韓国語 文法 問題 無料 初級文法の練習問題が多い教科書

韓国

初級文法の本2冊を2回もやったのに身についた気がしないので、練習問題をたくさんやることにしました。

その目的にぴったりの『しっかり身につく韓国語トレーニングブック』を最初から最後まで終わらせました。今回は1周目です。

特徴

  • 全50課
  • 1課につき新出単語20個
  • 各課に練習問題が50題前後
  • 韓国語への翻訳問題
  • 聞き取り問題10題
  • 解答付き
  • CD付き

例文が少なくて文法用語で説明した後にすぐ練習に入るので難しく感じることもありました。

学習成果

鼻音化や濃音化などの発音の変化ルールはかなり身についたと思います。実際の発音を文字で書いてみる練習問題でたくさんあったおかげだと思います。

 

丁寧な口調での現在と過去の表現(ハムニダ体とへヨ体)、特に動詞と形容詞の規則的な変化パターン(=用言の正則)はマスターしました。

用言の変則パターンはまだ即座に言えませんので復習しています。活用表を持っているので自分で考えるのではなく正しい活用を丸暗記しています。

 

本の最初の方はゆっくり着実に進むので、しっかり理解が定着する実感がありますが、最後の方は進度が早い気がしました。前の学習内容をしっかり身につけた上で進まないと後半はかなり難しく感じるでしょう。

 

感想

12日で全50課を終わらせました。

1課に30分以上かかります。答え合わせも

聞き取りは難しかったですが、何度も繰り返し聞いたり、空欄以外の単語や新しく習った単語を見返したりして頑張って解答しました。

聞き取り問題全500問以上あるなか5問も間違えませんでした。何度も聞いたので韓国語を聞き取る力もかなり伸びた気がします。

 

新出単語も各課で勉強しますが、暗記せずに進めました。今回はとりあえず最後まで一通りこなすことを第一にやりました。

 

私は解答を直接本に書き込まずにノートに書きました。

 

かなりストイックで忍耐を要する勉強でかなり疲れました。正直言って燃え尽きたような気がするほど疲れました。こんなにがんばったのに不思議と達成感がありません。まだ定着していないことがあるからなのかもしれないです。

 

それに問題集の場合は、「次にどんなことを勉強するのか」を考えずにただ黙々と作業できますが、問題集を離れると「今自分が復習するべきことは何か」を考えないといけません。問題集が終わった今、何をやるべきか戸惑っています。

 

今後の復習計画

  1. 額の表現の練習を毎日する
  2. 時刻の言い方
  3. 用言の変則パターンの復習
  4. 하고 있다
  5. 한다体
  6. 教科書の例文を応用して自由作文

今回紹介したこの本の続編『しっかり身につく中級韓国語トレーニングブック』も買って持っているのですが、もう少し復習してから挑戦してみようと思います。休憩したいのと、今までの学習の理解を深めたいのと両方の理由があります。

学習の近況

この間、天神で韓国人留学生の言葉が聞き取れました。

韓国のドラマのセリフが少しだけ分かるようになりました。

それと、韓国の方が日本語で解説しているYoutube動画も見て勉強しています。

動画で紹介されているカフェでの会話などは実際に使えそうなので丸暗記する予定です。

 ⬇人気の記事!⬇

タイトルとURLをコピーしました