モンゴル帝国の最大版図が広まった理由、ただの遊牧民の馬乗りが歴史上最強の帝国築けたの?

歴史

1:


13:

>>1
何で滅んだの?
やっぱりうんこで家作ったリしたから?
(´・ω・) 。

52:

>>13
バカにしすぎ
ほろんだというより現地で融合したり再編したりして大半が残った感じ 。

370:

>>13
子供がたくさんいて国を分けたので弱体化した 。

600:

>>13 元には禁忌が有って
それを冒した皇帝のために滅んだ

・島に暮らすな
・高麗のを娶るな

この禁忌を冒して滅んだ
そのへんは韓ドラで奇皇后てのやってたから見とけ 。


603:

>>600
韓ドラが根拠って
んな理由で滅ぶかよ。 。

21:

>>1
1、定住農耕とともに戦争が増える
2、農耕をし始めてウマも増える
3、1000年以上騎馬隊が優勢を極める
4、鉄砲を使った集団戦法によって騎馬隊は主力から外れる 。

644:

>>21
だいたいこんな感じ
遊牧民族は、みんな騎兵隊みたいな感じだから兵力が多いのと、
自分たちは自由に移動できるから攻めらにくいのに対して、農耕側は定住してるから位置バレしてて常に攻めこまれる危険と隣り合わせ

けど鉄砲が普及して即席の兵士が強くなったら、農耕民族の逆襲が始まった 。


32:

>>1
ビルマが入ってないぞ 。

159:

>>1
お前みたいな低学歴無職の本物の土人と違って頭が良かったからだよ 。

186:

>>1
当時の馬乗りの技術は世界最先端 。

340:

>>1
土人じゃなかったから

チンギス・ハーンは征服した土地の学者・技術者を重用して知識人集団を形成し
これに騎馬民族の機動力を加えることで当時最新鋭の兵器を揃えたり長大な諜報網を築いたりすることができた
そして言葉も通じないような雑多な兵士をまとめるために徹底したマニュアル教練で組織化した軍隊を作り
それを自ら抜擢したスブタイを筆頭にした優秀な将軍たちに率いさせた
外交ではあれだけ侵略しまくっておきながらも絶対に二正面作戦にならないよう気を配り続けてた
人材登用と組織の効率化と外交に成功してるんだからそりゃ強いわって話 。


559:

>>1
領土の感覚が違うんだよ

東京に本拠があって
福岡に攻める場合

東京周辺で徴兵を行い
飯を調達し移動し
補給線を作りながら名古屋大阪広島と中継地点を作って
福岡まで行く

そして戦が終われば兵は帰る

モンゴルの場合は全てじゃないが東京が動く
名古屋に着いたら名古屋と東京が一緒に西へと動く
補給線がなく 補給基地や基盤ごと動く
まぁ
領土が広がるとこれもしずらくなるが

弓馬兵の強さもあっただろうが
1番は戦争継続能力と兵の徴兵率が異常 。


666:

>>1
南ソ連 。

696:

>>1
軍団が家畜と一緒に移動してくんでしょ。
補給物資を抱えて前線を押し上げて行くから兵站が少なくて済むんじゃないの? 。

847:

>>1
そうやってよく知らないものを意味もなく馬鹿にするからお前はいつまでたってもダメなんだよ 。

870:

>>1
すぐ「兵站が兵站が」と喚き散らすケンモメンの裏手をかくから
ジンギスカンもハンニバルも軍事の天才たりえた 。

2:

ぶっちゃけ後先考えてないで領土広げただけで
戦前の日本と同じだよね 。

5:

>>2
戦線が伸び切ったあと各個撃破されてるしな 。

47:

>>2
中国すら制覇できなかったジャップと一緒にするなよw 。

201:

>>2
日本人はモンゴル人の劣化版なのかな
日本語アルタイ語族説とかあるし 。

593:

>>2
だな
日本帝国はモンゴル帝国の「戦略がない」「補給の概念がない」版 。

876:

>>2
領土拡大で成功した国はないしな
むしろ領地にはせずに利益だけ取れるのが最高
それをやっていたのが七つの海を支配したと言われる前のイギリス
世界の工場と言って世界中から利益を貪っていた 。

3:

ヒント
機動力と馬上からの弓 。

4:

騎士様には理解できない卑怯くさい戦術 。

26:

>>4
わざと撤退して引き付けて弓撃ちとかジャップらしいよな 。

831:

>>4
そういや源義経もそれだったな 。

6:

騎馬兵ってそんなに強いの? 。

17:

>>6
トルネコでいうとすばやさの種を使った状態
ヒットアンドアウェイでノーダメ
銃が登場するまでは無敵の戦法だった 。

49:

>>17
いい年して例えがゲーム(笑) 。

621:

>>49
おまえくっさw 。

760:

>>17
もうちょっとマシな例えいくらでもあるだろ・・ 。

20:

>>6
一方的だぞ
速度差は野戦の全てにおいて重要 。

338:

>>20
第二次世界大戦でも速さが勝敗を分かつみたいなのってあったんかな?
流石に航空機出とるからなさそうやけど 。

348:

>>338

第二次世界大戦で米軍でもっとも活躍した兵器はジープと言われるぐらい、
移動力が大きく影響した戦争でしょう。
日本だと、自転車で移動した銀輪部隊とか。 。


362:

>>348
アメリカ軍 ジープ
ドイツ軍 BMWのバイク
日本軍 自転車 。

686:

>>362
戦ってる場所のインフラが違うからな 。

356:

>>338
速度差があると何が強いかって、戦闘の主導権を手に入れることができるからなんだよね

速い方は追撃されても必ず逃げられる。遅い方は追撃されると絶対に逃げられず包囲される

射程が同じなら速い方は一撃離脱や引き打ちできる。
戦艦の速力は1ノットでも速くしようとしたのは、引き打ちした方が一方的に攻撃できるから。
速さ自体が重要なんじゃなくて速度差が重要 。


363:

>>338
第一次世界大戦では列車が、第二次世界大戦では航空機と自動車の輸送力が極めて重要な意味を持ってたからな 。

373:

>>338
むしろ速さが勝敗を分けた戦争
ポーランドやフランス、独ソ戦初期は完全に電撃戦の強み 。

484:

>>338
ジャングルでも以外と戦車使えた
最新の研究でガダルカナルで一木支隊は機銃陣地足止めされてからの米戦車の迂回突撃食らって包囲殲滅されたっぽい 。

720:

>>484
歩兵支援戦車なら日本にもチハ車があったのに役立てられなかったのか 。

808:

>>720
弾薬や糧秣すら事欠いてるのに
運べる訳無いだろ 。

43:

>>6
時速数十キロで数百キロの物体が突進してくるんだぞ

剣や槍なんて弾かれるし相手の攻撃には速度も重さものってる 。


869:

>>43
お前騎馬民族の戦い方分かってないだろ 。

46:

>>6
軽自動車が突っ込んでくるようなもの
馬が質量兵器になる 。

213:

>>46
馬ってそんなに肉弾戦いけるの?
あんな細い脚すぐ怪我すると思ってたわ 。

381:

>>213
それはサラブレッドだろ
当時の馬は木曽馬みたいな感じだろ 。

399:

>>213
米軍が成長期に導入した30-06スプリングフィールド弾(7.62×63mm)てライフル弾があるんだがこれは馬の脚の骨を一撃で砕ける事が条件として選定されたんだがこの銃弾は現在現役の7.62×51NATO弾より一回り以上強力なマズルエネルギーを誇るのよ

それだけ近代の馬は頑強 。


405:

>>213
車ができるまでは地上最速の乗り物だぞ
突っ込んできただけでビビって逃げる
しかも乗ってるのは朝青龍
迫力が半端ないだろ 。

309:

>>46
モンゴルの戦術ってランスチャージじゃなくね? 。

323:

>>309
槍騎兵は障害物に弱すぎる。槍衾で止められるし。
一方弓騎兵は接近事態が難しい。伏兵で止めたアレクサンダーは凄えよ
進行方向の左方向しか攻撃できないと言う欠点はあるんだけどさ 。

355:

>>323
槍衾で戦う槍兵は騎馬に撹乱されやすく側面背面着かれて弱いから
槍兵には騎馬ぶつけて撹乱言うローマ時代からの鉄床戦術の定石がございまして 。

415:

>>355
思うんだが槍/弓の統合兵科なら大砲がない時代だと手も足も出ないと思うんだがどうだろう

>>372
でかけりゃ強いってのは幻想だと思う
上にもあるが飼料の問題がついて回るし取り回しが難しそうだ 。


425:

>>415
いや、でかけりゃでかいほど強いに決まってる。体が大きい方が体力もあるし速い
小柄な方が有利だっていう方がファンタジーだよ。 。

460:

>>425
バテるのが早いとかそういうのはないんか?小さい方が気性が良いとかさ。弓で狙いやすいとかなんでもいいけど
モンゴル兵は騎兵一騎当たり複数の馬をつけて馬を交換しながら機動したらしいが、大量の馬を運用して単純にでかけりゃでかい方がいいなら品種改良があっという間に進んだはずなんだよ 。

486:

>>460
モンゴルは冬は寒く飼料も満足に用意できないので燃費の悪い大きな馬は維持できなかった
遊牧と言っても勝手に気ままにモンゴル平原を移動するわけではなくて〇〇族はこの辺とか毎年決まってる
当然有力部族ほど良い地をもらえるし軍事行動がある時はルート上を遊牧禁止にして牧草を残しておいた
西洋的な兵站とはまったく違う発想で補給を万全にしたためにモンゴルの遠征は成功し

逆に大きな馬を使うヨーロッパの陸路遠征は十字軍もナポレオンもついに馬の時代にはまともな成功がひとつもなかった 。


489:

>>486
同じ性能なら出来るだけ小さい馬をやしなうのは理屈として
これ以上正しいのは無いからね 。

681:

>>486
欧州の補給を担ってたのはラバだよ 。

449:

>>415
そのとおり。

スペイン人が生み出した槍と弩/銃を組み合わせた最強フォーメーションがテルシオ。 。


341:

>>6
信長が鉄砲で天下取る前は武田の騎馬隊が日本最強だった 。

378:

>>6
競馬場いくと馬のデカさと突進力にびびる 。

385:

>>378
あのデカさになったのは産業革命以降だけどね 。

391:

>>378
品種改良されてあのデカさになったんだよ
モンゴルの時代は間違いなくあんなでかくない
ポニーかちょっと大きいくらい 。

431:

>>391
マジで?と思ったけど
ポニーサイズでもリッターバイクくらいの迫力あるだろ… 。

626:

>>391
汗血馬の産地がモンゴルあたりじゃないのか 。

627:

>>626
アラブの方らしい 。

395:

>>378
デカイのはアラブ種っていって
ヨーロッパ人が好んで使った。

日本とモンゴルはどっちもポニーを使う。
どっちも世界最強の騎馬隊。 。


505:

>>6
強い上に戦争に使える馬は貴重
馬を大量に調達できるのも強み
西洋や中国は民間も馬使って経済回してたから
軍が一方的に全頭使えない 。

585:

>>6
電気通信が無かった時代では最高の情報通信戦略だからじゃないかな 。

631:

>>6
ヘタレ白人チンチャンイスラムにとっては脅威だったが
勇猛な最強グルカ兵の産地ネパールや日本(大和民族)は侵略出来なかった 。

832:

>>6
むしろ重装騎兵が絶対に追いつけない速度で逃げながら弓 。

7:

馬で駆けながら弓射れるとか最強すぎるでしょ 。

8:

ただの馬乗り蛮族とみせかけて
戦略も戦術も統治も超一流だからな
宋の強力な鉄もあったし 。

10:

プレスター・ジョンかと思ったらモンゴル軍でしっこ漏らした十字軍 。

597:

>>10
でも実際モンゴル人の一部にキリスト教が普及してたって話好き 。

11:

なんか草の掟とかそういうのあったでしょ 。

12:

クリルタイがなければ
西ヨーロッパもアラビアも征服されてた 。

14:

中華が分裂して弱体化してたから
一つにまとまってたら遠征中に本拠地叩かれて詰んでたろうな 。

15:

白鵬数千人がが馬に乗って攻めてくるんだろ

勝てねーよ 。


16:

ジャップランドに2回も敗北してる時点で雑魚だろ 。

18:

万里の長城はハシゴをかけたり土嚢を積んだりすれば簡単に乗り越えられるんだけど、それは想定内

北方異民族はものすごく強いけど、馬から降ろしちまえばたいしたことない
だから馬だけが越えられないような壁を作っておけばそれで十分だった 。


29:

>>18
なお長城はモンゴル帝国にあっさり突破されている模様 。

39:

>>29
されてないが 。

44:

>>39
滅んでんじゃん 。

78:

>>39
遼→の時代は長城以北も以南も異民族支配だったから長城使ってないんじゃないの? 。

40:

>>18
白鵬千人が攻めてくるんやろ

馬無くても無茶苦茶強いやん?? 。


62:

>>18
全然違うよ
あれ長城うかいして普通に通ったんだよ朝鮮半島 。

65:

>>62
アスペ 。

410:

>>18
一般人が想像するような万里の長城って明代以降の築造だからな
それ以前は小さい土手みたなやつ
紀元前の戦国時代からある 。

22:

無敵の人だからなぁ
盗賊が国家持ったらジャップかモンゴル帝国になる 。

23:

その時歴史が動いたのモンゴル面白あよ 。

24:

アマゾンと連携してるNHKの番組で古代道ってのがあってめっちゃ感動したけど、

モンゴル帝国も早馬飛ばすために道路の整備を入念に行って変え馬もなん十党引き連れるっていうぐらいに通信に関しては先進的だったんだと思う
この領土を修めるためには何よりも通信の重要性を理解してたのが大きい 。


35:

>>24
お陰でペストパンデミックが起こったんだよね 。

45:

>>24
そこはしょうがない
遅かれ早かれペストのパンデミックは起こるだろ
征服事業をするっていうのはアレクサンドロスやスペインポルトガルがやってることで副作用としてパンデミックは起こるのは当然 。

109:

>>24
・事前に攻める街へスパイを送り込み情報をかく乱
・寝返りには飴を、逆らうものにはムチを

モンゴル帝国は当時の最新鋭のすべてをそろえて情報戦を制していたよ 。


118:

>>109
初めて戦争でビラを撒いたのがモンゴル人だっけ 。

154:

>>24
面白そうだけど見つからない、具体的タイトルおしえて 。

227:

>>154
https://www2.nhk.or.jp/archives/tv60bin/detail/index.cgi?das_id=D0009010781_00000

だいぶ古いドキュメンタリーで人によって感じ方違うと思うけど
天武か天智のころに現代の高速道路と同等の長さの道路を作ったっていう
国家プロジェクトがすごいっていうか古代の国造りがどんぐりってバカにされる
レベルじゃないってのに驚嘆する 。


383:

>>227
めちゃ見たいわ。ありがとう 。

25:

仏教で簡単に調伏されて和む 。

27:

鉄砲が出回ると騎馬民族はオワコン 。

28:

ルール無視の蛮族だからでしょ 。

30:

歩兵じゃ騎兵には勝てない。 。

31:

まじかー?? 。

33:

モンゴル帝国に攻められた街の遺跡に
子供の頭蓋骨の真ん中にぽっかり穴が空いたのあったな 。

34:

その頃の人類なんか今でいう幼児レベルだから誰でも支配できたんだよ 。

36:

史上最強かどうかはちょっとよくわからない 。

37:

遊牧民は本拠地とか無い
馬とかテントとか持ち運べる財産しか持ってない
叩こうにも叩けない 。

698:

>>37
断捨離上手なんだな 。

38:

謎の北方騎馬民族強過ぎやろ 。

41:

スピードだよ
サイボーグ009だって最強の武器が
加速装置だったろ 。

42:

モンゴル弓騎兵最強伝説
距離をとって矢を撃ち続けるという陰険な戦法がクソ強かった 。

812:

>>42
別に弓だけで戦ってたわけじゃねーぞ
弓はあくまで相手の隊列を乱すためで
隊列が乱れたとこに重騎兵が突撃するのが必勝パターン 。

48:

成吉思汗の生涯が凄すぎるわな
比肩しうるのはアレクサンダー大王や宗教的価値も加味してムハンマドくらいだろ 。

50:

アルプスは越えられないだろ馬じゃ 。

53:

オルド 。

54:

相撲見てればわかるだろ
肉体のスペックが違う 。

55:

大日本帝国だって結構最大領土広いだろ
後先考えず侵略すればなんとかなるんだよ 。

56:

日本にも馬で攻めてきたら楽勝だったのに 。

57:

遊牧民って生き方、ジャップには理解不能なところあるよな現物がいねーから 。

58:

①中国があまりにも弱すぎて、当時5000万の大人口中国を支配下におけた
②以後の戦争は獲得ではなく、領地分配政策の不満回避戦略で無意味
支配できたのはインドの1割、アラブの2割、ヨーロッパの5%だけ

ただそれだけで実人口経済てきにはそこまで大きくない 。


59:

融和政策じゃない?
取った領地で血をまじあわせれば反乱とかも起きないし 。

60:

そもそも遊牧民はくそ強い
ひ弱な定住民族と違って、日常的に馬に乗って狩りをしたりして生活するから子供からジジイまで一流の戦士
一方、定住民族は畑耕してのんびり生活するのが基本で弱い
定住民は遊牧民にボコボコにされる歴史の繰り返しで、遊牧民の最大の侵略がモンゴル 。

61:

モンゴル帝国の時代で進歩が止まってるのがやべーだろ。
やはり文明も科学も農耕から生まれるってのを逆説的に証明してる民族。 。

63:

馬上からスパスパ撃てる複合弓のおかげ
ジャップの和弓では無理構造が違い過ぎる 。

64:

宮脇「モンゴル史学者・杉山正明氏への反論」

『ぺるそーな』 2008年10月号 66-69頁

(冒頭部略)
彼(杉山)の著書では、宮脇の著作を利用していることが明らかであっても、
一度として宮脇の名前を挙げたことはありません。
それどころか、彼のほとんどすべての著書の枠組みの基となった、
岡田英弘著『世界史の誕生』ですら、 知らん顔をしてまったく言及しません。
今回のエッセイで杉山氏を取り上げることにしたのは、
つい最近も、宮脇が知人のモンゴル学者から、彼の著書の評価を求められたからです。
これまでも、内情を知らないマスコミから、
岡田がたまに書評を求められることがあったのですが、
その都度お断りしてきました。

その理由は、もしコメントするとなると、ほめることができず、学界の内輪話をさらけ出す、
まことにみっともない、どろどろとした文章になるに違いなかったからです。
それにもかかわらず、とうとう書くことにしたのは、若手の研究者のためです。

岡田と宮脇は、それぞれ若い頃に日本の東洋史学界の中で派手な論争をおこない、
後味の悪い思いをしましたので、もうこりごりだ、
同じようなことは二度としたくないと考えていました。
それに、論争をした結果でもありますが、日本の東洋史学界からはとっくに追い出され
て、学界とは無関係に研究を続けておりますので、学界内部の秩序について何の関心も持てません。
だから、勝手なことを言ったり書いたりしていても、大学や学界関係者の間で処
理してくれればいい、と思っておりました。

しかしながら、われわれのそういう態度をよいことに、杉山氏は、私たちの研究成果を盗んで言及もせず、
しかも最高位の賞を受賞して、ますます平然と暴言を吐くようになっています。
これを見過ごしたのでは、真理の追究に生涯を捧げてきた私たち自身の責を問われることになる、
と思うようになりました。
仕方がないので、やむを得ず、ここで一生に一度だけの文章を綴って、責任を全うしたいと考えます。 。


243:

>>64
学の無い盗人が大暴れしたのか 。

66:

杉山正明氏は、執筆に参加したのはもちろんですが、
NHK取材班『大モンゴル』の刊行と同じ一九九二年に、
角川選書から初めての著書『大モンゴルの世界』を刊行しました。
その内容は、まったくNHKスペシャルの筋書通りで、つまり、私たちの研究のみならず、
番組に協力した学者の研究すべてを利用して、自分自身の著書にしたのです。
参考文献はわざと付けず、あとがきで「多くをたくさんの先学たちに負うている。
いちいちしるさないが、深く感謝の意を表したい」と書きました。

その後も、彼の著書は、『クビライの挑戦』も、『遊牧からみた世界史』も、『モンゴル帝国の興亡』も、
参考文献は付いていません。最後の講談社現代新書には、年表と索引は付いているにもかかわらずです。

宮脇は一度だけ、毎年十一月三日に京都大学で開かれる同窓会のような東洋史研究会大会の折、
本人に直接、参考文献のことで抗議したことがあります。
その時は、「大学の講義ノートにバラバラに書き写したものをとめたから、
参考文献をつきとめられなかった。次からは付けるから」言い訳しましたが、それきりでした。
さすがに最近のシリーズものには付いていますが、それは出版社の方針だからで、
相変わらず私たちの前はありません。

杉山氏は、長い間、京都大学人文科学研究所の助手でしたが、
一九八八年にようやく京都子大学文学部講師、八九年には助教授になりました。
一九九二年に京都大学文学部教授となり、九五年に教授となったのは、
おそらくNHKスペシャルに参加したことも預かって力があったのでしょう。

この間の九三年秋、岡田が珍しく京都大学の歴史研究会から招かれて講演に行った時のことです。
東洋史の学生が岡田に「杉山先生がいつも授業で岡田先生のことを褒めていて、
自分がどんなに仲が いいかを自慢している」と言いました。
岡田は「杉山氏とは会ったこともなく、どんな顔をしているのかもついぞ知らない」と答えたので、
学生は絶句しました。
東京のことに疎い閉鎖的な京都で、岡田と仲がいいということを杉山氏は喧伝し続けて、
その地位を得たのではと、私たちは疑っています。
彼がチャンスを最大限に利用して京都大学教授になったことに文句を言うつもりはありません。 。


251:

>>66
京大も京大だよな… 。

67:

モンゴル追い返したジャップ侍最強やな 。

68:

みんなどんぐり食ってる時に1人だけ戦車使えたようなもんだろ 。

69:

ランチェスター戦略的なもんだわな。
モンゴル帝国は短弓と騎馬という発明で圧倒的に優位性のある武器を得た。

それらが陳腐化したら終わった。 。


70:

ウイグル獄長が蒙古覇極道のおかげって言ってたやん 。

726:

>>70
ガキの頃は何とも思わなかったけど、今になって見ると、モンゴル人の末裔なのにウイグルとか名乗ってて

武論尊ってガチで歴史とか地理とか知らねーで適当に名前付けてたんだなって思うw 。


829:

>>726
ウイグル人はペルシャ人と並んでモンゴル帝国で重用されてた民族だぞ
ていうか現代日本人がモンゴル帝国にタイムスリップする漫画(ベルセルクの作者が作画担当)書いてる武論尊がモンゴルの歴史知らないわけねー 。

835:

>>829
モンゴル帝国の基盤はウイグル人の貢献によるものが大きいね
モンゴルには文官がいなかったから
文治制度を作れるウイグル人が重用されたっていう 。

143:

>>71
日本にも有ったけど平安時代になった頃は少数騎馬戦がメインになって馬上で装填出来無いし全員弓術持ちだから自然と廃れた
その後西洋からクロスボスが伝来したけど和弓より射程無いし威力は火縄銃以下と微妙な性能だったから浸透しなかった 。

636:

>>72
すげー世界だな
やっぱり色々とあるんだな 。

73:

ネオエクスデスみたいな形だな 。

74:

遊牧民的な生き方って結構合理主義的なんだね、血統よりリーダーシップ重視、そうでないと全滅するから 。

814:

>>94
チンギスハンが奴隷すら大幹部に取り立ててかなり変わったみたいだけど
あの辺りの遊牧民族の血統主義って日本の感覚では理解し難いほどキツイよな
羊飼いとかほぼ奴隷だし 。

815:

>>814
秀吉がいるから意外に日本は血統主義へのイメージは弱い 。

841:

>>815
藤原姓になったりして天皇の補佐官職の関白に潜り込んだ血統崇拝者だろ秀吉って
まんま朝廷の枠組みに収まってる 。

218:

>>74
もともとユダヤも遊牧民だからな、中東あたりの民族だけど。
旧約聖書に羊飼いって頻繁に登場するだろ。 。

75:

ぶっちゃけ無名からよく成り上がって覇権になったよな 。

817:

>>75
いや、名だけはあった
血筋もかなりいいし(より上も居た)、父親のイェスゲイも英雄だしな
若過ぎたのと、ホエルンが人の庇護下に入ったり再婚したりしてテムジンに悪影響が出ることを恐れたから困窮したが 。

76:

モンゴル帝国に比べたら日本の戦国時代とかマジでゴミだよな
鼻くそ程度の領土をちまちま奪い合うだけの無能 。

81:

>>76
あんまそれいうと戦国ファンタジーのジャップに怒られるぞ 。

77:

馬に乗った朝青龍が数万で攻めてきたら絶望するだろ 。

79:

ほとんどが人の住まない空白域だし 。

80:

ムガール帝国とかもモンゴルの末裔なんだっけ 。

82:

交易路の安全を望んだ商人の後押し 。

91:

>>82
商人も陸路の輸送手段は遊牧民から提供してもらってたからな 。

83:

根無し草は強いんだろうな 。

84:

世界最高の脳容積を誇っていたからだろうな 。

85:

軽くちゃかた言い方を好む読者やマスコミがいるから、
彼のような品のない文章でも売れるのだろうな、と思って、
半ばあきらめていましたが、一般読者だからといってバカにしてはいけないということを
実感した出来事があります。

何年か前、企業の勉強会の主幹をしている紳士が、モンゴル史を講演する学者を探して、
宮脇を尋ね当てくれたことがあります。
彼は、「杉山正明氏の本も読んだが、この人にはぜったい講演を頼みたくない、と思った」そうです。
今でも東大や京大の権威は続いていると、とくに内部の人たちは思っているでしょう。
教育学界や出版社も、シリーズものを出版する時にはその権威に頼りますし、
紫綬褒章や学士院賞を出す役所も、日本の秩序の維持に貢献しています。
杉山氏は、自分は京大教授だから、東京外国語大学名誉教授の岡田よりも社会的地位が高い、
自分の言う方が信用される、と考えていると思います。
しかし、自分のしたことは自分にります。学者である以上、
自分の学問には責任を持たなくてはなりません。
今回はじめて、岡田と宮脇は杉山正明が嫌いで、
彼の仕事を認めていない、と公表しましたから、
これからは、若手研究者が、もっと自由に研究を進められるだろうと期待します。

このような文章を書いたことによって、本人が激怒して、訴訟沙汰にならないとも限りません。
なにせ、若い研究者に長文の怒りのメールを送りつけたり、
NHKのスタッフを頭ごなしに叱りとばしたとか、
いろいろな噂を聞きましたから。もし訴えられたら、
その時には、もっと学問的な論争をしたいと思います。h 。


640:

>>85
うーんとても残念な感じなんだな 。

86:

兵士全員戦闘ヘリ使いこなす集団とか今でも世界帝国築けるわ 。

87:

フン族が最強なんだ
そうAOEではね 。

88:

じゃあお前が騎馬民族に襲われて
どうやって対抗するつもりなの?
泣いて命乞いしか出来ねえだろうが 。

93:

>>88
スペイン人の生み出した最高のフォーメーション

テルシオを組む 。


100:

>>93
なお竜騎兵に負ける模様 。

120:

>>100
竜騎兵はそれほど強敵ではないよ

厄介な相手は大砲 。


125:

>>120
ロクロワでテルシオ負けとるやんけ 。

141:

>>125
テルシオはフランス軍の騎兵攻撃を4度撃退しているよ

やっかいな相手は大砲、書いているように竜騎兵はそれほど厄介な
敵ではない 。


722:

>>93
組める人数がいるときだといいな 。

89:

ローマ帝国なんか現代に復活しても1時間で全滅だろ 。

92:

銃が普及する前の世界だと騎兵が最強だから
フン族もヨーロッパの勢力図を激変させたし 。

111:

>>92
銃が普及してからも騎兵最強だぞ 。

95:

これ不思議だよな
戦闘能力はわかるんだが一定期間統治できてたのが不思議
遊牧民に真族とか漢族とかのブレーンがついたからかねえ 。

101:

>>95
軍事力があるから国内は安定する。
国内が安定すれば交易で儲かる。
交易で儲かれば叛く意味がなくなる 。

115:

>>101
いやいや、軍事力は裏付けであって適切な統治能力はまた別物だよ 。

124:

>>115
当時は軍事能力=統治能力だよ
叛けない=統治は安定する 。

131:

>>124
まったく同意できないけどそういう世界観を頑なにもってそうだから議論は諦めるわ 。

147:

>>131

政治の中枢から情報が届く範囲とか物流が届く範囲とかが支配権の大きさに影響して、
必ずしも軍事力だけではないと。
唐の頃のシルクロードを通した欧州までの交流とか、そういう下地があったから、
モンゴルが急速拡大出来た面があり、軍事だけじゃないよね。 。


160:

>>147
物流を守るのに軍事力は必要、

ということは理解できるかな? 。


128:

>>95
モンゴル帝国の統治はヤクザと舎弟みたいな関係
軍事力を背景にして支配国はモンゴルへ上納を治めさせるけど
政治体制はそのまま現地民に任せるってやり方 。

136:

>>128
なるほど、中華式でもありローマ帝国式でもあるな
江戸時代も似たようなものだし、最強の力を持った奴が分割自治区の上に座るのが一番良いのかもしれんね 。

96:

ただ、精鋭騎兵が強いのは分かるんだが
遊牧民の集団だろ?
精鋭騎兵は、何万いたんだ?精々一、二万だろ
こんだけの領土駆逐していくなら全然足りんだろう。
過去を見ても中華だけでも自軍のみでは50年では足りぬよ。
中華とって駄馬騎兵いくら増やしてもオスマン、ギリシャは取れんだろうし。

あまり詳しくないがチンギスの裏にキレ者のバックいたろ。
元の強さは、騎兵では無く収賄とか内政にメチャ強さだろう 。


107:

>>96
外交で相手勢力の不満分子を味方にしてた 。

306:

>>96
チンギスハンがキレ者 。

639:

>>96
遊牧民は日常的に馬に乗ってるから全員訓練を受けた騎馬兵みたいなもの
つまり部族内での戦闘員の割合が極めて高い 。

97:

生きたまま皮剥がれたからな

風が強い日は痛くてしょうがない 。


98:

「男子のほぼ全員が騎射の訓練済み」というのが大きなアドバンテージだったんやろ
他の国では軍人しかやらない訓練を大前提として身に着けてるわけやからな 。

254:

>>99
火の玉ドストレートやめww 。

641:

>>99
正論ワロタwww
モンゴルに勝ったとか思ってせいで多くの人が亡くなったもんな
まじジャップだわ 。

103:

そういえば、ローマ帝国と日本軍を戦わせたりできるゲームがあるって聞いた 。

104:

国民男子の大半が騎兵になれるはすごいだろうな 。

105:

末子相続なんだっけ?
いわばリセマラだから合理的ではある 。

106:

普段から、他人から食い物入手しないでもなんとかする生活していたから、
大集団になっても食料の補給とかが楽だったらしい。
めちゃめちゃ乾かした干し肉やらなんやらを個人で持って移動する。 。

110:

農耕民族と違って農作業してないからな民族の8割が戦いに参加するんだもん 。

112:

それからマネーのパワーね。

交易路を掌中に収めていたから 。


122:

>>112
モンゴル帝国が瓦解したのは交易路が陸から海に変わったところがでかい
富の源が失われて遊牧民は経済的に追い込まれた 。

114:

銃が普及したら、ただの雑魚に落ちぶれただろw 。

116:

ファイヤーエンブレムでもインチキくさい強さだったな遊牧民
弓歩兵の立つ瀬なし 。

117:

フン族という遊牧民、モンゴル軍という遊牧民(どちらもアジップ)に
定期的に負けてる白人様wwwwwwwww

123:

>>117
その無能な白人に国中を廃墟にされたジャップは猿以下の雑魚だな 。

146:

>>123
白人がPAWERをもったのはアメリカ大陸を植民地にして
カネがバンバン入ってくるようになり産業革命で近代化した
からなんですけどねえ… 。

522:

>>117
だから白人は黄禍論とか言ってアジア人恨んでるだろ。迷惑なやつらなんだよモンゴルは 。

121:

モンゴルが最後の花なのかね
満洲族は完全遊牧民じゃないし 。

126:

で、モンゴル(モンゴル高原)の文化は各地に定着したのか? 。

129:

>>126
焼肉 。

301:

>>129
じーん!

じーん!

ジーンギスカーン!?? 。


142:

>>126
遊牧民は定住民族を支配する側にまわって、さらに、定住民族の文化に魅せられて自分達も定住民族になってまた次の遊牧民にやられるというのも歴史上繰り返されてきたことだから
戦闘能力に極振りしてるから文化的なところは弱い 。

132:

領土の拡大により支配民族が多様化し、それによる経済力と軍事力の増加と並行して
武器と戦術が進化・多様化していき、それが帝国の更なる領土拡大に寄与したという感じか 。

133:

ランドパワーよりシーパワーの方が長続きするな 。

134:

遺伝子は世界中にばら撒かれた 。

135:

モンゴル帝国はある日ぶっ壊れたというより、それぞれの地方化が進んでじわじわと消えた感じ。
元とかムガール帝国とか 。

137:

モンゴル帝国の方式は直接統治ではなく
間接統治だったため広大な国土を軍事力だけで治めることができた
後のイギリスやフランスの植民体制に非常に近い 。

150:

>>137
最近だとそのやり方はさらに洗練されてきて、統治先に異分子を混ぜて結束させないようにするんだよな
アメリカじゃ国内までプアホワイトとブラックを対立させて格差問題隠すし賢さと悪さって親和性高いな 。

187:

>>150
昔からだよそういうの
ローマも引退した兵士に植民土地やって
現地民とあえて対立させたりしてたし 。

208:

>>187
逆にローマ帝国だの古代ギリシャだのが異様に賢かった印象がある
>>194
マルクス以降、イデオロギー主因論はだいたい駆逐されたから
その手の話が年々増えてきて面白いね 。

139:

あの時代は中央アジアの天候がとても良くて生産性が上がったという研究があったような気がする 。

140:

>>139
シルクロード交易の最盛期だからな 。

144:

武力が強かったら帝国きづいてもおかしくはないけど
モンゴルの場合はなんであの時期だけなのか
っていうのが不思議 。

152:

>>144
周りの奴ら(契丹とか真とかタングート)ができるんだから俺らもやったるかとか思ったんじゃね? 。

153:

>>144
遊牧民族同士が一人の指導者の元にまとまって大国を攻めるって
構図は前漢の冒頓単于なんかの時代にもあったよ
遊牧民族が一旦団結すると無敵だった 。

156:

>>144
南下してきた理由は寒冷化による食糧危機という説があるけど実際どうなんだろうね
中国の方は丁度、真族のと漢族の宋が仲悪かったからタイミングも良かったのかもしれん
モンゴルに限らず定期的に侵略されるしな、中国の土地って 。

165:

>>156
五胡の南下は寒冷化が原因ってのは聞いたことあるがこの時代もそうなんかね 。

206:

>>194
なるほどなー
戦争って増えすぎた若者の失業対策の面があるよな 。

178:

>>144
遊牧民だから、無数の部族が定住せずにそれぞれ放牧して暮らしてるわけで、まずそれらを一つにまとめ上げる必要がある 。

820:

>>178
チンギスハンも本当に苦戦したのはモンゴル族を統一するまでなんだよな
その後の存命中には大きなピンチはない 。

822:

>>820
甲子園よりも大阪の地方大会の方がレベルが高いみたいな話だな 。

148:

ある日数で軍隊を派遣できる範囲が最大領土になるんだろ?
モンゴルからヨーロッパまで何日かかったんだろうな 。

149:

大相撲見ると何となく分かるよな
史上最強は白鵬だし、朝青龍も強烈だったしな
遊牧民族の肉体的や精神的なアドバンテージはあったんだろうな
産業の近代化によってどうでもいいような存在にはなってしまうけど 。

151:

馬の数と短弓
それ食わせるだけの土地 。

157:

モンゴル帝国って元寇以外にも外国に侵攻しまくりで
ちょくちょく撃退されてるんだよな 。

379:

>>158
ルーシ攻めは本人じゃなくて息子がやったじゃなかったっけ
まだあの頃は人口も少ないし農耕も大したことないしでモンゴルからは重要視されてなかったがロシア人にとってはタタール300年の軛 。

392:

>>379

1000年時点でフランス以上いたよ 。


162:

というか通信手段もなければ地図もない移動手段は徒歩か馬な時代によくこの国土統治できたな
いや多分統治なんてしてなくて破壊と略奪してただけなんだろうが 。

168:

>>162
馬が最強の通信手段だった
モンゴル帝国は早馬を飛ばすための陸路を整備して
大陸ネットワークを築き上げた
情報を制すものが時代を制すとはまさにこのこと 。

163:

サバクトビバッタみたいな連中だわな 。

166:

モンゴルが知能高けりゃ騎馬銃撃部隊になっていよいよ手がつけられない奴らになってたな 。

167:

すごいスピードで連絡できるのが強さってどこかで見た
ナポレオンもそうだったよね 。

169:

モンゴル兵=白鵬、朝青龍 。

170:

胡服騎射が当時の最大兵器だったから
そのあとの軍事革命の鉄砲の登場で駆逐された 。

175:

>>170
なお八旗に負ける模様 。

171:

ジャップに二回負けた雑魚 。

173:

土地に執着しないのは本当に強い 。

174:

遊牧民は兵站を気にせずに済んだから 。

180:

野戦は騎馬で最強としても城攻めはどうやってたんだろ 。

185:

>>180
色目人の技術者とか城攻め得意な漢人にやらせてたりしたんじゃね 。

196:

>>180
回回砲という投石兵器も持ってたから野戦で勝ったらそれを使って城を破壊してた
三国志時代関羽が苦労して攻めてた樊城は川の反対側から投石で破壊されなす術なく落城した 。

217:

>>196
なるほどね
投石兵器の発達で城が弱体化したのか 。

226:

>>217
川の反対から城壁破壊されるんじゃもう役に立たないからな 。

181:

火薬なんか使われたらそりゃビビッて逃げる 。

182:

モンゴル弓騎兵の動画無いの? 。

191:

>>182
今のモンゴル人の動画はある
馬がポニーみたいに小さいから本当に強かったのか疑いたくなる 。

274:

>>191
遠征する軍馬としては補給の負荷が比較的低いポニーサイズの都合が良かった
西洋のゴツい馬は馬鎧なんかをつけるため栄養を目一杯摂らせていたが、ユーラシアのステップでそんな大飯食いは役立たずだった 。

205:


255:

>>205
サンクス
凄いけどあの弓じゃ装甲貫けなくね? 。

266:

>>255
対プレートアーマーの最強武器は投げ縄 。

282:

>>266
それって別にプレート着てなくても効くだろ 。

295:

>>282
弓矢で軽騎兵や従者を遠ざけてからの投げ縄よ 。

310:

>>295
対プレートで開発された武器ではないでしょ 。

279:

>>255
鈍いプレートアーマーなんて縄かけて倒して引きずって終わりだよ 。

183:

取り敢えずケンモメンは蒼き狼必読 。

184:

??「オゴタイハーンの軍から朝を護れ」 。

188:

弓騎兵なんて今で言う戦車だからな
全戦闘兵が戦車でなおかつ平野でしか戦わないとか勝てるわけねえ 。

189:

モンゴルの重弓騎兵とか駅の情報力も滅茶苦茶脅威だけど農耕国家は収穫期になると軍団を解散させ無いといけないのもかなり痛い 。

192:

てかモンゴル帝国のずっと前から遊牧民って強かったんだろ 。

195:

奴隷を最前線に送って戦功を上げたら解放してたりしたんだよな
鬼畜の所業ですわ 。

197:

知の長けたただの蛮族に過ぎない。
すべての知識を子弟に伝承できてこそ人として優れた種族。
モンゴルは経験としてでしか知識を伝承できなかった。
世代を経るごとに支配者層は経験不足に陥り無知な者へとなっていった。 。

199:

>>197
同時代のジャップも蛮族になるけどええか? 。

202:

>>199
現代のジャップはそもそも経験させる人間すらおろそかにして破滅してるからよっぽどだな 。

198:

ドルジ顔の連中が、ルーシの美たちを犯して孕ませたとか胸熱 。

203:

>>198
プーチンとか結構アジア人面してるしな
ロシアは半分モンゴルの後裔みたいなもんですわ 。

230:

>>203
トルコとかは逆に王族はほとんど西洋人だもんな 。

200:

馬乗って弓を引くのは平地では当時最強の戦術だったんだよ。 。

204:

モンゴルとかスペイン、トルコとか一度でも
トップを取った国は羨ましい 。

214:

>>204
でも今はモンゴル悲惨だぞ

でかい奴はデカイんだろうが基本的にチビらしいし怒りっぽいやつらばかりなんだとさ
んで社会保障もなくてクソ寒くてロシアの劣化バージョンみたいなんだとさ 。


259:

>>214
北朝鮮もそうだけど緩衝国家って悲惨だよな 。

302:

>>204
日本は一度も世界のトップとったこと無いのに偉そうだよな 。

207:

朝青龍みたいな馬鹿力の野蛮人が
馬乗って走り回ったら誰も勝てないだろ
しかも弓がどれだけ恐ろしい武器か
こないだボーガン事件が有ったでしょ
ライフルと変わらないぞ
丸腰では必ず負ける?? 。

209:

習近平もモンゴル人みたいな顔してるわ 。

210:

モンゴル帝国は一つの拠点を作らない
やり方だから自国文化が発展しにくい環境だった
攻め滅ぼした国の文化を吸収しても却ってその国の文化風習に
同化していき民族的なアイデンティティを失っていった
鮮卑や北魏が消えていったのと同じような末路だな 。

211:

版図みるとなんでインドが滅ぼされなかったのか不思議なんだけど
モメン教えて 。

233:

>>211
インドは強インド 。

239:

>>211
あんまり南行くと暑かったとか 。

246:

>>239
意外とそれはあるかもな
満洲族の話だけど、あいつら北京ですら暑いっつって北に別荘作ってそっち行ってたからな 。

280:

>>246
遊牧民が過ごしにくい場所に侵略するって考えにくいしな 。

247:

>>211
ヒマラヤ山を超えられなかった説、まあ自称モンゴル系のムガル帝国に滅ぼされてるが。 。

249:

>>211

インドのムガール帝国って、元はモンゴルやん 。


250:

>>211

アフガニスタンとパキスタンの間のカイバー峠ってやつがめんどい
多分 。


256:

>>211
アレクサンドロスは森林に苦労したようだ
日本で騎馬が流行らなかったのも森林が多いからってのも聞いたことある
北部には山もあるし 。

263:

>>256
平地だと圧倒的に強い騎馬と弓も足場が安定してない道に弱いから、テキサスゲート作っただけで侵入できなくなる。 。

268:

>>256
当時のギリシャは森の多い北ヨーロッパを攻められなかったんだよな
だから初めてガリアを制圧したユリウスカエサルがすごいって言われる所以 。

512:

>>211
ヒマラヤあるからでは 。

212:

残酷だったから 。

216:

兵站のままならない地域
山岳イラン
密林ベトナム
森オーストリア
砂漠エジプト
海日本やインドネシアには負けた 。

219:

今でもモンゴル人って気性荒いよ

ウランバートルの飲み屋で何回も喧嘩見たわ 。


223:

>>219
荒いらしいよな?
てかロシア人の気質にも絶対影響してる 。

220:

モンゴル人にすら興味もたれなかったシペリアつて一体 。

232:

>>220
動物に食べさせる草が少なかったんじゃね 。

221:

一般的に言って定住農耕民より狩猟民や遊牧民のほうが戦争に強い
農耕民が遊牧狩猟民に征服されるというのが世界史のパターン
大体近代になるまでユーラシア大陸の国々の支配層はトルコモンゴル系だし 。

224:

ヒャッハーって感じか 。

225:

藤ヶ谷は?

警察呼んでいい?

結婚したくないと言ってるの 。


228:

まあこれ嘘だからね
モンゴル系がいる地域はせいぜいロシアの一部とアフガニスタンくらいまでだし 。

229:

ゲルマン人だって元は遊牧民だしな
フン族に追われて西ヨーロッパへヒャッハーしに行ったらそこに住み着いちゃったってだけで 。

236:

>>229
ゲルマン人を追い回すアジア人とか今じゃ想像できねえなww 。

231:

戦闘用の馬はいても牛は聞いた事ないけど何でなんだろうな 。

242:

>>231

戦闘で牛を暴れこませたという話しはあるし、
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/55409
あとに持つ運びに使われるのはあるかも。 。


446:

>>231
いやシュメルでは戦車として運用されていた事もある。ただ当時あの地方には馬がいなくて、仕方なくな 。

234:

他が馬乗り土人より弱かったからだろ、バーカw 。

235:

最強はイギリスだが 。

237:

中国の万里の長城っての知らないのか?
あれは北方の匈奴って蛮族が恐ろしいから作ったんだぞ
こっちはモンゴル系では無い別の種族だけど
どっちも暴れ者だ?? 。

240:

>>237
トルコ系という噂だな 。

285:

>>240
トルコ系と言っても、オリジナルのトルコは純モンゴロイド。モンゴルと同じようなもんだ 。

316:

>>285
中国史書に記述によると
そうでもないみたい 。

330:

>>285
楼蘭の美が完全なコーカソイドなんだからトルコ系はコーカソイドだろ 。

244:

弓騎兵って対応できる騎兵が揃ってないと一方的に射掛けられてなんにもできないからな 。

245:

中東でペルシア、中国で涼州、ロシアでコサック、欧州でポーランド、日本で甲斐とか昔は馬臭い地域は基本強い 。

253:

マルコポーロに聞け 。

257:

モンゴル帝国は繁栄した話よりなんで衰退したのかって話の方がおもしろい 。

258:

実際、銃器とかろくにない時代に騎馬隊に突撃されたら3倍の兵力持っててもきつくないかね 。

260:

実際、それより速い移動手段が何も無い時代に
騎馬の機動力で囲まれるのは脅威だよ

絶対に人間の足では追いつけないし逃げられないんだぜ?? 。


261:

結局のところモンゴルってのは略奪経済で奪うものが無くなったら破綻したってだけの話よ
物資の長距離輸送が不可能だった時代、生活集団ごとまるっと移動してくるモンゴルのヒットアンドアウェイ戦法には手の出しようがなかったんだよ
ただそれだけの話であとは枝葉末節 。

262:

現在の人類の200人に一人はチンギス・ハンの子孫何だって
凄過ぎ
チンギス・ハン勝ち組の頂点だな 。

264:

ローマ時代は何でこいつら雑魚だったの?
馬いたろ 。

265:

白鵬や朝青龍みたいなのがゴロゴロいるんだろ?
そりゃ強いわ 。

267:

宗教にハマったんだっけ 。

290:

>>269
万里の長城の内側で戦ってたのに無条件降伏しちゃったじゃん 。

315:

>>269
火矢で一撃よ 。

270:

モンゴル帝国の侵攻防いだ上に逆に侵攻し返したアイヌ民族 。

271:

馬乗り土人のが日本人よりは人類史に貢献してると思うよ 。

272:

武田騎馬軍団は徳川家康にも負けたことがなかった
時代は違うがモンゴル軍と戦ったらどうなっただろう 。

273:

ムガールってモンゴルの中央アジア読みだったんだな
勉強になったよ 。

275:

東欧の子供は蒙古斑があるらしいからな。どんだけ遺伝子を撒いたんだよ。 。

276:

この辺の話は予備校の世界史の先生が熱かったな
テストには出ないから猛スピードで流すだけだけど
西洋の話のつまらん王だの姫だの実に小さい話だった
歴史家はこっちの方がロマンだろ?? 。

277:

都市なんていらなかった
略奪すれば生産もいらん 。

278:

こんだけユーラシア蹂躙した帝国なのに
今はもうモンゴルに対して文句いうような国が全く無いって勝ち逃げ・ヤリ逃げっていうか 。

291:

>>278
記録が残らない時代に記録を残さない連中だったからな

はっきり言って史上最悪の大罪国家扱いされててもおかしく無い 。


281:


283:

白人の血をモンゴルに汚染させたのは許せない
フィンランドとかモンゴル混ざらなきゃもっと白人してたのか 。

287:

>>283
混血のが基本かわいいんだから文句言うな
白人白人うるせーんだよジャップは 。

293:

>>283
フィン人… 。

304:

>>283
フィンランドとかあの辺は混ざっては無いが
フィンとかバルト系は元々がアレ 。

284:

三国志大戦で馬が最強だと知った 。

286:

基本弓騎兵な為接近戦に弱かった 。

288:

オスマン帝国って支配層のトルコ系よりもギリシャ人の方がマジョリティだったからな
今のトルコとか白人ばっかりだよ 。

289:

北から日本攻めてれば勝ててたよな 。

292:


294:

侵略する側って城攻め避けられないと思うんだけどそれでもモンゴル強かったのはなぜ?
馬の機動力とか関係なくなるよな城攻めって 。

311:

>>294
現地の不満勢力と手を結ぶ 。

322:

>>294

モンゴルは馬の「移動力」で、兵を集めようとするとえらい勢いで大群に出来る。
城攻めは10倍の兵力必要とか言われるけれども、それだけ集めれば良いわけで。 。


324:

>>294
王と貴族が対立してて王が防衛戦を選ぶと貴族が弱腰批判で野戦するはめになるのが鉄板
あとは重騎兵抱えてるのにそれ捨てるのも嫌がられる 。

333:

>>294
殆どの兵が現地調達 。

359:

>>336
悪魔以外の何物でもないよな 。

297:

和弓でアウトレンジでボッコンにしたんやで 。

298:

源義経=げんぎけい=ちんぎすはん 。

299:

大陸の大都市を焦土にして行ったって言うくらいなんだから
魔王軍そのものだぞ 。

300:

攻城兵器は敵から奪うから大丈夫
壊れたら捨てる使い捨て 。

303:

ただの、じゃない
攻城もうまかったし
何より取り入れた被征服民を兵力としてうまく活用するのがうまかった 。

305:

https://i.imgur.com/1eh7nLG.jpg
スウェーデンに組み込まれてたからスウェーデン人の血で多少浄化されたろ 。

307:


308:

アルタイの民の喉歌は雰囲気あるぞ 。

312:

平地で野戦したらめっぽう強い
だが攻城戦が苦手かというと、イスラム商人から投石機の技術を導入して使ってたりする 。

317:

モンゴルからエルトゥールルが逃げてきたのが後のオスマン帝国のはじまり
さいしょは村長レベルだったらしいけど 。

318:

元寇でも博多に使節送って事前調査してるしな
南宋への支援を妨害しただけでも目的は果たしてたのかもしれん 。

325:

>>318

何かを送り込む力なんかあるかな 。


319:

なお銃と大砲の時代でも活躍

https://youtu.be/bbEkDPCVSPI


320:

しかし昔から美的感覚変わってないのが辛い
フン族を見て平面に指を突き刺したくらいの穴から目が覗いてる醜悪な蛮族とかなんとか言われてんだろ?

悲しいなぁ 。


536:

>>320
ダウン症みたいな顔だからな。障害者みたいだから本能的にきっしょって思うのが普通 。

537:

>>536
の子は平たい顔の方が可愛いわ 。

541:

>>537
ダウン症じゃん 。

321:

東欧はスラブ(奴隷)とか言われちゃうような民族だし
だいたいあの辺って強かった試しがなくね
ロシア帝国くらいか 。

328:

>>321
でもロシア語にславаってあるしこれが元じゃ無いの?
名誉と栄光とかそんな意味

まあslaveでも間違ってないけどな史実的に 。


342:

>>321
コサック 。

365:

>>321
今のUFCのライト級のチャンピオンはダゲスタンのヌルマゴメドフだよ
無敗だぜ 。

326:

最近は中国資本のおかげで騎馬民族ものの歴史映画もままある

https://youtu.be/8CWmtlG42jA


335:

>>326

中華の文明は続いていいるけれども征服王朝は、
南宋の後、
遼、、西夏、モンゴル、元と騎馬民族で、
明が一回入った後も騎馬民族で 。


327:

その馬乗りの機動力が攻め入るのに役立ったのでは? 。

329:

最大の理由はスピード。速さ
軍事侵攻のスピードも速いし、情報伝達も速い
速さが命

だから、海で隔てられてた日本や、密林地帯の東南アジア諸国への遠征は失敗した 。


331:

国家として支配してるとはいいがたいよな 。

332:

>>331
腹がへったら襲って食う
実にシンプルな蛮族の世界 。

334:

>>331
はい
戦いに強かったというだけで
統治はあんまりだったので
いつの間にか消えていた 。

337:

>>331
国家が生まれるのは17世紀の話 。

343:

>>331

征服した国は羊の群れと一緒みたいなノリで。 。


339:

モンゴル帝国の偉業はハーンという称号を残して
後の中央アジアの王朝にも影響力を与えたことくらいかな
ヨーロッパ社会のカエサルと同じような感じ 。

344:

クビライカーン 。

345:

中国がと宋に分かれて争ってたから漁夫の利を得られた 。

346:

モンゴルには文字がなかった
これが致命的だわな
文字文化のない王朝は消えてしまっても分からないからな
古代の遊牧民族の王朝がいまだによく分からないのもそのせいだし 。

347:

文化的に文字もなかった、戦略とかマトモな伝達方法が存在しない
草原で明後日誰々と会えるとか不思議な感覚を持ってるらしい 。

350:

>>347
文字はないけど記号を用いて戦術を伝えてた
紐の結び方で暗号を伝えたりしてたらしい 。

349:

隣の隣の隣の村がおそわれたって聞いたときには、隣の村も落とされてすぐそこまでモンゴル兵が来ていたとか何とか
馬を置いた駅を至る所に設置して元気な馬を乗りつなぐので最短で情報のやりとりが出来たのも強み
後の箱根駅伝である 。

351:

三国志で頭使って戦略立ててた孔明とか馬鹿みたいだよね
騎馬軍団があれば全部蹴散らせたのに 。

358:

>>351
馬だってタダじゃないんだぞ 。

364:

>>351

戦略は勝つための条件作りなので、騎馬で移動力上げるとか大兵力を養える経済力をつけるとかも戦略。 。


371:

>>351
孔明の居る蜀は険しい山脈だらけで馬なぞ
高原でるまで有効に活用できないのです
呉にぼこぼこにされたけど船作って黄河制圧してからでも無いと量産しても無駄が多いのです 。

374:

>>351
チンギスがやったホラズム攻略戦をちょっと調べてみ
戦略の芸術だから 。

352:

むしろ土地に縛られた農耕文明圏じゃありえなかった発想だろ
視点は近代文明に近い 。

360:

>>352
イギリスの植民統治も海賊時代のやり方を
発展させたものだしな 。

353:

まず内燃機関登場前はタフな馬と上手い乗り手が揃ってるだけでクソ強い 。

354:

大都とか言う国際都市 。

357:

重装騎馬弓兵ってのが世界的に革命だったのよ。
日本もたまたま同じ装備だったから
元寇をはね返せた。 。

361:

個人的に学んで面白かったのはアイヌと蒙古の戦いだな
あの時代のアイヌってマジで戦闘民族ですげーわ
略奪侵略しまくりやん 。

367:

クレムリンもモンゴル語で囲むってのが語源みたい 。

368:

ジャップに勝てない時点で雑魚であることは明白 。

375:

>>368
装備がまるでおんなじだったのよ。

だから十字軍も攻めてこなかった。
負けるのがわかってるからね。 。


377:

>>368

第二次世界大戦でモンゴルに倣って羊に物資輸送させて、その先で食料にすればいいじゃんという
「ジンギスカン作戦」を考えた国もあってな。
羊はそんなに思い通りに制御出来ないということが実施段階で分かって急遽水牛に変更し、
水牛は山岳地帯越えられないからと大砲分解して人送するとか無茶苦茶なことになり 。


369:

征服した連中を次々と取り込んでいったからな 。

372:

で鎌倉武士もモンゴル騎兵も
大きめのポニーを好んで使った。

https://cdn-images-express-co-uk.cdn.ampproject.org/ii/w820/s/cdn.images.express.co.uk/img/dynamic/109/590x/Mongolia-747945.jpg


376:

なお現代

https://youtu.be/6QH85zsw2w8


380:

アレキサンダーもそうだけど、帝国化を機に交易路を拡大した功績が大きいんじゃね
当時のグローバル化 。

389:

>>380

シルクロードの歴史的には、モンゴル以前に交易路が発達していたから、
ユーラシア大陸に広く展開出来たとも考えられ。 。


393:

>>380
キャラバンの要請で侵攻先決めてたなんて説もあるくらいシルクロード交易を拡充させたからな 。

382:

コーエーのゲームのオルドをもっと充実させたやつ作ればいいのに 。

384:

紀元前から中国人に万里の長城築かせてガクブルさせてた民族
1000年以上いかにして中国を略奪するかばかり考えてたんだし
そりゃ西のほう行けば無双できる 。

413:

>>409
東南アジアとかでも馬が行軍できない湿地帯に追い込まれてボロ負けしてるからな 。

467:

>>413
地の利を生かした地元民の勝利だね
日本の場合はだだっ広い砂浜にも関わらずモンゴル惨敗だったけどw 。

684:

>>409
ベトナム人はゲリラ戦法の鬼だからな
枯れ葉剤巻きたくなるのもわかる 。

386:

俺が今まで見た選手で
身体能力で言えばダゲスタンとナイジェリア~コートジボワールが抜けてスゴいね
化け物がゴロゴロいる

相撲では元『関取』の選手も見たけど柔道の選手のがフィジカルか強い
これは相撲がレベルの低い選手しか集まらないからモンゴル勢に蹂躙されてる現実と合致してる 。


394:

>>386
モンゴルは相撲だけじゃなく柔道とレスリングも強い 。

414:

>>394
柔道が強いのは日本だよ
これは競技者が多いからピラミッドは底辺が多いほど高くなるのと同じ理屈

レスリングはヨーロッパのお家芸だからモンゴルは話にならない
なによりテクニックが違うw
うちの道場ではレスリングのヨーロッパチャンピオンが
体重が40kg以上ある元『関取』を
バンバンぶん投げてるよw 。


429:

>>394
モンゴル人の知り合いが「俺たちは個人競技は強いけど、団体競技はとにかく弱い!どうしようもない!」って笑ってた 。

387:

性欲だけで領土拡大したやべーやつら 。

388:

モンゴル史上最強の指揮官ってだれ? 。

397:

>>388
バトゥ 。

398:

>>388
間違いなくスブタイ 。

390:

ペストで壊滅した 。

396:

シルクロード自体はモンゴル帝国以前からあったが
シルクロードを一つの国でまとめ上げたことが大きい
これにより商人たちはより安全で経費もかからずに交易することが可能になった 。

400:

最強とかいったって武士に惨敗しまくって撤退した先で海の藻屑になってたじゃんw
それも主力の武士団が鎌倉から到着する前に惨敗っていうw 。

406:

>>400
当時の渡海はそれだけで大きな負担になってたのと文永の役はほぼ負け戦だったぞ 。

411:

>>400
既に上陸してたのにボロ負けしてるんだからどうしようもないよ
文永の役だって結局モンゴル軍は撤退する羽目になってるんだから要するに負け 。

453:

>>411
上陸されてからは赤坂蘇原以外はボロ負け続きで大宰府まで逃げてるじゃん
上陸されたら負けると悟ったから2回目は絶対上陸させないマンになってる 。

462:

>>453
二回目は何十人か上陸したけど
映画のバトルランナーみたいな感じで
数百人で追い回して全員クビをはねた。 。

401:

制作に半年くらいかかる
コンポジットボウがバリやばかったらしい 。

402:

土人に白人がパコられてたと思うと勃起がおさまらん 。

407:

>>402
キルタイムの漫画みたいな言い方やめろよ 。

403:

重臣のマイナスくんとカウガールにネットの醍醐味を聞く絵はよ 。

408:


412:

ドスラクの強さはゲームオブスローンズでも説明不足だったな 。

416:

>>412
ドスラクの強さは分かるけど遊牧民なのにヒツジ飼ってないのが変だったなあ 。

419:

>>412
ドスラクが突っ込むところで
馬の背の上に乗って弓をいるシーンがあって痺れた 。

443:

>>417
漢人が徹底的にエスニッククレンジングされた話なんか聞いたことないなあ
むしろ文化的に取り込んだと書いてあった気がする 。

459:

>>443
の時代まあ中国からすりゃそういう扱いにもなりそうだな
文化を取り込みました。それがAかBか
youの考えあっているかもなに蹂躙されたけど中国生き残りが言葉巧みに吸収したと 。

418:

守るべき都市が無いから中世以前は最強だったが
都市の生産力が上がった近世以降は一気に衰退した 。

420:

日本では遊牧民が侵略したことないよね
平地が少ないから規模拡大できなかったのかな 。

422:

>>420
東国の蝦夷が大陸から来た遊牧民じゃないかって言われてるな
武士の文化は遊牧民ととてもよく似てるんだよ 。

423:

>>420
日本は山が多すぎて軍隊の機動力が落ちるので陣取り合戦がメイン
遊牧民どころか大規模会戦自体がほとんどない 。

430:

>>420
なぜ侍が馬に乗り出して、騎射しだしたのかをしるには蝦夷の存在が欠かせない 。

444:

>>420
東国武士団にやられましたやん 。

421:


424:

農耕民族と違って遊牧民族は血を見慣れてるから残酷なことに抵抗感が薄いらしい 。

426:

ジャムチ 。

427:

大帝国には法整備が付き物だけど、モンゴルにはそういうのあったのかな?
モンゴル法大全とか聞いたことないけど 。

432:

>>427
ケシク制とかあったぞググればたぶん出てくる
ただあくまで部族の掟みたいなもんだったから
定住した各地のハン国は中華化イスラム化したんだろうな 。

448:

>>427

上に書かれているけれどもモンゴルの支配はヤクザが暴力を見せてみかじめ料取るようなもんで、
各国の内政までモンゴルの流儀にというわけではなく、そこから元とかになると、
耶律楚材とかが内政の基本をあれこれつくったはず 。


428:

速度というか、何事にもためらいがない

隣の村が焼けたしらせが届く前に次の村に行って焼く
これをひたすら繰り返す 。


433:

モンゴルの先祖って中国の歴史によく出てくる月氏や匈奴なの? 。

435:

>>433
月氏はイラン系だよ
匈奴はよくわからないらしい
侵略しに来る遊牧民を適当に中国側が一緒くたにしてた可能性もあるんで特定できてない 。

437:

>>435
月氏ってイランだったんだ…知らそん
突厥はトルコ系だっけ
じゃあモンゴルの先祖ってどの騎馬系異民族なんだろう 。

440:

>>437
モンゴル系はフン族が起源らしい 。

447:

>>440
うちの道場のヨーロッパチャンピオンだったハンガリアンは
フン族だよ 。

441:

>>437
唐書によるとアムール川のあたりに住んでたらしい 。

434:

機動力を生かした戦術とってる国がなかったんだろ
その頃のヨーロッパは重装備だし 。

438:

どこでも寝れること
これは一番大事なことだと思う
そして移動に耐えられるならそれはフィジカルが強くないと出来ないね

強い選手はどこにいっても普通の生活を出来る人なんだと思うよ 。


439:

バトゥ強すぎ 。

497:

>>439
ヨーロッパ遠征軍のバトゥは名目上の指揮官で実際に指揮してたのはスブタイ
>>464
モスクワというモンゴルが建造した都市がロシアにあるぞ 。

445:

海戦の弱いモンゴルじゃコンスタンティノープルは落とせなかったと思う
エジプトも制圧できなかったしな 。

450:

複合素材の強力な弓を馬上から集団で浴びせて一方的に攻撃してたからな 。

451:

ロシアって大元がキプチャクハン国かなんかなんだっけ 。

457:

>>452

陰キャはそうはいかんでしょ 。


454:

そのころの日本を考えると… 。

455:

情報の伝達に特化してた 。

456:

ある日、チンギス・カンは重臣の一人であるボオルチュ・ノヤンに「男として最大の快楽は何か」と問いかけた。
ノヤンは「春の日、逞しい馬に跨り、手に鷹を据えて野原に赴き、鷹が飛鳥に一撃を加えるのを見ることであります」と答えた。
チンギスが他の将軍のボロウルにも同じことを問うと、ボロウルも同じことを答えた。

するとチンギスは「違う」と言い、「男たる者の最大の快楽は敵を撃滅し、これをまっしぐらに駆逐し、
その所有する財物を奪い、その親しい人々が嘆き悲しむのを眺め、その馬に跨り、その敵の妻と娘を犯すことにある」と答えた。
https://img.jhlhsy.com/img/e121f0cc59ad4e5c9180f23b6c2c010d.jpg

ジンギスカン(1979) 歌詞付き
https://youtu.be/ol50CA0WQEk

めざせモスクワ【和訳歌詞付き】
https://youtu.be/Yfh6azHw7Fk


461:

>>456
まさにRPGのラスボスにふさわしいセリフ 。

475:

>>456
日本人・中国人・韓国人・モンゴル人らの極東アジア人の中でモンゴル人だけは明らかに異質だよな
儒教や仏教に教化された形跡がないと感じるんだよな
チベット仏教が普及してるみたいけど
朝青龍や白鳳らのモンゴル力士から感じるのは半グレの世界観 。

458:

たまたまその地域の連中が雑魚かっただけでは?
大半は少部族だろ 。

463:

遊牧民をおまえら舐めてるだろ

毎日筋トレしてるようなもんだぞ

おまえらと俺らではモノが違うんじゃ ボケがあ 。


464:

モンゴル国内に当時の遺跡ほとんどないんだよな
都市や寺院の建造には興味なかったんだろうか 。

466:

>>464
定住する文化が無かったから
建築物に興味がなかった 。

470:

>>464
そういった文化は農耕をして定住しないと産み出せない 。

468:

モンケ、クビライ、フレグって凄い兄弟だな 。

474:

>>468
ケンモ(こっそり兄弟の振りすればバレないだろ)

ケンモ、クビライ、フレグって凄い兄弟だな 。


479:

>>474
ワロタ 。

481:

>>474
くだらなさ過ぎてワロタ 。

874:

>>474ワロス 。

655:

>>469
それを人間に変えたのが大航海時代のアメリカ大陸侵略。
天然痘の抗体持ってる欧州人が現地に持ち込んで抵抗がない現地民が… 。

471:

版図広いけど中国の大都市以外は砂漠と平原のスカスカ地域がほとんどやん 。

473:

>>471
>砂漠と平原のスカスカ地域
そこは膨大な利益を生み出す交易路なのさ 。

478:

>>471
そのスカスカ地帯が当時世界最大の交易路なんだから
そこを抑えれば富を牛耳れるわけよ
モンゴル帝国はただ闇雲に収奪を繰り返してたって
わけじゃないんや 。

472:

中華王朝を中心に考えるからモンゴルが辺境部族みたいに見えるだけだろ
もともと漢だの秦だのの雑魚ならいつでも占領できるだけの大勢力だったってだけ 。

476:

馬に乗れたから 。

477:

騎馬は最強だった 。

480:

匈奴 。

482:

1222 年からはモンゴルのヨーロッパ侵入が始 まった。モンゴルは牛疫の常在地であって、牛疫は ハンガリー、オーストリア、イタリア、ドイツ、フ ランス、さらに海を越えて英国に広がった。

牛疫を 広げたのはモンゴル軍が連れていたグレイステップ 牛であった。牛疫常在地で長年にわたって牛疫ウイルスに曝されてきたこの牛は牛疫に対する抵抗性が 強く、感染してもほとんど症状を示さずウイルスを 排出し続けて感染を広げたと考えられている。

? 。


483:

馬なんてすんげー繊細な生き物って印象なんだが
戦場に出したりしたらすぐに使い物にならなくなりそう

映画や漫画なんかじゃ騎兵は馬に乗ったまま突撃してくるイメージだけど
実際は馬から降りてから戦ってたなんて話もあるし

となるとなんでそんなに強いのかわからんな 。


488:

>>483
従軍する遊牧民は1人(家)10頭以上の馬を持っていたので、最悪一頭は使い潰しても飯にしてしまえばよかった
一方西欧の騎士階級は多くとも4頭、それも家臣が乗る分も含めてだったので希少価値がケタ違い
なので重騎兵の突撃というのは一家の家財を全て投げ打つ戦略兵器であり、負けが民族の存亡に直結する西欧でしか見られない 。

485:

単体でも大国の脅威だったんだからまとまったらそりゃね 。

487:

モンゴル、アメリカ、そして今年コロナをはね返したベトナムが何かおかしい。 。

491:

ハンガリーかどっかの国は白人でも蒙古斑持ちだらけなんだよなシコれるわ 。

493:

から優秀な軍師を引き抜いたんだっけ? 。

496:

中国がああゆう派手な感じになったのってモンゴル帝国の影響なのかね

唐あたりはまさにそれを遣唐使送りまくって丸々コピーしたのが日本の飛鳥時代だったわけだから 。


506:

>>496
飛鳥時代の建物がわびさびなのは旧いからで出来たときは絢爛豪華だったよ
わざと地味に作るようになったのは銀閣時くらいからでは
まあ中国人の好きな赤と黄色の組み合わせは日本人の好みではないが 。

514:

>>506
漢服って日本のかぐや姫なんかのお伽話に出てくる天の使いそのものの格好なんだよな 。

516:

>>514
日本も平安時代初期辺りはまだ唐の衣装を着てたから
のイメージはまさにそこから来てる 。

498:

三国志の中のモンゴル勢
ローマ帝国史の中のゲルマン、中東勢

こういった「外敵」に魅了されて行くよなア 。


531:

>>498
三国時代にモンゴルなんておらんけど 。

576:

>>531
モンゴル系民族は春秋戦国時代から記載があるが 。

499:

パワーこそ正義 。

500:

元寇のモンゴル人はペストも運んでるからな。
そのモンゴル人の拠点となった朝鮮半島は
世界史年表上では一回絶滅している。 。

501:

馬も弓も訓練しないと扱えないのだが
全ての男子が騎馬弓兵だったから 。

503:

>>501
それは別に珍しいことじゃない
騎馬民族の国なら既にとかセルジューク・トルコとかある時代だし
>>502
それに近いことやったのがアメリカ大陸でのスペインだな 。

502:

コロナに日本が集団免疫がもし世界で唯一できてたら世界征服も夢ではないね 。

533:

>>504
それは鎌倉武士も得意だった。 。

507:

学校で習ったころは
騎兵で短弓つかってヒット&アウェイと
侵略した国の奴らを奴隷にして隣を攻めさせる戦法が強いだけかと思ったけど

全然違った
モヒの戦いとか
ホラズムシャー朝征服の過程をみると

緻密な戦略と戦術で勝つべくして勝ってる 。


805:

>>507
やっぱ一箇所だけ包囲網に穴を開けると抵抗が弱まって瓦解するんだな 。

509:

15万人の朝青龍が馬で攻めてきたら絶望だよな 。

513:

>>509
こっちには150万人以上の桜庭が戦闘体勢とってるんだから
簡単に撃破出来るよなw 。

510:

帝国って言ってるけど実際は緩めの軍事提携だろ
復習の連鎖で戦奴にしたり宝やを奪ったりせん
まあだからこそすぐ崩壊したんだろうが 。

511:

刀槍だと攻撃の集中=戦力の集中だけど、全員弓使えれば戦力を集中せずとも攻撃を集中できるわけだし強いだろうな
分散すれば敵の攻撃の集中を防いで防御にもなる、しかも騎兵となれば無敵だったろう 。

515:

分散して動いてるモンゴル弓騎兵に弓当てられるわけないよな 。

517:

黄禍論の元凶だろこいつら。黒人は白人に一方的にやられた被害者だが。モンゴロイドはそうじゃねえからな。迷惑なやつらだわ。 。

518:

偶然なんてものは無いんだよ

モンゴルを防ぐことが出来なかったやつらの言い訳だよw 。


519:

性欲に正直だから
相手の都市滅したら向こうの好き放題

これが受けたんだろ 。


528:

>>519
モンゴルは軍規がメチャクチャ厳しくて略奪にもルールがあった
好き勝手しようもんなら敵よりもよっぽど残虐な方法で処刑された 。

520:

そういえば日本は榴弾でモンゴル兵を追い払ったって習った気がする
倭寇のときにはもう対策されてたのかな 。

521:

倭寇じゃないや元寇だ 。

523:

騎兵は強いんや
銃が発達したアメリカの南北戦争時代でも北軍は南軍の騎兵を使った攻撃に手を焼いたらしいし 。

526:

国家として本当に成立してたのか?
徴税とかインフラとかさあ 。

527:

騎兵最強の時代に皆騎兵だったから
銃を持った歩兵の数=経済力がものを言うようになって没落
個々の能力なら機関銃や自動車化歩兵が出て来るまでは強かったが 。

529:

バグダッド包囲戦で知の館燃やし尽くした事だけはゆるさねえからな
今の世の不幸はここから 。

530:

モンゴルを凌いだ北条時宗を題材にした小説の名作が未だないもんね
小説家の先生としてこれほどの題材は無いのに

だから俺は日本の文学は信用してないんだよ 。


532:

遊牧民は他人種も動物と同じに見て扱えるから逡巡がなくて強い
余計な良心が働かない 。

534:

なんで昔の人ってやたら領土広げたがるの 。

535:

人類史上どころか地球史上最大の汚点
この災厄により有害なモンゴロイド遺伝子が世界にバラ撒かれプーチンも蒙古襞があるチビになった 。

538:

帝国って言ったらやっぱイギリスが1番じゃないの? 。

539:

東アジアでは写実的な美術も発展しなかったらなぁ
絵画にしろ造形物も全部デフォルメ
深層意識で自分達がブサイクだと理解してなければありえん 。

540:

なにより立ち技最強のタイが
いまも独立を保ってるのかその証左だよ 。

542:

ジョスト見たらイカれてんの分かる
あんなもん歩兵だとどうしろっての 。

543:

そうは言っても優でもアイドルでもAV女優でも白人ってあまり需要ないんだよな 。

544:

サンバイノー! 。

545:

AVって整形顔じゃん 。

546:

兵站重視で駅を作ってた
紙幣を作って経済圏を作り上げた
外国の宗教(チベット仏教)を重視して帰依してた

言うほど蛮族か?civ脳かよ 。


549:

>>546
同じころのジャップのがよっぽど蛮族なのにな 。

562:

>>546
civの蛮族はオーバーテクノロジー使ってきたりするぞ 。

547:


594:

>>547
よしロシアに攻めよう(名案) 。

550:

うちの道場はコロナの影響でオリンピックにでる予定の選手がトレーニングに餓えてるね
新参の柔道家も来てるけど
(こうどうかんとやらは今も閉鎖されてるからね)
柔道の選手はうちのレスリングのチャンピオンにボコられて
ムエタイの首相撲には柔道は無力なのを思いしらされて
どんどん強くなってるよw 。

551:

どうせ点だろ 。

552:


565:

>>552
こわい 。

570:

>>552
待ってたこれだよコレ 。

553:

こういう奴らだからな
https://www.youtube.com/watch?v=ol50CA0WQEk

555:

騎馬と弓の機動力
情報戦も凄かったと聞く 。

558:

中央アジアみたいなだだっぴろいとこだと騎馬兵は強そう。
逆に日本みたいな山地だらけのとこはそこまで強くなそう。 。

560:

日本はこいつらに勝ったのだから

本気だせば地球ぜんぶが日本になってたのに

何やってたの?

当時俺がいたらなあ 。


563:

あり得ない残酷さ持ったら無敵 。

564:

人より馬が強かった
世界対戦時は戦車より航空技術
現代はミサイルより情報かな 。

566:

モンゴリアンチョップ 。

583:

>>566
小澤 正志さんがどうかしたか? 。

567:

基本的に固定化した町がない戦闘遊牧民って
失うもの無いからある意味最強だよな
町ですら奪えば良いのだから 。

568:

蒙古破極道ーーーッ!! 。

569:

お馬さんは人間より強いんだよ
それに人間が載ってるからこりゃ歩兵じゃ辛い 。

571:

劣勢になれば散り散りになっても逃げて
またどっかで集合すれば良い。守備意識せず
ステを攻撃に全振り出来る当時のチート勢力 。

573:

豊作で人口増える → 凶作で食えなくなる → 戦争して他人の土地を奪う

人類の歴史なんて現代までこれの繰り返し 。


574:

歴史見てたらモンゴルとかローマとかイギリスとかスペインとか
どんなに強くても国土を広げるのは滅亡フラグだなと 。

580:

>>574
>歴史見てたらモンゴルとかローマとかイギリスとかスペインとか
>どんなに強くても国土を広げるのは滅亡フラグだなと

それがロマンなんだよ

偉大になりたいじゃん 。


575:

どんだけ版図を掌握できてたかは疑問だけど、
中央軍部なり政治が移動して謀反や侵略を避けてたとしたら、ちょっと面白い
定住した土地を基本とした人類の戦争史の逆というか 。

577:

騎兵隊は日露戦争で秋山好古が帝国陸軍騎兵隊に機関銃を装備させたり斬新な作戦でコサック騎兵隊を破って歴史的意味をなくしたな 。

578:

むしろ土人で文明人がやらないようなことも一切躊躇なくやれる精神性は有利に働いたろ 。

579:

フンの騎馬隊とどっちが強かったん? 。

581:

このヒグマで体重400キロらしいんだが
馬で400キロって小さい方だよな

https://i.imgur.com/9Fe7NSd.jpg


582:

騎馬がーとか
モンゴル人の比率とか5%満たないんだぞ?
そんなにぶっ込めるかよ
ほぼ多国籍軍になってたと思っていい
それでも強かったのは他国から吸収した技術と戦略の集大成 。

584:

普通に平和に暮らしてる家庭に急に押しかけて出てきたところを包丁でぶっさしたら次は隣の家へってのを肉体エリートのキチガイ達が集団でやってたから成立した 。

616:

>>584
一方極東の島国には使者をいきなりぶっさす野蛮人がいた 。

586:

モンゴル民族は農業をしないから、他者から奪う必要性があって強くなった 。

588:

>>586
それは本質ではないな
必要な物資さえ寄越せばそれ以外はうるさく言わなかった
内政に宗教に生活方式に
国民が支持したから大きくなったんだよ 。

587:

日常生活が戦闘訓練の集団だからな
毎日野営と鷹狩してるようなもんだし 。

589:

単純に言えば、シルクロードと交易商人の影響

当時、シルクロードは長安からローマを結ぶ最重要インフラだった訳だが
その道も複数の国をまたがっていたりすると
通行税も取られる、戦争が起きれば通行できなくなる
山賊や盗賊なんかもバンバン出まくる

どうしたって中央集権的な強力な軍隊をもった巨大帝国が必要になった
ってこと

兵が強かったってそれだけじゃダメで、それを経済的に支援したウイグル人とか
交易商人の働きがなきゃあんな帝国は作れん 。


592:

>>589
本当にそれな
戦争さえ強ければ大帝国が作れるとか頭わいてるわ
ある程度の支持をかき集められて人気があったからこその大帝国 。

591:

もともと戦国時代からモンゴル高原の騎馬民族は強かった
漢帝国の初代劉邦も大惨敗してるし 。

596:

遊牧民と交易商人はお互いに定住をしない
民族だから利害関係が一致してたのな 。

598:

グーグルマップでモンゴルカザフあたり眺めてるとちょっと頭もトリップするよねここをモンゴル軍がかけぬけてたのかあって
まあ何が一番衝撃って草原の国だと思ってたモンゴルが砂漠の国だという現実だけど 。

602:

>>598
羊が増えすぎてどんどん砂漠化してるんや… 。

599:

子供の時から乗馬して
馬上から弓を正確に打てたからな 。

601:

世界中の美を集めてハーレムとか夢があるよな 。

604:

日本の国技は一体いつまでモンゴル人に支配されるつもりなん 。

611:

>>605
そんなアホみたいお花畑が
おると思えんけどな。

韓国じゃ元に侵略されて
民族ごとほぼ入れ替わった事に関して
どういう扱いなんだ? 。


606:

モンゴルが発展したのも経済的理由なら滅んだのも経済的理由
典型的な陸運国家で莫大な利益を獲ていたけど
日本にもよくたどり着けたはと思う程度の海運力で
インドをはじめとした海路貿易に押されて崩壊した 。

607:

孫世代辺りまでは上手くいってたけどその後グダグダで内ゲバで滅びた感がある
ただ後になってティムールやらバーブルやらが出てきたのは面白い 。

608:

ばっかりのモンゴル

マンゴル 。


609:

遊牧民って戦争向きだよな
どこかに根をはって暮らさないし、日常生活の延長で出兵してそう 。

610:

中国も何故モンゴルに簡単に蹂躙されてしまってのか 。

612:

>>610
モンゴルに支配される前から騎馬民族に支配されていたから、騎馬民族間の争いの
一部として中国もって感じかも 。

614:

>>610
南宋侵攻から滅亡まで40年掛かってるし言うほど簡単じゃない 。

615:

>>610
あそこは別に誰が上でもいいんだよ
よくも悪くも個人主義で侵略されなれてる 。

618:

>>610
宋の時に武断政治を解体して
文治主義にかえて、ちょうど今の日本みたいに
外交や経済で解決してたんだけど、

モンゴルにモロ武力で侵略されて滅亡したんだよな。

この辺は、日本も考えた方がいいと思う。 。


613:

文化レベルの高さと戦争の強さは別だからな 。

617:

>>613
モンゴルの文化レベルは当時というか現代よりもはるかに高度な部分があるぞ?
他国のいいところは取り入れるし
現地の人材登用も積極的で
統治システムをその地にあったやり方で大きく代えたりせず宗教も自由 。

620:

>>617
それは、そうなんだけど、後継の国を残さずに消えちゃったってのがな…

元時代の検証をしようにも、殆どが他国によって編纂された資料ばかりで
そりゃあ、良いこと書かれているわけねえよな…という 。


619:

モンゴル人てフィジカルモンスターだよな
あれなんでなん、ベルクマンの法則? 。

622:

兎に角残虐だった 。

630:

>>622
残虐な上、好戦的で、頭が良い
チンギス・ハーンは人類の厄災 。

623:

日本の地でベトナム人を率いたバイバルスが最強って事でええんか? 。

624:

文化だな
かつてのアレクサンドロスがそうだったように、モンゴル帝国は恭順する人間には為政者としてちゃんと振る舞った
そして支配したあらゆる文化を柔軟に利用して、大陸中の文明を共有して一足飛びに人類を進歩させた

大モンゴルがなかったら、産業革命もおきず未だに人類は地べたでシコシコ暮らしてたかも知れない
それくらい当時の欧州世界は文明レベルがおくれていて、中華は火薬の発明すら300年も秘匿できてた

なんでも取り入れる文化と、徹底した価値観と、馬と、コンポジットボウ、最強 。


625:

日本がウホウホどんぐり食ってる間にキングダムの文明を築いてた中国がぽっと出の大日本帝国ごときに負けたかと思ったら
ほんの数十年でまためちゃくちゃ逆転されとるし時代の変遷って不思議だよね
モンゴルも歴史の授業じゃラスボス級だったのにぱっとしないよなぁ 。

628:

モンゴルのオリジナルの文化なら挽き肉と焼き肉

当時のモンゴル人は馬の鞍の下に肉を敷いて、柔らかくして食ってた
これが、ヨーロッパに挽き肉として伝わった

モンゴル人は肉を生で食ってたので生で食うのをタタールステーキ(タタールは韃靼人=モンゴル人のこと)
これをドイツのハンブルグあたりで焼いて食ったのがハンバーグ

逆に東側の朝鮮半島に伝わったのが焼き肉

元寇が成功してたら、日本人はもっと早く焼き肉食ってたかもしれん 。


629:

>>628

干し肉でけっこうな日数分の食事を個人が携帯するのがモンゴルの機動力のポイントともきくが 。


632:

>>628
元寇と言っても実際にモンゴル勢主力が参加したのはわずか
文永の役は高麗軍と駐留モンゴル軍計2.7万人で暴風で諦め
弘安の役は計10万だけど、その実南宋の退役軍人らの失業対策として入植目的で、
鍬と鋤を持たせただけの連中を追い払ったのが中国史からの見方 。

635:

>>632
元寇でモンゴル側の兵士の士気は高かったはずだよ

もともと陸上戦力のモンゴルはわざわざ海越えて日本に攻めるつもりはなかったみたいね
それが、日本側の対応の悪さもあって、戦争しなきゃならんことになったんだけど

幹部はともかく、一般兵士に言うこと聞かせにゃならん
それで
「日本ってちっぽけな島国には黄がザクザクあるぜ!
ヘイアンキョーの建物は屋根から壁から全部ぴかなんだぜ!」
「うおおおおおーー」

ってやらかしたみたいね 。


845:

>>628
焼き肉ってどこの国でもやるやんw 。

848:

>>845
タルタルステーキだって、チタタプやんな 。

633:

経済が凄い。物流により利益を念頭に置いて全力でインフラを整備した
徹底的に整備して防衛も管理もやった。そして支配地からは税を安く安全を保障して宗教、風習、文化を保障した
中世においては最高の帝国じゃねえかなシルクロードと共に栄えて海上運輸の発達と共に緩やかに衰退した 。

637:

>>633
治安維持に兵数もほとんど割いてないからすごく統治としては最高の状態だわな 。

634:

こつら身体能力が黒人レベルで闘争心と残虐性がやべーんだろ 。

668:

>>634
フィジカルなら黒人が世界の天下を取ってるはずじゃん。 。

638:

平安中期までの日本はめちゃ平和で天皇と貴族はなんの実力もなく支配してたのに、いつ馬で戦う術身に着けたんや?
https://i.imgur.com/pSHxlB8.jpg

643:

>>638
?馬の党とか出てきたあたりか? 。

646:

>>638
関東とかは平和じゃなかったから 。

649:

>>646
だから坂東武者が強いのか 。

650:

>>638
平安時代の地方は常に土豪が近所の土地を奪う為に私戦やってた修羅の国だぞ
特に関東 。

642:

ネトフリのマルコポーロがクッソ面白かったのに打ち切りになって泣いたわ… 。

645:

遊牧民とかいう馬乗り土人は、農耕民とかいう耕し土人とは違った様式での高度な文明を築いていたから。

耕し土人と違って「やたらめったら記録を残す」ことをしなかったから、明確な記録が残っていないだけ。
盗掘を恐れて貴人の墓所を隠す習慣があったから、チンギス・ハンはじめ、歴代皇帝の墓も分かっていない。
もしも歴代皇帝のうち、一人の墓所でも発掘されたら、いかに荘厳・壮麗な文明を持っていたか分かるだろう。 。


648:

他の国も装備があんまり変わらんかったんやろ
やからいつも戦争する方が強かった
山賊が農村襲うように 。

651:

中東や中国の有能な人材を積極的に重要ポストにつけたんだろ 。

664:

>>652
日本なんて税率60%だったのに 。

653:

文明が未発達なら奪えばいいではないか、
この発想はDBのサイヤ人のモチーフになっている(嘘) 。

654:

征服事業は遊牧民の特性活かして成功したけど
結局領土を持って統治するって段階で元からその土地にあったものの方が適してたから迎合して溶けちゃった感じ
結局勝ったのか負けたのかよく分からなくなる 。

657:

日本に奇襲しかけてきて2回も負けたよね 。

658:

モンゴルって戦争屋のイメージが強いけど商業国家として経済が強かったんだよな
戦場で凄い伝達速度を誇っていたのも交易路につながる伝馬が充実してたからだし 。

659:

いきなり襲ってきて略奪してくんじゃなルールもクソもない集団 。

660:

日本の武士も俘囚を介して伝わった遊牧民の戦闘技術が日本列島を席巻した結果だからな
中世ではそれくらい遊牧民は最強だった 。

661:

元寇でもっとホンキ出してくれてれば良かったのにな
そしたらもっと肉料理食っててガタイ良い人間に生まれてたかも 。

662:

弓の熟練度MAX(ここまではどの国も出来る)

馬の熟練度MAX(農耕民族にはハードル高い)

馬上で弓を使える(日本なら一騎当千レベル)

馬上から敵兵に矢を的中させる

熟練した騎兵の数を揃える

これが出来るのは子供の頃から馬乗り慣れてる民族じゃないと無理。
弓使える騎兵に対抗出来るのは弓使える騎兵か射程の長い銃だけ。
つまり無敵。 。


706:

>>662
鎌倉期までの武士なら馬上で弓使えるのが基本ちゃう 。

710:

>>706
騎射が出来るのは武士の中でも高位の者だからな
遊牧民以外が騎射を身に着けるのは非常にコストが掛かる 。

791:

>>706
元寇以前に騎馬から矢を放った記録はないらしいがどうなんだろう
重装騎馬で弓撃つってのがそもそもおかしな話だと思うし曲芸の域を出なかったのではと思う 。

665:

インドとサウジアラビアとドイツの手前で止まってるけどこの辺も当時は戦闘民族国家があったのかな 。

677:

>>665
当時のロシアはバルト海と黒海を結ぶ先進交易地域
ドイツに進む利点はさほどなかった 。

708:

>>665
欧州、インドも草原地帯じゃないからね
城がたくさんあるから騎兵主体だと略奪はできても拠点支配が難しい 。

667:

モンゴルによるロシアの民族浄化は、タタールのくびきっていわれる時代に進んだんでしょ?
戦場で強姦されて妊娠しても、そんなのは堕胎されるから混血は進まない 政治的支配によって混血が起きる
アメリカの属国になり、白人の子供を日本人にさせられている今の日本が同じ状態 。

695:

>>667
モスクワ公国自体がモンゴルの婿殿
母親も妻もモンゴル皇
>>691
神聖なチンギスの血をひくモンゴル皇を娶るのが中央アジアにおいて支配権の確立に必須だった 。

669:

製鉄技術が凄いってきいた 。

673:

>>670
元祖イスラム国滅ぼしたんやろ 。

685:

>>670
でも世代を超えてインドにムガール帝国を築き上げたとも言える 。

671:

大英帝国が背後に・・・・。 。

674:

この元にもかち 。

675:

韓国人がこの歴史を恥じてるのが理解できん
お前らが一番輝いてた時代では? 。

680:

>>675
当時の高麗国はクビライ国と通婚してモンゴル化し
実質的にクビライ王国皇室の一員になったからでしょ
「朝鮮民族としての誇りはないのか」っていう気持ちなんでしょう 。

717:

>>675
アメリカの舎弟であることが誇りの民族はそう思うんだろうなw 。

676:

顔以外は優秀だよな
この民族 。

678:

アッティラ大王も遊牧民の王
西ローマ滅ぼしたフランク王国も遊牧民国家 。

683:

大昔は現代と違って
平時はただの無駄飯ぐらいの常備軍なんて
大規模に養う生産力はなかった
近世のフランスやスペインですら常備軍に払うのせいで財政破綻起こして
市民革命起されたり没落してる

だから馬で羊追って弓で狩りをする生活=軍事訓練の遊牧民は
国民総軍人でクソ強かった 。


687:

モンゴルによって世界史が始まった
世界史はモンゴル以前とモンゴル以後のふたつの時代に分かれる

征服された中国は言語も徹底的に変わった
以後の中国はモンゴルが作った大都、今の北京を首都とする宋以前とは全く別の国 。


688:

弓騎兵とか初めて見たらどうしていいかわかんなそう
弓撃ちながら逃げてくんだぜ 。

693:

>>688
「うぜぇ、腹立つわ~」で諦めたら、引き返してすぐ攻撃してくるしなw 。

699:

>>688
落とし穴くらいしか思いつかん 。

702:

>>688
弓で応戦する事も出来るけど
それが出来ないから中国は弩を発明したんだよな 。

740:

>>688
長ーい城壁を作って領土へ馬が入れないようにしよう 。

849:

>>688
中国人は「遊牧民は攻めは強いが守りは弱い」って発見して
こっちから攻めまくった
守りの基本城や砦がないから楽に落とせるし
攻められたら逃げ撃ちばっかしてるわけにいかなくて遊牧民側も正面から迎え撃たねばならなくなる

でも遊牧民の支配地域は占領しても得る物がねえから国力を疲弊させるだけで質が悪い
(そもそも農産物が育たないから遊牧せざるを得ない) 。


689:

モンゴル以降のアジアはモンゴル帝室に忠誠を誓う幕府や婿殿が治める国ばかり
モスクワ公国もモンゴルの婿
チムールもオスマンも汗国に朝貢する幕府 。

690:

YouTubeでその時歴史は動いたでモンゴル帝国見たが面白かったなあ
北条の手柄みたいに描かれてるけど台風がなかったら日本終わってたんだな 。

691:

モンゴルの場合はがとんでもないブス揃いってのが
領土拡大のモチベーションだったんだろうな。
西欧に到達して白人奴隷を大量に仕入れて
そのモチベーションが消える。 。

694:

普段の生活が軍事訓練みたいなものだし
部族内の統制や兵役システムがまんま軍隊 。

697:

圧倒的機動力と正規兵の練度が常軌を逸してた
あとは情報戦による省エネ侵略が上手くいった 。

703:

略奪や領土拡大を繰り広げる一方で警備が手薄になった首都カラコルムを叩こうと思う勢力はいなかったの? 。

757:

>>703
一番近い中国から見ても砂漠と草原の彼方だし、
攻めようがないじゃん。 。

705:

連携取れる最大距離が500kmだっけ?
どうなってんの? 。

707:

変な外人が歌ってヒットしたから 。

709:

元寇の時って船に馬載せてきたの?
馬いなかったらアドバンテージゼロな気がするけど 。

711:

>>709
んなもんできるわけがない
東南アジアへの侵攻でも同じように大敗してるし 。

712:

>>709
当時の技術力で馬を海運するなんて無謀にも程があるし
実際従軍したのは南宋と高麗の兵士がほとんどだったから
元寇を遊牧民に勝ったと誇るのは違うだろうね 。

716:

>>709
将官用、伝令用etcの最低限の騎兵は当然持ってきてるだろうけど部隊運用するだけの騎兵輸送は無理
モンゴル軍最大の強みである軽騎兵と重騎兵を組みあせたキチガイじみた用兵がなけりゃただの農耕民族と同じだな 。

713:

モンゴル帝国絡みで最大の激戦となった合戦ってどこだ?

襄陽?
崖山?
鷹島?
クリコヴォ? 。


714:

蒙古襲来絵詞でも元側の騎兵が書かれてるよ
適当に書いたのじゃなくて同時代に中東の方で書かれた
モンゴル兵の絵と装備が似てるので間違いないらしい 。

719:

>>714
少数は騎兵はいたかもしれないが、主力ではないでしょう
事実上元寇1回目は高麗軍相手だし、2回目は南宋退役兵相手
傀儡のそいつら対象に屏風描いても絵画としての価値上がらんし 。

724:

>>719
虎の子で最精鋭のモンゴル重騎兵まで確認されてるのだが 。

732:

>>714
蒙古襲来絵詞は後世の書き足しがある 。

715:

伝令用の駅を各地に配備したりして情報の伝達力が同時代の他国とは比較にならんくらい早かったんだよ
そのおかげで少数のモンゴル人が多数の民族、国家を支配できた
ちょっとでも不穏な動きがあれば強力な騎馬隊が出動して鎮圧してしまう 。

718:

元の末期ってどんな感じだったの? 。

728:

>>718
モンゴル元朝は中原を放棄したあとも滅びたわけでなく
北の草原地帯からチベット西域満州は全部、元朝のまま

明は自分たちの正統王朝を主張するため継続してたモンゴル王朝を韃靼と言い換え、常に北方と防衛戦争してた 。


759:

>>728
満洲のナガチュ、雲南の粱王バザラワルミは割と早期に
排除されてるし、チベットも別教派が政権を掌握してモンゴル
支配の名残を一掃して明と通交してるよ。 。

725:

朝鮮民族が優秀だったから 。

729:

逆に言うと一時期これだけ覇権を握ったのに
何故その後はモンゴルから強国が生まれなかったの? 。

731:

>>729
中原を支配した清帝国は真がモンゴル帝位を継いだ
インドのムガール帝国も
ロシア帝国も
オスマン帝国も
ユーラシアの帝国はみなモンゴル後継国家 。

733:

>>731
モンゴル帝位www
ジュンガル部無視かw
ムガルはイスラム王朝だぞw
モスクワ大公国も無視かw
オスマントルコがモンゴル系ならイルハン国撃退したマムルーク朝もモンゴル系かw 。

735:

>>733
ムガール王朝はチンギスハンの血統が興した国だぞ
イスラムでも仏教でもモンゴル帝国は特定宗教にこだわりがなかった 。

730:

白人幼を最高の白い肉って呼んで犯してたらしいな 。

734:

なぜ騎馬隊で乗り込めない日本まで海を越えて侵略しようとしたのだろうか?
しかも1度失敗したのに2回もチャレンジしてくるって 。

738:

>>734
マルコポーロっていうクズのジジイが
クビライの側近をやっていて
そいつが日本は石畳まで黄でできているとか
ホラを吹きまくってクビライがその気になった。 。

743:

>>734
そういや、他で渡海攻撃した事例あったかな 。

792:

>>743
とりあえず済州島と対馬は攻略してる 。

736:

そもそもムガールはモンゴルがなまっただけで読み方同じ 。

776:

>>736
中央アジアからやってきた外来者でインド土着ではないだけでしかない 。

737:

有名な元寇の時の絵
https://live.staticflickr.com/2657/4078033014_b4b93d21a8_b.jpg
https://rekijin.com/wp-content/uploads/2017/06/4.jpg

船で渡ってきたモンゴル側は歩兵
日本側が馬で押し返してる 。


746:

>>737
重曹弓騎兵の隊列しかもロングボウで突とかこんなユニークな事してたんだな 。

764:

>>737
ポニーより大きいよね 。

780:

>>737
元軍いうても宋と高麗から動員された兵隊だし 。

739:

札幌住みだからモンゴルやロシア人の知り合いいるけど身長高い低い関係無くあいつらゴツい ロシア人より圧倒的にゴツい 。

741:

つか、馬乗り土人はつええから

百姓のところに乗り込んでいって暴力支配するだけなら
そんなに難しくねえべ 。


742:

官吏かなんかに国の名前どうしましょうか言われて。なめられたらアカンと思って
末裔「くわっ!モンゴール!」(なめられたらアカンでー)
官吏「ムガールっと」てなったじゃね 。

748:

>>742
実は、トルコ系のなんちゃってモンゴルなんじゃ
なかったかな 。

744:

ぶっちゃけたまたま時代に合っていたという側面が強すぎる
銃器の時代が来る前に強みを出せたから結果を残せただけで時代が後ろにずれていればこうはならなかった
むしろ草原のカモとして狩られまくってただろうな 。

749:

>>744
せやろか?
モンゴル軍なら完全充足の銃兵、騎兵砲を好きな場所に展開して防御側は絶えず側面を晒すことになっただろう
世界最高の機動力に障壁を崩す破壊力を得たらローマにも迫れたんじゃないかな 。

786:

>>749
>完全充足の銃兵、騎兵砲

これらを手にいれるには
・世界貿易
・議会による法整備と銀行制度
・新大陸の銀
・カリブ海の砂糖
のどれかが必要 。


755:

>>744
ナポレオンでもコサックにボロ負けしてるんだが 。

777:

>>755
ナポレオンが敗北したのはロシアの気候だぞ低学歴無職貧困ジジイバカウヨw 。

745:

騎馬突撃って自動車が突っ込んでくるくらい怖いらしいな 。

747:

今は領土も人口も国家のお荷物以外何物でもない 。

750:

暴力最強 。

751:

たぶん「時代遅れの定説」なんだろうけど

武田騎馬軍団と
織田の銃砲隊(尾張は兵自体はあまり勇猛じゃない)
がどちらが時代を切り開いたかって話なんだろ 。


752:


753:

>>752
白鵬は肌にピンク味強いから先祖にルーシ人いるんだろうな 。

756:

>>752
このガタイでモンゴル帝国時代の馬に乗って大丈夫だろうか? 。

758:

>>756
たしかに。
騎兵、戦車兵、飛行兵は小兵が向いてる

旧ソ連では、戦車兵はアジア系が多かった 。


761:

>>756
むしろ脚のほっそいサラブレッドに乗る方が不安では 。

762:

コロナでパンデミックがマジで世界史を左右することを実感中なんだからもっと真面目に牛疫がモンゴルの制覇を助けたことを研究すべき 。

763:

ペストによる衰退は要因の一つとして挙げられてるのにな 。

767:

周りに馬鹿しか居なかったのと数だけら多かっただけの話 。

768:

多分そんなんは昔からやってたと思うで
防御側が矢じりにウンコ付けるなんて古今東西当たり前レベル 。

769:

むしろ牛疫が怖いのでヨーロッパ人は戦わずに逃げていたかもしれん 。

770:

プレスター・ジョンではなかった 。

771:

ホシュート「チベット総本山が乱れている…正しに行くぞ」
チベット「あなた様こそ統治者にふさわしい!」
ホシュート「ダライ・ラマ制ひくわ、じゃあ暮らすわ」モンゴル騎兵ドーン 。

773:

ムガール帝国とモンゴル帝国って どっちがパクリなの? 。

774:

日本NHK特? – 大蒙古·文明之道!
https://www.youtube.com/watch?v=bNfolRU3sCQ

775:

こだわりがないどころかイルハン朝はムスリムに改宗している。

ムガル朝はティムールの血統でチンギスハン一族とは関係ない。元はチャガタイハン国の内紛からのし上がった小貴族に過ぎない

無知がすぎるぞ低学歴無職貧困ジジイバカウヨw 。


779:

>>775
汗国というレジームの一部だったら
まったく無関係とも言えないだろ。創始者の
チャガタイ自身が成吉思汗の子どもなんだから 。

797:

>>779
低学歴無職貧困ジジイバカウヨはティムールがチンギスハンの黄氏族と関係ないことも知らない低学歴無職貧困ジジイバカウヨw 。

800:

>>797
チャガタイ・ハン国の系統だったら
まったく関係ないことはねえだろ
って書いたらなんでネトウヨなんだよ

会津小鉄会が会津と関係ないことはないぐらいには
あるだろ 。


824:

>>775
ムガール帝国の創始者のバーブルは父方はティムール、母方はチンギスハーンの血を引いてることを終生誇りとしていたんだが 。

825:

>>824
俺も清和源氏の血を引いてるのを誇りにしてるよ、ただの庶民だけど 。

781:

全然すごくないだろ
クソザコ国しか倒してないやん 。

782:

>>781
ホラズム・シャー朝
ルーシ大公国
ノヴゴロド公国
モスクワ公国
アッバース朝
グルジア王国
大アルメニア王国
ポーランド王国
ハンガリー
チベット

南宋 。

784:

>>782
南宋とアッバース朝は雑魚じゃないわな 。

788:

>>784
バグダード包囲時のアッバース朝は雑魚だと思う。 。

826:

>>788
バグダッドに戦略的価値はないからと杉山はモンゴルのバグダッド侵攻を1行で済ませた
イスラムだけでなくキリスト教徒にとっても学問の都が落とされ略奪され貴重な文書が焼かれたと大きなショックを与えた出来事だったが 。

802:

>>799
チムールはチンギスハーンと同族の血統でモンゴル汗国の執権の地位やったやんけ 。

783:

>>781
西遼
西夏
大真国
大理国
高麗
天山ウイグル王国
ルーム・セルジューク朝 。

787:

この顔グラ主人公補性w
https://retrogamez.net/wp-content/uploads/fc1010.png

789:

チンギスハンが転生したのが校長 。

790:

やーやー我こそはわー 。

793:

騎乗で矢を撃ちかけてくるっていうと
ローマ軍が苦しめられたパルティアンショット
紀元前2世紀頃 。

794:

最近イランの若いが騎射してる動画みたら、日本の流鏑馬が児戯に見えるくらい見事だったね 。

795:

速い馬と遠くまで飛ばせる弓
これに尽きる
根本的には戦闘の強さの本質はずっと変わってない 。

827:

>>795
モンゴル人と鎌倉武士が乗るのはチョロQみたいな馬。
別々のルーツだが装備はほぼ一致。どちらも世界最強。
https://static.boredpanda.com/blog/wp-content/uploads/2018/08/Ancient-Horse-Culture-Of-The-Mongols-In-My-Recent-Photo-shoots-5b7a54b08be70__880.jpg
https://i.imgur.com/kA57rDC.jpg

830:

>>827
さりげなくジャップホルホルするスタイル 。

796:

チンギスハーンが偉大だったから ・・・ってそれじゃ答えにならないか 。

804:

>>796
それ抜きには語れんやろ、アッティラとチンギス・ハーンは歴史がたまたま産み出したイレギュラーな存在
残虐、好戦的、強い、頭良い、無限の欲望、周辺には長期王朝で衰えた国々

何一つ欠けてもなし得ない、戦術なんて結果論やで 。


810:

>>804
ティムールでもあれだけの結果残してるんだからイレギュラーではあり得ない 。

798:

お前らのモンゴル好きは異常 。

801:

他国が騎士維持するのにベラボーなリソース費やして維持してたのち対し遊牧民は生まれてまもない
頃から馬上生活、全員生粋の騎兵ですわ

カンネーの戦いみても判るように神速の騎馬軍団なら包囲殲滅もお茶の子サイサイだからな 。


803:

チンギス統原理というのがあってこれはチンギスハーンの子孫以外はハーンを名乗れないというものである
後世他の部族が勃興した場合で実力があってもとりあえずチンギスハーンの子孫をハーンとして認めなければならない
チムールがハーンを名乗れなかったというのは有名な話だ 。

806:

オルドを充実させたかったから最強なんだろ 。

807:

戦闘全振りのバカだったためすぐ同化した模様 。

813:

>>809
クリミアハン国が最後かね
元はキプチャクハン国 。

816:


818:

映画 「モンゴル (蒙古王)」 2007
監督: セルゲイ・ポドロフ
出演:浅野忠信、孫紅雷(スン・ホンレイ)、他
製作:ドイツ・カザフスタン・ロシア・モンゴル合作
予告編:https://eiga.com/movie/53478/video/
本 編:https://www.youtube.com/watch?v=FtZzNnC8-Qc

852:


819:

ベラルーシってのは教科書で習っただろうけど、白ロシアって意味な
ベールィ(白い)ロシア→白ロシア
で、なんで白かっていうと、中国の考え方に東西南北を色で表す思想がある。
朱雀(赤→北)、青龍(青→東)、玄武(黒→南)、白虎(白→西)
西ロシアだから白ロシア
これはモンゴル帝国が欧州に達した時に、こういう名前を付けられた。

嘘のようで本当の話。信じられない奴は、「白虎 白ロシア」で検索するとよい。
北大のロシア研究所の論文などがヒットするので。 。


823:

誰もが当たり前のように騎射が出来たらしいけどそれよりも驚異だったのが
最新のネットワークを駆使した情報戦を使っていたこと 。

833:

戦術もすごいんだよなあ
モンゴル=弓騎兵という固定観念を逆手にとって、高速で移動してから馬を降りて馬では通れないところを突破して不意討ちをかけたりしてる 。

834:

三国志の時代、関羽が曹操にくだってた時に関羽はイベントを開いた。あるゆる部族民族宗教が参加してもいい飲み会。異民族のギャングや、弾圧されてた道教、弱小だった仏教も参加した。一人の青年が叫ぶ。「北の果て小さな部族の俺がこの天下のことを考えてもいいのか?」
関羽は答える「国境はなんてない。民族という堺もない。みんないっしょ」
感動した青年は故郷に帰ってその思想を伝える。その青年はモンゴル族だった。 。

836:

中国人の耶律楚材とか有名やな
昔陳舜臣の小説読んだ気がする 。

837:

やりつそざいはどうなん? 。

843:

>>837
ただの一書記官だったというのが本当のところじゃないかな 。

850:

>>837
耶律阿海だったらペルシア語の資料にものってるんだけど楚材は中国語の資料にしか出てこないみたいなので色々と疑問もある 。

838:

チンギスハンが勃興したのは隣の帝国の方針もある
反抗的な部族をチンギスを使って弱体化させていたわけ
まあそのせいでチンギスハンが強大化しては滅ぼされるんだが 。

839:

国民全員が武田の騎馬隊みたいなもんだろ 。

844:

山羊の乳飲んでるから 。

853:


854:

襄陽落とすときは城壁の上から外見えねーくらい土木建築してトレビュシェット使ってたらしい
城からでると弓騎兵の餌食だしどうにもなんねえ
https://i.imgur.com/mrMuSDj.jpg

856:

>>854
投石器というのは腰を据えて城を攻める分には使える兵器だが、
野戦で使うのは人手を使いすぎ、取り回しが効かない。
なかなか映画のようにはいかない。
世界史板のスレッド | itest.5ch.net
5ちゃんねるをスマートフォン ( iphone android )で快適に楽しめます。5chスマホ専用ブラウザ!アプリインストール不要。

873:

>>856
普通はそうだけどそれをやってのけたのがチンギス・ハーン
投石器をバラして馬で戦場まで運んで現地で組み立てるとか色々工夫してたみたい 。

855:


858:

>>855
のほんごふきかえみたい 。

857:

騎射得意
天幕生活で移動生活に慣れてる

これだけで遠征と野戦に強いのは察しがつく 。


859:

まあ蒙古時代のウイグルとムスリム化したウイグルが同じかどうかはかなり怪しいけどな
もともとあった非イスラム系寺院はぶっ壊されてホージャ(笑)に主導されるカルト地域化したしな 。

860:

ポストチンギスの時代なんてとっくに対策できてるし、皆蒙古式取り入れてるやろし、当時の山賊が軍隊化したほど狂暴でもないだろ
戦国時代だって一度鉄砲で痛い目見たら次の戦には対策してるよ、小枝の束で防ぐなんて常識やったらしいやん 。

862:

遊牧民は昔から強い
海の時代になるまで強い 。

872:

>>862
火薬の時代でしょ?
実際、ポルトガル製大砲で武装した袁崇煥率いる明軍は突破できなかったやん 。

863:

【刀伊の入寇】 知られざる歴史・刀伊 (真族) の入寇!

元寇の前にも日本は朝鮮半島から頻繁に来襲 (韓寇) を
受けてました。それらの中でも大規模な来襲があったのです。
それが、「刀伊の入寇」 です。寛仁3年 (1019年)
https://www.youtube.com/watch?v=Tmrj5FV_AQs


864:

国王が軍人の独裁だったから強い
他の王朝は大体内紛してたり国王にやる気がない 。

865:

>>864
大日本帝国という国があってだな 。

867:

>>865
Great Britainのグレートの意味を間違えて
真似してしまった恥ずかしい帝国 。

866:

1. モンゴル帝国総合スレ
http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/whis/1575377032/
2. モンゴル帝国
http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/whis/1535883775/
3. モンゴル帝国って何で東欧すら征服できなかったの?
http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/whis/1523839317/
4. 蒙古に勝った鎌倉武士最強説
http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/whis/1491306395/
5. 大陸でモンゴル軍を食い止める方法教えて下さい。
http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/whis/1446687209/
6. チュルクとモンゴルはなぜ差がついたのか?
http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/whis/1438449994/
7. モンゴル帝国総合スレ
https://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/whis/1396366893/
8. モンゴル古典文学 vs 中国古典文学
http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/kobun/1481701174/
9. 元寇
http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/whis/1362616647/
10. なんで元寇って過小評価されてるの??
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/history/1506082076/
11. 【蒙古襲来】 元寇 【文永・弘安の役】8
https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/army/1473859344/
12. どうすれば蒙古は日本を完全制圧できたか?
どうすれば蒙古は日本を完全制圧できたか?

875:


877:

第六十九集:蒙古?起【中国通史 | China History】
https://www.youtube.com/watch?v=mbAKh7IV8mo

第七十集:忽必烈大帝【中国通史 | China History
https://www.youtube.com/watch?v=ElGtIPOsvvQ

第七十一集:?都巡幸【中国通史 | China History】
https://www.youtube.com/watch?v=sGPUQMy5ELE


878:

そら当時の最速の乗り物だもんよ
それもモンゴル人の皆が単体で運用できるとか最強だろ
馬車とか運用が大変だぞ 。

 ⬇人気の記事!⬇

タイトルとURLをコピーしました