スターウォーズ オープニングクロールのまとめ(全文+日本語訳)

スターウォーズ 映画

スター・ウォーズ」のオープニングに流れる説明文。初見ではなかなか飲み込めないこの文章をあらかじめ理解しておくと物語の世界観をつかむのに役立ちます。

スターウォーズのオープニング・クロール(ロール・アップ)

スター・ウォーズ」名物の「あらすじ説明オープニング」ことオープニング・クロール。壮大な世界観をもったこの作品をコンパクトに紹介するにはかかせないものです

一般にOpening Crawl や Roll-up ,Opening creditsなどと呼ばれています。
日本ではオープニング・ロールと呼ぶ人が多いようです。

スターウォーズは現在全6作品で完結しており、最初に公開されたものが原作で4番目のエピソード、以後エピソードⅤ、Ⅵと公開されました。時を経てストーリー展開が過去に遡り、Ⅰ、Ⅱ、Ⅲの製作が後になった理由は、特撮技術が近年になりようやくルーカス監督の思い描く世界を実現できるようになったからということで、監督が温めていた構想が永年かけて遂に実現した形です。

『帝国の逆襲』では、オープニング・クロールも上映される各国の言葉で作られました。日本ではもちろん、STARWARSのロゴ、エピソード表記、本文、すべてが日本語でした。しかし、極めて評判が悪かったため、ビデオ化の際に英語に戻されたのです。リバイバル公開の際も初公開時と同じプリントが使用されたので、日本語でした。特別篇ではもちろん英語です。

『帝国の逆襲』:エピソード5(Episode V – The Empire Strikes Back)

日本語のオープニング・クロールの例。
のちにTV放送された日本語吹替版では各エピソードとも日本語のオープニング・クロールが流されました。

オリジナル劇場版(画面左)とBlue-ray版(画面右)のオープニング・クロールの比較。(エピソード5)エピソード4の劇場公開以来、時を経るに伴い媒体やエディションによって様々な変化を遂げています。

▼このオープニング・クロールは古典SF映画のオマージュとされる

スター・ウォーズ』シリーズはどのエピソードでも、冒頭で物語の背景を説明する文字の列が宇宙をバックに流れるが、それは1940年の『フラッシュ・ゴードン 宇宙征服』(Flash Gordon Conquers the Universe)から影響を受けたものだ。

1940年のユニバーサル映画『フラッシュ・ゴードン 宇宙征服(Flash Gordon Conquers the Universe)』 に登場するものが「スター・ウォーズ」のオープニング・クロールの元ネタになっていると考えられています。

『フラッシュ・ゴードン 宇宙征服(Flash Gordon Conquers the Universe)』は1936年から1940年にかけて制作された『フラッシュ・ゴードン』シリーズ三部作の最後の作品。12話に分かれており、画面奥へスクロールする部分の初出は 19:40頃~のChapter2、以降各話の冒頭で流れます。

ジョージ・ルーカスは『フラッシュ・ゴードン』の映画化を念願していたが、映画化権がおさえられていたので『スター・ウォーズ』を製作したという。

ルーカス以外にも多くの監督がリメイクを希望していましたが、1980年にマイク・ホッジス監督でリメイクされました。(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BB%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%B3_(%E6%98%A0%E7%94%BB))

スター・ウォーズとフラッシュ・ゴードンを比較したもの。

こちらはファッション誌『ヴォーグ』に1974年に掲載された広告。そう、「遠い昔、遥か彼方の銀河系で…」で始まる『スター・ウォーズ』のオープニングにそっくりです。スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の公開は1977年。ということは…もしかしてルーカスさん、この広告 をパクった のオマージュった?

ただし上記にあるように、直接的には「VOGUE」の広告からオープニングクロールの着想を得たのではないかとも言われています。

更にこの『フラッシュ・ゴードン 宇宙征服』で使われたオープニング・クロールに似通っているのが1939年公開のセシル・B・デミル監督の『大平原(Union Pacific)』のオープニング。この作品ではスクロールするのはタイトルクレジット部分までで、物語を説明する前文(FOREWORD)の箇所はスクロールしていない。『大平原』はプロットにもスター・ウォーズに似通っている部分がある。

線路を背景にタイトルがスクロールしていく『大平原(Union Pacific)』のオープニングシーン。

画面奥の方にスクロールしてゆくオープニングクレジットタイトルは『スターウォーズ』で、ルーカスが真似したことで有名。

なお『大平原』や『駅馬車』とともに西部劇の名作とされている1936年の『平原児(The Plainsman)』のオープニングのタイトル表示も同様に画面の奥にスクロールする形式になっている(『平原児』でもタイトルのあとの物語説明部分はスクロールしない http://www.youtube.com/watch?v=ylXTSThBasc

▼冒頭の前文~ロゴ:各エピソード共通

それでは各エピソードごとのオープンング・クロールの英文と和訳を確認していきましょう。まずは各話共通の前文から。

A long time ago in a galaxy far, far away….

遠い昔、はるかかなたの銀河系で….

出典スカパー!ザ・シネマ「スターウォーズ エピソード1~6」字幕版

“A long time ago in a galaxcy far,far away….”(昔むかし、遥か銀河の彼方で・・・)という冒頭の表現はおとぎ話のセンスである。ルーカスが物語りを書くにあたり、ファンタジーの原形である様々な童話や神話を読破し、宗教と哲学の比較に感心を持つようになった。

次いで各エピソード共通のスターウォーズのロゴが現れます。

これに続いてエピソードごとの文章が流れていきます。

▼エピソード1:ファントム・メナス

Star Wars: Episode I – The Phantom Menace

Turmoil has engulfed the Galactic Republic. The taxation of trade routes to outlying star systems is in dispute.

Hoping to resolve the matter with a blockade of deadly battleships, the greedy Trade Federation has stopped all shipping to the small planet of Naboo.

While the congress of the Republic endlessly debates this alarming chain of events, the Supreme Chancellor has secretly dispatched two Jedi Knights, the guardians of peace and justice in the galaxy, to settle the conflict….

銀河共和国には混乱が渦巻いていた。辺境の星との交易での課税の是非で意見が割れたのだ。貪欲な通商連合は恐るべき宇宙戦艦の包囲で事態解決を図り小さな惑星ナブーへの航路を封鎖してしまった。この非常事態に共和国議会は果てしない討議をただ繰り返すばかり。共和国最高議長は紛争解決のために平和と正義の守護者ジェダイの騎士2人を特使として秘密裏に派遣したのだった….

出典スカパー!ザ・シネマ「スターウォーズ エピソード1」字幕版

▼エピソード2:クローンの攻撃

Star Wars: Episode II – Attack of the Clones

There is unrest in the Galactic Senate. Several thousand solar systems have declared their intention to leave the Republic.

This separatist movement, under the leadership of the mysterious Count Dooku, has made it difficult for the limited number of Jedi Knights to maintain peace and order in the galaxy.

Senator Amidala, the former Queen of Naboo, is returning to the Galactic Senate to vote on the critical issue of creating an ARMY OF THE REPUBLIC to assist the overwhelmed Jedi….

銀河元老院は暗雲に覆われていた。数千の恒星系が銀河共和国からの離脱を表明したのだ。ドゥークー伯爵に指揮された分離主義勢力のこうした動きによってジェダイ・ナイトが限りある人員の中で銀河の平和と秩序を維持するのは困難になっていた。かつてのナブーの王アミダラ元老院議員は銀河元老院へと向かっていた。今や劣勢となったジェダイを支援するために 共和国に軍隊を創設すべきか否かという重大な議案に一票を投じるために….

出典スカパー!ザ・シネマ「スターウォーズ エピソード2」字幕版

▼エピソード3:シスの復讐

Star Wars: Episode III – Revenge of the Sith

War! The Republic is crumbling under attacks by the ruthless Sith Lord, Count Dooku. There are heroes on both sides. Evil is everywhere.

In a stunning move, the fiendish droid leader, General Grievous, has swept into the Republic capital and kidnapped Chancellor Palpatine, leader of the Galactic Senate.

As the Separatist Droid Army attempts to flee the besieged capital with their valuable hostage, two Jedi Knights lead a desperate mission to rescue the captive Chancellor….

戦争だ!共和国を襲うシスの暗黒卿ドゥークー伯爵。双方に英雄が生まれ悪が世を支配した。ドロイド軍を率いるグリーバス将軍は共和国の首都を急襲。パルパティーン最高議長を誘拐した。分離主義勢力のドロイド軍が人質を連れ出そうとするころ2人のジェダイ騎士がその救出に向かった。

出典スカパー!ザ・シネマ「スターウォーズ エピソード3」字幕版

▼エピソード4:新たなる希望

Star Wars: Episode IV – A New Hope

It is a period of civil war. Rebel spaceships, striking from a hidden base, have won their first victory against the evil Galactic Empire.

During the battle, Rebel spies managed to steal secret plans to the Empire’s ultimate weapon, the DEATH STAR, an armored space station with enough power to destroy an entire planet.

EP4-1(naverの引用欄文字数制限の関係で2つに分けています)

Pursued by the Empire’s sinister agents, Princess Leia races home aboard her starship, custodian of the stolen plans that can save her people and restore freedom to the galaxy….

EP4-2(naverの引用欄文字数制限の関係で2つに分けています)

時は内乱のさなか。凶悪な銀河帝国の支配に反乱軍の秘密基地から奇襲を仕掛け帝国に対し初めて勝利を収めた。更にその戦闘の合間に反乱軍のスパイは帝国軍の究極兵器の設計図を盗み出すことに成功。それは”デス・スター”と呼ばれ惑星をも粉々にするパワーを持つ宇宙要塞基地だった。凶悪な帝国軍に追われながらレイア姫は盗み出した設計図を手に故郷へと急いだ。人類を救い銀河に自由を取り戻すために….

出典スカパー!ザ・シネマ「スターウォーズ エピソード4」字幕版

▼エピソード5:帝国の逆襲

Star Wars: Episode V – The Empire Strikes Back

It is a dark time for the Rebellion. Although the Death Star has been destroyed, Imperial troops have driven the Rebel forces from their hidden base and pursued them across the galaxy.

Evading the dreaded Imperial Starfleet, a group of freedom fighters led by Luke Skywalker have established a new secret base on the remote ice world of Hoth.

The evil lord Darth Vader, obsessed with finding young Skywalker, has dispatched thousands of remote probes into the far reaches of space….

反乱軍にとって試練の時だった。デス・スターを破壊されながらも帝国軍は反乱軍を追い詰め秘密基地からの撤退を余儀なくさせた。恐るべき帝国宇宙艦隊の追撃から逃れたルーク・スカイウォーカー率いる自由の戦士たちは辺境の氷の惑星ホスに新たな秘密基地を建設した。若きスカイウォーカーを捜すことに執念を燃やすダース・ベイダーは無数の探査ドロイドを銀河全域にくまなく放ったのだった….

出典スカパー!ザ・シネマ「スターウォーズ エピソード5」字幕版

▼エピソード6:ジェダイの帰還(ジェダイの復讐

Star Wars: Episode VI – Return of the Jedi

Luke Skywalker has returned to his home planet of Tatooine in an attempt to rescue his friend Han Solo from the clutches of the vile gangster Jabba the Hutt.

Little does Luke know that the GALACTIC EMPIRE has secretly begun construction on a new armored space station even more powerful than the first dreaded Death Star.

When completed, this ultimate weapon will spell certain doom for the small band of rebels struggling to restore freedom to the galaxy….

ルーク・スカイウォーカーは卑劣な悪党ジャバ・ザ・ハットに囚われの身となっている盟友ハン・ソロを救出するべく故郷の惑星タトゥイーンへと戻った。だがルークの知らぬ間に銀河帝国は秘密裏に新たな宇宙要塞の建造に着手していた。それはあの恐るべき初代デス・スターをはるかに上回る強力な装備を持っていた。この究極兵器が完成してしまったら銀河系に再び自由をもたらすため戦い続けている少数の反乱軍はひとたまりもなく壊滅してしまうだろう….

出典スカパー!ザ・シネマ「スターウォーズ エピソード6」字幕版

▼参考:スターウォーズのオープニング・クロールのイメージを使った作品

スター・ウォーズ』風のオープニング・クロールを作品中に取り入れた映画やドラマは多数存在するが『オースティン・パワーズ:デラックス』の冒頭で流れるものもそのひとつ。

いきなり冒頭から“スター・ウォーズ”ライクなテロップ表示で前作の粗筋を紹介し、そして007ライクなミュージックが流れてくる。

Austin Powers The Spy Who Shagged Me part 1
http://www.youtube.com/watch?v=UTVcj-NyNwk

▼関連リンク

 ⬇人気の記事!⬇

タイトルとURLをコピーしました