ポケモンYで、イーブイを何に進化させるか悩んでいます。 4V×5Vで5Vのイーブイが結構いっぱ…

ポケモン

ポケモンYで、イーブイを何に進化させるか悩んでいます。
4V×5Vで5Vのイーブイが結構いっぱい出来たのですが、性格上伸びやすいところとVの位置が一致していないのが居たりなど色々ありまして何に進化させるか悩み中です

とりあえず6匹上げておきます。全て夢特性ではありません。
(HABCDS)の中がVでない箇所です。後ろが弱体化したとはいえちらほら見るめざめるパワーのタイプ(今まであまり使ったことはありませんが参考に)
①おくびょう(A)・ドラゴン
②ひかえめ(B)・あく
③ずぶとい(D)・はがね
④さみしがり(C)・でんき
⑤しんちょう(D)・はがね
⑥れいせい(D)・あく

今までで60個ぐらい産みましたけどまた産む必要はありますかね・・・
あるとしたら何の組み合わせ(性格と4V5VでVがないところの組み合わせ)が良いですか?

  1. 匿名 より:

    育てたいポケモンを最初に決め、特性や技をしっかり把握してから作業を行わないと無駄に時間を使うことが多いので、計画は作業前に立てておきましょう。
    そうしないといくら作業しても徒労に終わりやすく、増えすぎて無駄に埋めてしまい、結果的に逃がさざるを得なかったりポケモンバンクを利用することになります。
    私はBW2以前で厳選しましたが、6ボックスは埋まった気がします。なので、大量のボックスが埋まると覚悟する必要があります。
    特に♀を採用する場合はなおさら(実際、8種類×XY両方の分の計16匹、すべて♀を採用した)。

    また、一部のポケモンは隠れ特性がほぼ必須であるものもいるので、それも最初に把握しておきましょう。
    GTSやミラクル交換も利用すると、厳選余りの個体が来ることがあるので、それを利用するのもありだと思います。

    私なら、以下8種類の個体をどう厳選するかを決めてます。
    ぜひ参考に。

    ★シャワーズ
    ・性格:ひかえめ
    ・特性:ちょすい
    ・伸ばす能力:主に防御、特攻
    ・技:ねっとう、れいとうビーム、あくび(タマゴ)、ねがいごと(タマゴ)
    ・備考:雨を活用する場合、うるおいボディ(隠れ特性)やねむるもあり。ねがいごとは使った後交代すれば味方にも効く。攻撃範囲を広げるためにめざめるパワーを厳選しても良い。

    ★サンダース
    ・性格:おくびょう
    ・特性:ちくでん
    ・伸ばす能力:主にHP、特攻を調整、素早さを限界まで
    ・技:10まんボルト、バトンタッチ(イーブイ時)、めざめるパワー(氷)、あくび(タマゴ)
    ・備考:めざめるパワー氷を厳選する時は特攻、特防、素早さVを狙う感じで厳選すると簡単。補助技をいくつか組み込むと使いやすいのでこれも把握すること。

    ★ブースター
    ・性格:ようき
    ・特性:もらいび
    ・伸ばす能力:主に攻撃、素早さ
    ・技:フレアドライブ、すてみタックル(イーブイ時)、ばかぢから(旧作教え)、あくび(タマゴ)
    ・備考:ばかぢからは前作教え技なことに注意。従来通り性格をさみしがりにして特殊技と織り交ぜるのも考えられるほか、隠れ特性のこんじょうを採用するのもあり。耐久型も一考。

    ★エーフィ
    ・性格:おくびょう
    ・特性:マジックミラー(隠れ特性)
    ・伸ばす能力:HPか特攻のどちらかと、素早さを中心に
    ・技:サイコキネシス、シャドーボール、マジカルシャイン、あくび(タマゴ)
    ・備考:隠れ特性のマジックミラーはシンクロに優る部分が非常に多いので確実に採用したい。マジカルシャインはめざめるパワーでもよい。

    ★ブラッキー
    ・性格:わんぱく
    ・特性:シンクロ
    ・伸ばす能力:HPを中心に攻撃、防御、特防を目的に合わせて
    ・技:しっぺがえし、あくび(タマゴ)、ねがいごと(タマゴ)、のろい(タマゴ)
    ・備考:ほかのブイズと方向性が違い、タマゴ技が多いことに注意。性格の選択肢は多い。エーフィと違い、隠れ特性が使いにくいのでシンクロが優勢。

    ★リーフィア
    ・性格:いじっぱり
    ・特性:ようりょくそ(隠れ特性)
    ・伸ばす能力:主に攻撃、素早さ
    ・技:リーフブレード、すてみタックル(イーブイ時)、しぜんのめぐみ(タマゴ)、あくび(タマゴ)
    ・備考:ようりょくそは隠れ特性だがリーフガードより使い勝手が抜群なので採用したい。威力が惜しいのですてみタックルかあくびを外してつるぎのまいを覚えさせてもいい。投入時、きのみは持たせておくこと。

    ★グレイシア
    ・性格:おくびょう
    ・特性:アイスボディ(隠れ特性)
    ・伸ばす能力:主に特攻、素早さ
    ・技:れいとうビーム、シャドーボール、めざめるパワー(炎)、あくび(タマゴ)
    ・備考:めざめるパワー炎を厳選する時はHP、防御、特防Vを目指すとやりやすい。特性はどちらも弱体化しているが優勢なアイスボディ推奨。

    ★ニンフィア
    ・性格:おくびょう
    ・特性:フェアリースキン(隠れ特性)
    ・伸ばす能力:主に特攻、素早さ
    ・技:ハイパーボイス(旧作教え)、シャドーボール、めざめるパワー(地面)、あくび(タマゴ)
    ・備考:ハイパーボイスは前作教え技なことに注意だが強さの根源はフェアリースキンなのでこの2つは必ず採用。めざめるパワー地面を厳選する時は特攻以外すべてVにし、特攻を偶数にすれば完成。

  2. 匿名 より:

    大体重要なことはaisaki_uさんが言っているので最後に疑問に思った部分を。

    なんで性格固定しないのですかね?

    適当に孵化させてからどれに進化させるか選ぶって普通順番逆じゃないっすかね?

    ○○に進化させる!と決める→そのポケモンの努力値や性格等の調整案を立てる→その調整案に合った個体(性格や遺伝)を孵化させる

    と言った順を踏むと思うのですが。

  3. 匿名 より:

    正直、どれも採用には難しいです。
    基本、ブイズに関わらず、個体値のV抜けは、性格補正で下がる箇所に合わせるのがベターです。
    物理型ならC抜け、特殊型ならA抜け。
    図太いや慎重といった、耐久型にしてもHBDはVが基本です。
    また特別な戦術やメタを使わないのであれば、ブイズ系で素早さを落とす性格は用いられませんので、SVも基本かと。
    せいぜい①の個体がCSサンダースやグレイシアに使えるくらいですかね。それにしても、めざパはサンダースなら氷、グレイシアなら炎が欲しいです。
    夢特性でないので、エーフィはやめましょう。

    ブイズのめざパ厳選は時間がかかって当たり前の作業なので、60個ぐらいで諦めず、100個や200個は割る覚悟で続けて下さい。



 ⬇人気の記事!⬇

タイトルとURLをコピーしました