トーマス・エジソンの名言!音声読み上げ

名言 未分類

「天才とは、1%のひらめきと99%の努力である」

私の発明は、
すべての人にとって
役に立つ物でありたい。

そして、世界の平和に
貢献するような物でありたい。

もし私の発明で
一人でも人が死んだとしたら、
私には人生を生きる意味も資格もない。

私はこれまで、
偶然のひらめきで、
価値ある発明をしたことなど
一度もない。

全ての発明というのは、
その発明に関わった人の
想像を絶するような熱意が
注ぎ込まれているものなんだよ。

なぜ成功しない人が
いるかというと、

それは考える努力を
しないからだ。

最初のひらめきが良くなければ、
いくら努力してもダメだ。

ただ努力だけという人は、
エネルギーを
無駄にしているにすぎない。

ほとんどすべての人間は、
もうこれ以上アイデアを考えるのは
不可能だというところまで行きつき、
そこでやる気をなくしてしまう。

勝負は
そこからだというのに。

決して時計を見るな。
これは若い人に
覚えてもらいたいことだ。

完璧だと思っても、
もう一押しすれば、
おまけが手に入る。

人生における失敗者の多くは、
諦めた時にどれだけ成功に近づいていたかに
気づかなかった人たちである。

発明するためには、
豊な想像力とゴミの山が必要だ。

私たちの最大の弱点は
諦めることにある。

成功するのに最も確実な方法は、
常にもう一回だけ試してみることだ。

失敗すればするほど、
我々は成功に近づいている。

失敗なんかしちゃいない。
うまくいかない方法を
七百通り見つけただけだ。

人間離れした天才だって?
人間離れなどしていない。

私はあきらめないことの
天才なのだ。

成功というものは、
その結果ではかるものではなく、

それに費やした努力・時間の統計で
はかるものである。

成功に不可欠なのは、
肉体的にも精神的にも
疲労を溜めずに、

ひとつの問題に
エネルギーを注ぎ込める能力である。

世の中の人の生活に
必要不可欠であること。

これが実用性がある
ということなんだ。

成功できる人っていうのは、
「思い通りに行かない事が
起きるのはあたりまえ」
という前提を持って挑戦している。

今取り組んでいることに関心を持ち、
全力を傾けてそのことだけを考える。

時計を気にせず、ひたすら続け、
休みたくなったら必要なだけ休む。

休んだあとは、
また同じ集中力で作業に取り組む。

熱心に働くことの価値と
満足感を知っている人に
世間は高い評価を下すものだ。

待っていれば
全てがやってくる。

ただし、懸命に努力しながら
待っていればの話だけどね。

前進あるのみだ。
全力でやれるだけのことを
やってみなさい。

あらゆる進歩、あらゆる成功は、
考えることから生ずる。

朝6時に起き、
夜中の2時まで働くこと。

これを最初に描いた図面が
形になるまでやり続けるのだ。

すぐにはうまくいかなくても、
睡眠時間を減らし、
起きている時間は
精魂こめて働くようにする。

このルールを守れば、
発明家として成功できるだろうし、

もっと言えば、
どんな分野においても成功できる。

一度歩き出したら、
とうてい乗り越えられない
と思える障害物があっても
立ち止まってはならない。

私は、ひとたび
自分が正しいと思う道を
歩きだしたら、

ゴールに到達するまで
ペースを崩さない。

「失敗?」

これはうまくいかない
ということを確認した
成功だよ。

もし人間が
持てる能力のすべてを
発揮したとしたら、

人間は自分自身に対して
文字どおり
びっくり仰天してしまうだろう。

われわれは何事についても
1パーセントの百万分の一も知らない。

悩みの解決には、
仕事が一番の薬だ。

どんな機械でも同じだが、
具合が悪くなったときに、
無理やり油を注いでも効果はない。

悪くなった油を
全部出してしまうのが先だ。

いつでも普通の感覚を失わなければ、
困ることはない。

自分は毎日、
18時間働くことにしている。

楽しみながら
学ぶのがベスト。

世の中が必要としているものを、
つねに探せ。

あらゆるものには
輝くダイヤが隠されている。
磨けば光る。

商品に出来ない技術は、
あっても意味がない。

困るということは、
次の新しい世界を発見する扉である。

人が後世に
熱狂的な精神を
伝えることができたとしたら、

それは無限の価値がある財産を
残したことになる。

わたしは決して、
失望などしない。

どんな失敗も、
新たな一歩となるからだ。

幸せは、
財産、地位、職業などで
決まるものではない。

その人が何を幸福と考え、
不幸として考えるかで決まるのだ。

もちろん、
生まれつきの能力の問題も、
まったく無視はできない。

それでもやはり、
これはおまけみたいなものだ。

絶え間なく、
粘り強く努力する。

これこそ何よりも重要な資質であり、
成功の要といえる。

時の経つのも忘れて、
ある一つのことに熱中できる人は、

必ずや
何かを成し遂げるだろう。

ここには
ルールなんてものはない。

我々はただ何事かを成し遂げるべく
努力すればよいのだ!

できる限り考えて、
努力して仕事にかかれば、

失敗からでも
多くのことを学ぶことが
できるのである。

不平があるというのは、
進歩に向かうための大前提ではないか。

命令を質問の形に変えだけで、
気持ちよく受け入れてもらえるだけでなく、
その人の創造性も発揮される。

最高の思考は、
一人の時に生まれ、

最低の思考というのは、
混乱の中から生まれる。

不満こそが、
進歩するための鍵である。

人間の理性などに
頼ってはいけない。

まずは、頭の中を硬直させる
常識という理性を、
丸ごと捨ててしまいなさい。

私を天才だと言う人がいるが、
それは違う。

みんなが自分の力を
あらゆる方向に分散させているのに対し、

私は全てのエネルギーを
ひとつの仕事に
集中しているだけなんだよ。

発明家に必要なのは、
自分が発明したいものが、
人類にとって必要かどうか。

その判断さえ出来れば
十分なんだよ。

ほとんどの人の弱点は、
ほんの1、2回の失敗で
やめてしまうことなんだ。

わたしは自分が求めるものを
手に入れるまで、
決してあきらめるようなことはしない。

世の中の誰もが納得するような、
常識的な考え方をしていたのでは、
新しいものなど作り出せはしない。

成功に不可欠なのは、
自分の力を一点に集中することである。

あなたが普段行っている方法よりも、
もっとよい方法がかならず存在している。
それを見つけなさい。

一心不乱に働くこと。
これが気分転換には最高なんだよ。

作りあげたものがうまく機能しなくても、
それを無駄な物だと決めつけてはいけない。
それは次の一手になる。

一所懸命に働いている者は、
決して歳をとるということはない。

私は自分の葬式の日をもって、
人生からの引退の日とする。

首から下で稼げるのは1日数ドルだが、
首から上を働かせれば
無限の富を生み出せる。

1%のひらめきがなければ、
99%の努力は無駄である。

わたしの人生が、
一日八時間労働で
成り立っていたとしたら、

こんなに多くのことを
成し遂げることは、
出来なかっただろうね。

一日八時間労働制に感じた危機感は、
労働時間の不足などではない。

働くということが、
ただの決まりきった
作業になってしまうということだ。

わたしは、一日八時間労働制に
反対するつもりはない。

しかし、アメリカの勤勉な若者たちまで、
怠け者と足並みそろえることになるルールを
やみくもに認めるのは
どうだろうかと思っている。

慣性は、
創造性を殺してしまう。

わたしの人生哲学は、
仕事をすること。

自然界の秘密を引き出し、
人類の幸せのために応用するのだ。

われわれがこの世にいる短い間にできる
これ以上のサービスは、他にないだろう。

悩み事を癒すには、
ウィスキーより仕事の方がずっといい。

トーマス・エジソンとは?

トーマス・エジソン(Thomas Alva Edison/1847年2月11日-1931年10月18日)は、アメリカの発明家・実業家・技術者。その生涯で1300を超える発明を成し遂げたとされる人物であり、エジソンがいなければ、人類史は100年は遅れていただろうと称されています。「発明王」の異名を持つ他、研究所を置いていたメンロパーク(ニュージャージー州)にちなみ「メンロパークの魔術師」とも呼ばれていたとのこと。1875年にエドゥアール=レオン・スコット・ド・マルタンヴィル発明した、音声を波形図に変換して記録する装置”フォノトグラフ”(再生機能は無し)を応用し、1877年にエジソンは再生機能を搭載した蓄音機の実用化に成功。この蓄音機の成功でエジソンの名前は、世間に広く知られるようになり、メンロパーク研究室を設立。この研究所には数多くの人材があつまったことから、エジソンはこの発明集団を”天才の集合”と呼んでいたとのこと。同研究所では数多くの発明がなされ、代表的な発明・開発商品に電話、レコードプレーヤー、電気鉄道、鉱石分離符、電灯照明などがあり、特に当時10時間程度の寿命しかなかった白熱電球のフィラメントに、”竹”を使い1200時間以上の耐久性を持たせたことは世界的に有名。晩年は”死者との交信についての研究”を行っていたと伝えられています。また自動車王で知られる”ヘンリー・フォード“とは、生涯を通しての友人であったとのこと。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

 ⬇人気の記事!⬇

タイトルとURLをコピーしました