就職、転職を考えている人へ。接客業の基本とは・・・

仕事・就職

■まずは笑顔!
これは基本中の基本です。簡単にできそうです。しかし!皆ができるとは限りません。皆さんは鏡に向かって笑顔の練習をした事がありますか?もしくは、していますか??つまり、自分の笑顔をまじまじと観察した事があるのか?ということです。

はたして、あなたの笑顔は本当に笑顔でしょうか?自分で、笑顔だと思い込んでいるだけかもしれません。もしそうならば、お客様には笑顔だと思われませんよ?
鏡に向かって、お客様に笑顔だと思われる笑顔の練習をしましょう。そして、その笑顔をどんな時にも作れるようにしましょう。

え?「作り笑顔でいいのか」って?

作り笑顔すらできない人間が、お客様を喜ばせる真の笑顔などできません!

■次は視線!
「目は口ほどに物を言う」と言いますよね?しかし、互いの存在を良く知ってから「目で会話ができるようになる」わけであり、初めて会うお客様と目で会話などできません。しかし!そもそも人と話す時に相手の目を見るというのは一般常識です。接客中にお客様の目を見ない、ということは、その常識を無視することです。おそらく、お客様はそう考えるでしょう。

そして、初めて会うので「目での会話」はできなくても、「目で合図を送る」ことは充分に可能です。相手の目を見る、ということは、少なくとも「あなたと意思疎通をしたいです」という合図の役割は果たします。自分と意思疎通するつもりの無い店員よりは、はるかに好感を持たれるのは言うまでも有りません。

■次は声!
これも笑顔と同じく、自分では声が出ていると思い込んでいる場合が多い。最低でも「大きな声、普通の声、小さな声」の3つの声量を出せるようにしないとなりません。そして、接客初心者の多くが、自分では大きな声だと思っている声が、実は普通の声であり、普通の声が小さな声である場合が多いです。日頃からそれを意識し、可能ならば他の人と共に発声練習をするべきです。

そして、声とは「空気の振動」です。その振動がお客様の耳に届いてはじめて「声」として認識されます。下を向いて声を出せば、自分の足元の空気を振動させるばかり。お客様の耳にあなたの声は届きません。きちんと前を向き、お客様の耳に届けるようなつもりで発声しましょう。

ちなみに、お客様の目を見ることができていれば、自動的に声はお客様に届くことになります。

■ウェルカム・オーラを出せ!
笑顔、視線、声を正しく使えるようになって、初めて接客の基本中の基本を体得したことになります。(もちろん、それ以外にも体得すべきことは沢山あるのですが・・・)そして、それらを使い続けるうちに、ただの「笑顔」が「さわやかな笑顔」に、「視線」が「心のこもった視線」に、「声」が「聞き取り易い声」にレベルアップするのです。

そうなれば、やがてあなたはお客様から感謝される機会が増えるはずです。「詳しく教えてくれてありがとう」「丁寧に対応してくれてありがとう」 などというように。そうすれば、あなたはも嬉しいはず。

一度「接客業に従事する喜び」を覚えれば、各種スキルは益々上達してゆくはずです。すると、ついに あなたはウェルカム・オーラを身にまとう事になるでしょう。つまり、「お客様のお役に立ちます。なんなりとお申し付け下さい」というオーラです。そういうものが体から自然に出るようになれば、接客上手の素晴らしい店員さんのできあがりです。

■最後に・・・
初心者の方は、まずは笑顔の練習から始めてください。作り笑顔でも良いのです。そこから徐々に実力がアップして行きますから。

接客業以外の業種や、普段の人間関係にも応用が利くかもしれませんね。

 ⬇人気の記事!⬇

タイトルとURLをコピーしました