「ネットゲーム依存症」の注意点とは? 問題点 利点と難点 抜け出すには

ゲーム

ネットゲーム依存症が年々増加し日本でも問題視され始めています。またネットゲームのやりすぎで世界でも社会問題となっています。ネットゲーム依存症にならないための注意点などを紹介します。

ネトゲ依存症とは、一般的に半年以上ネットゲームにほぼ毎日ログインし、ネットゲームが生活の大半を占めるようになっている状態

依存度合いは、人によって変わりますが「ほぼ毎日ログイン」これをクリアしていれば十分にネットゲ依存傾向にあると言えます

•学生の試験や就職活動をほったらかして、ネットゲームにはまってしまう人が多い

•ネットでしか交流できなくなる人がいる

ゲーム内のアイテムを実際の現で取引(RMT)が横行しているのでただのデータに月うん十万円も使ってしまう人がいる

•ネットゲームが生活のメインになってしまい、風呂、食事、睡眠以外はネットゲームという人が少なからずいる
などなど

一概に無駄とは言えませんが多くの人にとっては時間の浪費であることには間違いないと思います

ネットゲームはたしかに面白く、はまる要素が満載でゲーム開発会社などもその辺を考慮してゲームを作成していることでしょう

ネットゲームも少しだけならストレス発散などにもなるだろうし、おのかからない趣味としてはいいと思います

しかし、ネトゲは人によっては毎日8時間以上もプレイしたり、
寝不足なのにプレイし自分の仕事や学業に支障をきたらす人がいるので、
そういう人は自分で規制することが重要なのではないでしょうか?

利点
○現実世界で実行出来ない事柄を疑似体験出来る。
○現実世界以外の知り合いがつくれる(別コミュニティの形成)
○またその知り合いとは交通費や諸経費が掛かることなく遊べる
○通常生活していては知りえない情報を得られる
○自分以外の価値観に触れられるチャンスが現実以上に多い
○ネット世界の知り合いが、現実世界の友人になれるチャンスがある

難点
●コミュニティの一方的な断絶が難しい(ゲームを辞める)
⇒現実世界で例えれば、連絡先も教えずに夜逃げするのと変わりません。

●体験していない事の知識のみを吸収できてしまう
⇒これ、危険です。経験が先の知識が後の方が私個人はいいと思います。場合によっては逆の方がいいのかも、ですが

●表情が読めないため、相手の感情を理解しにくいまたは理解したと思っていても相手が同様に思っていないことが多々ある。
どうしても感情の乗っていない言葉でのコミュニケーションですので意見の食い違いが発生してしまいます。

※これを緩和する為に生まれたのが顔文字といっても良く、コミュニケーションを円滑にする優れたツールと思えます。

●現実世界がおざなりになってしまう
⇒チョットだけ、このくらいなら大丈夫というのも危険信号です。

難点は大体が現実世界を省みなくなることや、精神的な部分が多くを占めました。
私の周りでも某RPGにハマって会社を辞め、現在親御さんの扶養の下に入院され
ているかたもいらっしゃいます。また消息不明になった方も1人や2人ではありません。
特にレベルがあるゲームの場合にこの傾向にあるようですね。
お国柄によっては死人が出ていることですし健康には注意しましょうということで。

ネトゲ中毒(依存)から抜け出すには

正直、一度ネットゲームにのめりこむとその世界から抜け出すのはなかなか大変です

人によって違いますが、1つのゲームタイトルに大体半年から3年くらいはプレイしている人が多いんじゃないでしょうか?

ネトゲ中毒から抜け出す方法として一番いい方法はネトゲ自体、最初から触らない事です。

ネトゲ自体だいたい「半年から1年くらいで飽きます。」
しかしその後、すんなり止めればいいのですが、なぜか毎日毎日だらだらとログインしてしまいます

なので、1つのゲームタイトルにはまってしまって「ヤバイ」と感じたら
「次の新しいネトゲはやらない」という事が大切という事です

基本的に、画面の向こうでプレイヤーを動かしているのは、他の人間です

人間同士がプレイしているのだから、出会いや別れがあるのはネトゲといえでも同じです

ネトゲではじめて恋人ができた

ネトゲで知り合った人と結婚した

こういう話は割りと耳にするようになってきたのも事実です

子供がネトゲに熱中しすぎて困っている

こういう親はめずらしくありません

無理やり止めさすのも可能でしょうが、海外では殺人などの事件にも発展しているので注意が必要です

•子供がネトゲ自体を飽きるまで、待つ
パソコン自体を無くす
•回線をしばらくの間止めてみる
•子供とちゃんと話をしてみる

いろいろ方法がありますが、まずは
「子供と向き合ってちゃんと話をしなくてはいけない」のではないでしょうか?

そんなことはありません
自分の好きな時に好きなだけやるといいんじゃないでしょうか?

ネトゲはたしかに楽しいですし、プレイしている時はそのゲームに集中し嫌な事も忘れ没頭できます

しかし、やりすぎたために自分の時間を失うこと

現実と見境いが付かなくなって事件をおこしてしまう人がいることを
頭に入れておく必要があると思います

過去にネトゲにはまっていた人の言葉

•一番最初に彼失って
次に友達失って
次に学力失って
最後に居ても良い世界を失ったよ。

•半年廃人生活して人間関係を失ったな。
RMTで140万入ったけど使い道ねえや。

•大学卒業寸前まで行ってて無くなった学歴と
4年間以上のの時間と
自分の元々持っていた人間関係の約半分と
していた30万

手に入れた物は某ネトゲの上位ギルドの地位とRMTに換算すると15万の資産

突然バカバカしくなって辞めたが遅かった…
仕事がないorz

ゲーム自体、あきてるのに惰性でログインしてた
いい加減止めたいのにPCの前に座るとログインしなくちゃいけないような気になっていた・・・

そんなある日、同じゲームの「エミュ鯖」をプレイしてみた

サクサクLVが上がるし、アイテムドロップ率も高いから
「今までの苦労は、何だったんだ?」と
急にバカバカしくなって止めれた

•25歳大学院生。
大学院は講義が少ないので自分で計画を立てて研究するわけだが、
ネトゲにはまって研究室に行かない日もでてきた。
同期はどんどん論文かいて海外発表に行ったり、
作ったり結婚したりとどんどん追い抜かれていった。
去年の秋にRMTで財産処分して引退した。
今年に2ヶ月復帰してまた引退。
ネトゲの中毒性はやばいね。今でもスレ見てるしね。

出典過去にネトゲにはまっていた人達 | ネトゲの脅威

•たしかにプレイしている時はとても楽しく、仕事で嫌なことがあっても考えなくなくて最高だった。
でもそれは、ただ現実逃避しているだけということに気付いてやめた。

•これからネットゲームをプレイする者へ

あなたがネットゲームをプレイするのは自由です

ただ・・・・元ネトゲ廃人の俺から言わせてくれ

月額無料のアイテム課だけはやめとけ!!!

•彼を失い、そして友人を失ったが新しいネットの彼が出来たw

 ⬇人気の記事!⬇

タイトルとURLをコピーしました