なぜ一日署長にネコが? 実は立派な実績の持ち主

ネコ
なぜ一日署長にネコが? 実は立派な実績の持ち主

小さな警察官の帽子をかぶり、この日の任務に少し緊張気味なのは、猫のココちゃん。

13日、富山県の警察署で春の交通安全を見守る一日警察署長に任命された。

なぜ選ばれたのかというと、人命救助に貢献したお手柄猫だったから。

近所の用水路をじっと見つめていた、ココちゃん。

異変に気づいた近所の人が用水路をのぞくと、あおむけで倒れている高齢の男性を発見。

その後、5人が救助にあたり、男性の命が救われた。

飼い主の新田さんが読み上げた交通安全を見守る宣言書には、母印ならぬ肉球印をぺたり。

任命式後は、ココ署長として、小学校の交通安全教室に参加。

横断歩道を渡る時は“ココにいるよ!”と、手を上げて渡ってほしいと、子どもたちを見守った。

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

アプリで最新ニュースに簡単アクセス
https://yappli.plus/fnn-prime_flyer



 ⬇人気の記事!⬇

タイトルとURLをコピーしました