採血がヘタな人に当っても泣かない注射の痛みを減らす方法があった

看護師

嫌だけど採血しなければならない場合を除いて、注射好きの人の話を聞いたことは少ないと思います。看護師さんの中にも上手な人とヘタな人に分かれますが、もし、採血がヘタな人に当っても泣かないで、注射の痛みを減らす方法を紹介します。

駆血帯(くけつたい)

駆血帯をきつくしばると、静脈だけではなく動脈血まで血流を落としてしまい、うまく血管が盛り上がってきません。

動脈まで圧を落としては、本末転倒です。

2.針を刺す部位を手でパチパチたたく

手でたたく行為は自分で失敗する可能性を上げています。

3. いったんアルコール綿で消毒したにもかかわらず、針を刺す直前にもう一度、指先で触って血管を確認する

採血がどうしてもうまくいきません。失敗することが多く、自分は向いてないんじゃないかと、落ち込むことが多いです・・・。

注射苦手ナースです。不器用で、いい血管を捜せないからです。 失敗したらどうしよ、とプレッシャーがかかるとますます上手くいきません。

緊張してしまい手が震えて肩に力が入って失敗してしまいます。 病院で採血をしていた時は程良く緊張はしていましたが、 肩に力が入り手が震えることはなく数をこなしていました。 今で出来ていた採血が出来なくなり、落ち込んでいます。

□できうる限り一発で決めてほしいと患者さんは願うもの

看護師や医師が、針を刺すときに患者との呼吸をうまく合わせることができたりすれば痛みが軽減されるというが、それも注射するほうの「コツ」によるところが大きい。

自信がなさそうな人に当たってしまったら、「交代して欲しい」とおっしゃっていただいてかまいません。

□自衛策として「少しでも注射の痛みを和らげる方法」をご紹介していきます。

注射針が自分に刺さる様子を見つめない

自分に注射針が刺さるのを怖くて見てしまう人がいますが、痛がりな人は針を見ないことをお勧めします。人間は身体のどこかのパーツに意識を向けると、その部分が感覚的ですが鋭くなります

息を吐きお腹をへこます

息を吸った後、お腹をへこませて息を吐いていくときに針が刺さると痛みが緩和されます。

これはお腹に意識が集中するためなので、”ピーピー”の方はやめておきましょう。

そして、注射を刺すところをつねっておくことも効果的です。つねった時の痛みで、注射された際の痛みを緩和することができます。

人は複数の痛みを同時に感じることはできず、つねって痛みに慣れておくことで注射の痛みを軽減できます。

注射を打つ前に注射の打つ、肘の上のお肉の薄いところをギュッーと数秒押さえてから、注射してもらうと刺す時の痛みは、麻痺してしまうのか痛くないです。

これは、病院で痛いのが嫌なのでと言って痛くない方法を聞くのもいいかもしれないです。私の場合は、勝手に押さえていますけど痛くないですよ。

最大の敵は「恐怖心」です。

注射は力を抜く、というかリラックスすると筋肉が硬くならず、注射の針が刺さりやすいため痛くなくなるそうです。

まずは力を抜くことが必要で、痛いということを考えないようにしましょう。また注射されるところをつねったり、太ももをつねったりすると、その痛みでごまかすことができます。

注射が苦手な方は、出来る限り力を抜いて注射に臨んでみてください。

 ⬇人気の記事!⬇

タイトルとURLをコピーしました