【働く】すぐ会社を辞める人と辞めない人・・どういう特徴があるのか

仕事・就職

会社に入ると、会社を辞める人と辞めない人で二極化していきます。これらの人は、どういった特徴があるのでしょうか。

すぐに会社を辞める人はどんな人?

20代~30代前半までは、他の企業も中途採用で迎え入れることがよくあります。ですから、この年齢のうちにいい会社にいこうと、転職を考える人がいます。

なんでも最近の若者は耐えることを知らず、嫌なことがあるとすぐに逃げ出すらしく、責任感が欠如しているんだとか。

数年前から「若者の早期離職」が社会問題となっていますが、営業組織では特にこの傾向が強いように思われます。

転職を何度も繰り返している人は、自分に合わないと思うとすぐに辞める傾向にあります。

何故こんなにも転職をしているのかと友達に聞いてみると、自分とは合わない会社だと言って何度も転職しているようなのです。

こういった人は満足することが中々なく、会社を転々と渡り歩いて落ち着くことがありません。

今までとは毛色の違う人を採用してしまうと、その人は周囲から浮くことになります。

周りの人はその人を敬遠するので、その人は居辛くなり、やがて辞めていってしまうかもしれません。

特に最近では職場の人間関係を理由として退職する人が増えている。

会社を辞めない人はどんな人?

結論から言うと、結局会社を辞めたい人って会社辞めないですよね。ただ会社のグチを言いたいだけ。

そもそも、本当に会社を辞めたい、ブラック企業を脱出したい、と本気で思っていたら、状況を打破するために何かしらの行動を起こします。

「どうしてこの人は、こんなに不満なのに辞めないんだろう」と思っていた。そういう人は、「前の会社を辞めなきゃよかった」ということもよく言っていた。

それはそれほど不満があるわけではなくて、単なる口癖みたいなものだということがわかってきた。不満を言っていると、そのうち少しだけ待遇が改善する場合もあったんだと思う。

年齢が高い人

年齢的に後がない人は、40代以上の人のことで、転職しようにも需要がないために、移ることができなくなった人のことです。

高齢者は仕事を1つ見つけるのも大変です。実際、「なかなか仕事がない。」という声をよく聞きます。これはどの会社も高齢者を敬遠しているからです。

辞めれば生活できなくなるわけですから辞めないのです。このように高齢者は若い人より離職率が低いのです。

これといった学歴・職歴もなく、年齢も若くない人は会社が嫌でも辞めることすらできません。実際、家族のため子供のために我慢して勤めを続けている人もかなりの数いらっしゃるのではないでしょうか。

能力的に後がない人とは、役に立たないのでどこの会社でも採用してもらえない人のことです。

ぶら下がり社員は、とにかく「会社を辞める気はない」という点です。ぶら下がり社員は仕事に対するモチベーションを持たないため、手を抜いても構わない状況、社員本人の裁量で行える仕事などでは平気で手を抜きます。

彼らは会社を辞めないが、かといって頑張りもせず会社にぶら下がっている

「会社への忠義の心の薄い」人々が会社に残っているのは何故でしょうか。答えは簡単なことです。他所に移りたくとも、本来の能力を発揮する機会(モチベーション)を失い、結果として能力を磨くことができなかったため

 ⬇人気の記事!⬇

タイトルとURLをコピーしました