龍が如く5 第2部 冴島大河 プロローグ

龍が如く 記事まとめ!(毎時更新)
龍が如く5 第2部 冴島大河 プロローグ

龍が如く5 第2部 冴島大河 プロローグ

ゲーム名: 龍が如く5 夢、叶えし者 発売日: 2012年12月6日 使用機種 : PS3

アップロードの日: 2016年6月8日

【桐生 一馬】
2012年4月(当時43歳)に遥がアイドルを目指す事を決意し、自身の元極道というプロフィールが遥のアイドル生活に支障をきたす恐れがあるためにアサガオを離れる。その後は移住先の福岡の「永洲街」で荒れていたところを「永洲タクシー」の社長である中嶋洋太郎に目を掛けられ、タクシー運転手として働くことになるが、別人を装うために「鈴木太一」という偽名を使うようになる。その後、12月[5](当時44歳)には客として乗せた大吾が失踪したことを大吾の護衛である森永悠と相沢聖人から聞かされ、大吾の失踪に関わっていると思われる会長代行の青山稔を追って彼のいる山笠組本部へと赴くが、青山の策で山笠組の組員達と敵対する流れになってしまう。その後は山笠組組長の斑目忠から、大吾が自身が福岡で穏便に暮らせるように配慮してくれていたことや今回の失踪は大吾自らの意思でしたこと、また青山が東城会の裏切り者であることを知り、埠頭にて青山が引き連れた100人以上の東城会組員を一人で撃退する。

 ⬇人気の記事!⬇

タイトルとURLをコピーしました