた後は、九能龍信によって新たに四代目武装戦線が立ち上げられ、少数精鋭のバイカー集団として生まれ変わった。出で立ちも、特攻服から髑髏マークのシンボルの入った黒いライダースジャケットに変わっている。英語では“THE FRONT OF ARMAMENT”と表記される。スクラップ置き場と喫茶店『ブライアン』を溜まり場にしている。

読者人気が非常に高く、ファッション誌などでも特集が度々組まれている。

▼初代 武装戦線

主要メンバー
鈴木 恵三(すずき けいぞう)
大島 永三(おおしま えいぞう)
長谷川 定政(はせがわ さだまさ)
門田 陽一(かどた よういち・モンタ)

武装戦線はわずか4人の男達によって結成された。

4人で結成した武装戦線。後にメンバーは8人に増え、1年後には、19人の男達が髑髏(ドクロ)を背負った。

百鬼を始め、幾つものチームから勧誘を受けていたが、自由を求め、武装戦線を結成した。百鬼との抗争の繰り返しの末に、当時の百鬼総長・中條アキラに認められ、将来太くデカイチームになることを予感される。

武装戦線結成メンバー。結成時は鈴蘭高校1年。子供が怖がるほどの強面で、タイマンでは引退まで無敗を誇り、実力は恵三よりも上だった。

▼二代目 武装戦線

主要メンバー
菅田 和志(すがた かずし)
九能 秀臣(くのう ひでおみ)
九能 一聖(くのう いっせい)
阪東 秀人(ばんどう ひでと)
田所太朗(たどころ たろう)

二代目武装戦線ヘッド。九能兄弟とは幼馴染みで親友。初代武装戦線頭、鈴木 恵三との出会いから武装入り。キッカケは、菅田が中学時に秀臣と一聖の敵討ちをするため、たった一人で木刀を片手に初代武装に乗り込んだことから。阪東の憧れの存在で、菅田もまた阪東を可愛がり三代目を任そうとしていた。そんな矢先、引退直前にバイク事故で他界。チーム拡大を押し進める秀臣を最後まで親友として信じていた。

2代目武装戦線ヘッド時代

出典ameblo.jp

中学時代。この頃に、初代武装戦線頭、鈴木 恵三との出会いを果たす。

出典ameblo.jp

憧れていた男・菅田の突然の死によって、坂東のその後は大きく変わっていく。

初代武装戦線見習い→2代目武装戦線
ケンカの実力は あるが、メンタルが弱い。口癖は「押忍!」。

▼三代目 武装戦線

主要メンバー
九能 秀臣(くのう ひでおみ)
九能 一聖(くのう いっせい)
九能 龍信(くのう りゅうしん)
岩井 政則(いわい まさのり)
安西 光彦(あんざい みつひこ)
水戸 靖之(みと やすゆき)
真木 誠司(まき せいじ)
阪東 秀人(ばんどう ひでと)
山崎 タツヤ(やまざき たつや)
千田 ナオキ(せんだ なおき)

九能三兄弟の次男。プライドが高く残忍な性格だが、根は卑怯な臆病者。菅田が死んで三代目頭となった後、菅田を裏切るかのようにチームを拡大。武装を凶悪な集団へと変貌させていく。

九能三兄弟の長男、九能 一聖は秀臣の双子の兄であり直属のヒットマン。得意のナイフ捌きで武装に仇名す者を始末する。
弟は後に四代目武装戦線ヘッドになる九能 龍信。

出典ameblo.jp

山崎・千田を率いる坂東一派も所属。秀臣らによって、本来の路線とは違う道を進みつつあった三代目武装本隊との軋轢も見られた。

秀臣の影響力は、副頭であり弟・龍信の実力による部分も大きかった。

▼四代目 武装戦線

主要メンバー
九能 龍信(くのう りゅうしん)
村田 十三(むらた じゅうぞう)
三島 文太(みしま ぶんた)
国武 亮太(こくぶ りょうた)
鮫島 義一(さめじま ぎいち)
香月 ゲン(こうづき ゲン)
仲地 哲也(なかち てつや)
三富 豊(みとみ ゆたか)
武田 好誠(たけだ こうせい)

三代目が崩壊した後、元三代目親衛隊や武装から遠ざかっていたメンバー総勢13人を呼び集めてチームを再結成。四代目ヘッドとなった。
喧嘩のスタイルはボクシングで、かなりの実力者。
仲間の信頼も厚く、坊屋、ブル、美藤と共にその時代の「四天王」の一人に数えられている。
四代目引退後はプロボクサーの道を歩む。

出典ameblo.jp

彼こそ今日における武装戦線のイメージを決定づけた立役者といっても過言ではないだろう。

滅多に公の場に顔を出さないが、その実力は龍信も一目置いており、互いに親しく信頼し合っている。
弟は後に7代目ヘッドとなる村田将五。

額のライダースゴーグルがトレードマーク。

三代目とは違い、少数精鋭の集団としてその名を馳せた。

▼五代目 武装戦線

主要メンバー
武田 好誠(たけだ こうせい)
柳 臣次(やなぎ しんじ)
玄場 寿(げんば ひさし)
稲田 源次(いなだ げんじ)
甲斐 泰典(かい やすのり)
戸川 将太(とがわ しょうた)
河内 鉄生(かわち てっしょう)

龍信率いる四代目の引退当初は、武田・玄場・稲田のわずか3人のみで武装の看板を支えた。

加地屋中一年時に、当時加地屋中の頭だった村田十三に喧嘩を挑み、以来東地区で知らない者はいない危険な存在となっていた。キングジョー、中島 信助(アンモ)、ゼットンらと共に『 新四天王 』 の一人として数えられ、その中ではキングジョーと、唯一タイマンを張ったが勝敗の結果は作中語られていない。

好誠からスカウトを受けて武装入り。常に五代目武装の参謀的な役割を果たしている。

出典ameblo.jp

2人とも五代目武装戦線創設メンバーであり、好誠とは中学時代からの親友である。

柳の幼馴染。中学卒業後、進学せずに就職するも、職場でトラブルを起こし逃亡。数人の無職少年と共に恐喝などを繰り返し、鈴蘭1年生、黒焚連合、鳳仙、五代目武装戦線に追われていた。軍司に一方的に叩きのめされたことに逆上し、たまたま出くわした玄場を襲撃、説得にやってきた柳にも襲いかかったことから好誠の逆鱗に触れ、完膚なきまでに叩きのめされた。その後、自ら警察に出頭して少年院に送致され、退院後柳の勧めで武装戦線十二番目のメンバーとなる。

脳梗塞を発症し、悩んだ末手術のために五代目武装を引退する。

▼六代目 武装戦線

出典prcm.jp

主要メンバー
河内 鉄生(かわち てっしょう)
清広 義巳(きよひろ よしみ)
戸川 将太(とがわ しょうた)
難波 武志(なんば たけし)
佐橋 守(さはし まもる)
加賀谷 隆史 (かがや たかし)

五代目の引退後、もう一人の六代目候補、清広とのタイマンを経て六代目頭に就く。「武装史上、最も破天荒な男」と言われ、武装入り初日には将太と目が合っただけで揉めたりとトラブルメーカーであった。
花木九里虎の事をライバル視しており、日々身体を鍛えている。

その最期は突然で、多くの読者を驚かせた。

読者人気は非常に高く、ファッション誌「HEART」では漫画のキャラでありながら表紙を飾ったことも。

六代目襲名以前は、ヘアスタイルは坊主だったり伸ばしたり。

しょっちゅう髪型が変わっていたが、6代目襲名以降は髪オールバックに落ち着いた。

キレ者揃いの歴代副頭に比べると、血の気が多く熱い気性を持つが、銭屋の使者に対しても一歩も引かない度量も合わせ持つ。鉄生とは何かと折り合いが悪いが、タイマンを張った後は互いを、けなしながらも認め合っている。

出典ameblo.jp

参謀的な役割。鉄生とは最初の兄弟分になった。しばしば鉄生と清広の間に入る。『外伝』では将太目線での話も描かれた。鉄生の死によって弱音を吐いていた難波に激怒し叱咤。後に難波を立ち直らせるきっかけを作ることとなる。

▼七代目 武装戦線

主要メンバー
村田 将五(むらた しょうご)
藤代 拓海(ふじしろ たくみ)
奈良 明(なら あきら)
難波 武志(なんば たけし)
亨寛(キム ヒョンガン)
佐々木 春(ささき はる)
山口 善次郎(やまぐち ぜんじろう)
小林 一善(こばやし いちぜん)
姫川 敬(ひめかわ けい)
桑原 真澄(くわはら ますみ)
円城 数正(えんじょう かずまさ)
戸土原 郷(とどはら ごうきん)
他多数

出典prcm.jp

四代目武装戦線副頭・村田十三の弟。
腕っぷしも強く頭もキレるが仲間意識が強すぎる面もあり、六代目時代にはリトルリーグでバッテリーを組んでいた幼なじみをケガさせ、強請ろうとした狂屋の幹部・寺門を憤怒の表情で半殺しにした。

梅星一家2号室の住人。容姿端麗で性格は沈着冷静、争い事は好まないが喧嘩の実力は非常に高く、合気道のような投げ技を使うこともある。

気が荒く好戦的な性格。

出典ameblo.jp

元六代目武装戦線メンバー。代をまたぎ武装に留まる。

兄は初代武装戦線とも交流のあった「百鬼」幹部の 亨哲(キム ヒョンチョル)。

出典ameblo.jp

六代目の頃に将五に拾われチーム入り。大柄で腕っぷしは強い。

通称ゼン。クリーニング店の跡取りだが、風体や風貌はどうみてもヤクザ。

通称トドキン。武装のニューフェイス。奈良の推薦で武装入りする。

出典buyee.jp

周囲が呆れるくらいの大の好きで、おちゃらけた口調を全面に出した軽々とした振る舞いが目立つも、仲間の敵を取るべく単身で武装戦線のアジトに出向いたりするなど太い胆力も持っている。

元「天魔のKKK」。

▼おまけ

左から
4代目・九能龍信
5代目・武田好誠
6代目・河内鉄生
7代目・村田将五

英語では“THE FRONT OF ARMAMENT”略して
『T.F.O.A』

 ⬇人気の記事!⬇

タイトルとURLをコピーしました