蚊を殺してほっとしたらアウト…仏教の地獄行き条件が超シビアだった

仏教

仏教における地獄行きの条件が厳しすぎる…

■死後の世界…冥土の旅の始まり

私たちは、一つの生を終え、また次の生を受けるまで冥土を旅します。この四十九日旅の間が現世(現有)と来世(来有)のはざまであることから、中陰(中有)と呼ばれている

死者はこの冥途の旅の間、きわめて微細な体をしており、そして香を食物としております。そこから「食香」と呼ばれ、死者の為に線香を絶やしてはならないと言われる根拠になっておるのです

死者ははじめ,真っ暗な道を八百里,六日間一人で歩きつづけます

800里=3141.84km。一日に450kmは歩かなければなりません

そして七日目、来世の行き先を裁く最初の裁判官・秦広王の法廷(第一法廷)に立たされることになる。以下、都合七日間ごとに七回の裁きうけるわけである

出典死出の旅

■そしてあの有名な三途の川へ

「三途の川」は死んだ人が必ず通らなければならない川として言われています

出典三途の川

7日目に渡るとされています

三途の川には流れの速度が異なる三つの瀬があり、生前の業(ごう)によって「善人は橋」「軽罪の者は浅瀬」「重罪の者は流れの速い深み」を渡る

三途の川を渡ると鬼婆と鬼爺に服をはぎ取られ、服は衣領樹の枝に掛けられる。これにより生前の罪の重さをはかり、結果は後の裁判に使われる

・親より先に亡くなった子供は「賽の河原」へ

三途の川のほとりには賽の河原(さいのかわら)がありまして、川を渡れない死者がいます。幼くして亡くなり冥途にやってきた子供達です

賽の河原は、親に先立って死亡した子供がその親不孝の報いで苦を受ける場とされる。親の供養のために積み石(ケアン)による塔を完成させると供養になると言うが、完成する前に鬼が来て塔を破壊し、再度や再々度塔を築いてもその繰り返しになってしまう

報われることのない努力を課せられる場所とされている

民間信仰による俗信ですが、苦行を続けていればやがて地蔵菩薩が現れて子供達を救うとされています

■計7回の裁判で輪廻先の世界が決定する

49日の間、7日ごとに計7回の裁判を受けます。この裁判によって次に行く世界が決定

5回目の裁判はあの有名なエンマ大王の裁判になります

最後の四十九日目、ここで遂に泰山王による最終決定が下される。まず、死者に六つの鳥居を指し示す。そのそれぞれの鳥居の先には、六つの世界か広がっている。六つの世界すなわち「六道輪廻」の世界である

出典死出の旅

どの鳥居に進むかを死者自身が 決めるのである。ただ、自分で選んだつもりでも前世の業により結果は決まっている。これも因果応報である

出典冥途の旅

■輪廻する世界「六道」とは?

出典ameblo.jp

六道(ろくどう、りくどう)とは、仏教において迷いあるものが輪廻するという、6種類の迷いある世界のこと

輪廻転生では、天界、人間界、修羅界、畜生界、餓鬼界、地獄界の6つの世界をぐるぐると生まれ変わりながら生きていくとされています

この輪廻から解脱し、仏になることではじめて、極楽浄土へ行くことができます

■仏教における地獄行きの条件が厳しすぎる…

出典ameblo.jp

六道の最下層。閻魔の審判に基づいて様々な責め苦を受けるとされる世界

それは我々の生活するこの世界から、30万キロメートルも地下にあると言われている

地獄行きの条件は当時の倫理観や仏教の教えに沿っているため、現在の倫理観や社会風俗などに合わない

故に厳しい…

八階建の高層マンションになっていて、広さは、ワンフロアの1辺が、1万由旬・ゆじゅん・(10万キロ)の 立方体の面積がある

八大地獄は、層を降りるごとに苦しみは10倍、刑期は8倍になる

むやみに生き物の命を断つと落ちる地獄。動物を殺して食べるのもダメ

ケラ・アリ・蚊(カ)・蝱(アブ)の小虫を殺した者も、懺悔しなければ必ずこの地獄に堕ちると説かれている

この等活地獄の中の衆人は互いに害心を抱き、自らの身に備わった鉄の爪や刀剣などで殺しあう

涼しい風が吹いてくると、再び生き返って、前と同じように苦しみを受ける

出典等活地獄

ちなみに殺し合いに参加しなくても獄卒に襲われるという、バトルロワイヤル地獄なのだ

獄卒=地獄で死者を責めるという悪鬼

人間界の時間に換算すると1兆6653億1250万年にわたって苦しみを受けることになる

嘘だろ…

罪状:殺生+盗み

殺生のうえに偸盗(ちゅうとう)といって盗みを重ねた者がこの地獄に堕ちると説かれている

この地獄の鬼たちは、罪人を捕まえて、焼けた鉄の地面に寝かせ、焼けた鉄の鞭で、体中を打つ。また、焼けた鉄の斧で、体中についた鞭のあとにそって切り刻む

出典黒縄地獄

もちろん例の風が吹いて何度でも生き返ります。刑期は13兆3225億年

罪状:殺生+盗み+邪淫

この地獄には、前に述べた罪状のほかに邪淫(みだらな行い)をした人が入る。浮気をしたり人前でエッチなことばかり言っているドスケベは、この衆合地獄行きである

牛の頭や馬の頭を持った鬼どもが、手に責め道具をたくさんもって罪人を山の間に追い込む。すると両側から山がせまってきて罪人を押しつぶしてしまう。また、大きな鉄の山が空中より降ってきて、罪人を砂の塊のように打ち砕く

出典衆合地獄

刑期は106兆5800億年

罪状:殺生+盗み+邪淫+飲酒

衆合地獄までの罪状に加えて、酒を飲んだり売したり、酒に毒を入れて人殺しをしたり、他人に酒を飲ませて悪事を働くように仕向けたり、などということも条件

熱湯の煮えたぎる大釜や,大火の燃え盛る鉄室で苦しめられ,あまりの苦しさに泣き叫ぶことから名づけられている

刑期は852兆6400億年

罪状:殺生+盗み+邪淫+飲酒+妄語(うそ)

生き物を殺し、他人の者を盗み、よこしまなる性行為、酒を飲み、そして嘘をついた者がこの地獄へ堕ちます

出典熱地獄

叫喚地獄で使われる鍋や釜より大きな物が使われ、更に大きな苦を受け叫び喚(な)く

刑期は6821兆1200億年

罪状:殺生+盗み+邪淫+飲酒+妄語(うそ)+邪見(仏教の教えとは相容れない考えを説き、また実践する)

上記の5つの罪に加え、「邪見」(釈迦の教えに背く、危険な思想)を持つ者

この地獄の鬼は、罪人を捕まえて熱い鉄のうえに寝かせ、上に向かせたり、舌に伏させたりして、頭の先から足の先まで、大きな熱鉄の棒で打ったり突いたりして肉団子のようにする。仮に、この地獄のほんのわずかの火を人間世界のもってくるとすると、一瞬にすべてを焼き尽くすほどである

出典焦熱地獄

この焦熱地獄の炎に比べると、それまでの地獄の炎も雪のように冷たく感じられるほど。刑期は5京4568兆9600億年

罪状:殺生+盗み+邪淫+飲酒+妄語(うそ)+邪見+犯持戒人(尼僧・童などへの強姦)

ここまで来ると現世でも相当レベルの高いスーパー犯罪者しか入ることはなさそうなので、一般人はどんなに悪くてもきっとレベル6まででおさまるだろう

更なる極熱で焼かれて焦げる。その炎は最大で高さ500由旬、横幅200由旬あるという。罪人の苦しみの声は地獄から3000由旬離れた場所でも聞こえる

出典八大地獄

1由旬=約11.3kmから14.5km前後。刑期は43京6551兆6800億年。転生するには宇宙が誕生し消滅するまでの時間の半分がかかるという

罪状:殺生+盗み+邪淫+飲酒+妄語(うそ)+邪見+犯持戒人(尼僧・童などへの強姦)+父母・阿羅漢(聖者)殺害

地獄の中で、いちばん恐ろしい地獄が、八番目の「無間(むげん)地獄」です。お経の中で、「阿鼻(あび)地獄」と書かれています

閻魔大王に阿鼻地獄行きの判決をもらうと、鬼が阿鼻地獄への穴へ放り込む。地獄に堕ちるまでなんと2000年もかかる

剣樹、刀山、湯などの苦しみを絶え間(寸分・刹那)なく受ける。これまでの7つの地獄でさえ、この無間地獄に比べれば夢のような幸福であるという

刑期は682京1120兆年。転生はほぼ不可能

 ⬇人気の記事!⬇

タイトルとURLをコピーしました