いじめ復讐殺人事件まとめ 昭和6年(1931年)~平成12年(2000年)まで

いじめ 歴史

いじめ復讐殺人や傷害事件をまとめてみました。
たんなるイジメ仕返し放火などは数が多いのではぶいています。人間は追い詰めるとなにをするか判りません。

13~14歳がイジメ復讐

昭和6年(1931).1.13〔高等小学校2年生(満13~14歳)がイジメ復讐殺人〕
熊本県上益城郡の路上で、高等小学校2年生(15)が同級生(16)の顔や頭を肥後守でめった刺しにして殺害、もう1人の同級生(15)の脇腹を刺して重傷を負わせた。貧しい農家のため弁当を持ってこれないことをからかわれ、呼び出して謝るように迫ったがまたからかわれたためカッとしたもの。幼い兄弟5人の世話や畑仕事もやって両親を助けていた。

小3がいじめ復讐

昭和6年(1931)..〔小3がいじめ復讐 隆慶一郎『昭和六年のいじめられっ子』引用〕
小学校三年生のころ、私は今でいういじめられっ子だったと思う。昭和六年の昔だって、いじめられっ子はちゃんといた。(中略) 毎日しつこく絡む男の子がいて、まいった。見ぶるいする感じで、決闘するしかないと思った。だがけんかなんかしたことがないからやり方が分らない。(中略) 裸じめのかけ方を教えてくれた。今考えるとむちゃな青年である。(中略)
次の日、私はいじめっ子におずおずと決闘を申しこんだ。(中略) 裸じめが、がっちりかかった。(中略) おちて失神してしまった。私は彼を殺したと信じた。恐ろしくなってわあわあ泣いた。恐ろしかったのは罰ではなくて、人一人殺したという感覚だった。(中略) 弱い者はむちゃをするからこわいという思考だ。虫をこわがる者は残酷に殺す。相手が強ければわら人形に五寸くぎを打つ。
隆慶一郎『昭和六年のいじめられっ子』(『時代小説の愉しみ』収録)

小1(満6~7歳)がからかわれて

昭和8年(1933).4.19〔小1(満6~7歳)がからかわれてナイフで殺人未遂〕
兵庫県城崎郡の小学校で、小学1年生(8)が4年生(11)の腹を手工用ナイフで刺して重体とした。小1なのに体重が50キロもある肥満児で、日頃からデブデブとからかわれており、友達もおらず1人で校庭で遊んでいたが、4年生にデブ君デブ君と云われたためカッとしたもの。

見習い工(17)が主人一家へ復讐

昭和25年(1950).7.30〔17歳が主人一家皆殺しを謀り2人刺殺〕
広島県呉市の運送業宅で深夜3時過ぎ、住み込み見習い工(17)が主人の甥(6)の首を出刃包丁で刺して殺害、主人の姉(38)も刺殺、主人の顔を刺したが目を覚ました主人に取り押さえられた。父親は9年前に病死、母親が5年前に空襲で死んでからこの家に引き取られていたが、孤児ということでいじめられ、前日も殴られたため一家皆殺しにしようと包丁を買って寝静まるのを待っていた。主人の姉はたまたま前日に4人の子供を連れて里帰りしており、主人と間違えて刺したもの。

愚連リーダーが復讐される

昭和26年(1951).4.24〔19歳がいじめ復讐で殺害される〕
長野県中込町の千曲川堤防で、農業(21)が土木作業員(19)を殺害して川に死体を遺棄、6.10に逮捕された。被害者は愚連隊「流れ星団」のリーダー。農業男は2年前に路上でからまれて殴られてから命令を受けるようになり、たびたび品を奪われていた。この日もこき使われたうえにを要求されたため、カナヅチで殴って腕時計や現を奪って、生き返らないように川に放り投げたもの。懲役15年。

19歳ニートがいじめ復讐

昭和26年(1951).12.7〔19歳ニートがいじめ復讐殺人〕
山形県西村山郡の路上で夜11時、少年(19)が友人(19)を殺害、死体を川に投げ込んで逃走、12.13に逮捕された。小学校の同級生でいじめられ、卒業してからも殴られたり首を絞められたりしており、特に「肺病野郎」と2回嘲笑されたことで怨み、たまたま映画館で見かけたので自宅からカナヅチと小刀を持ち出して復讐したもの。
中流農家の長男で、祖父母、母、妹の五人家族。おとなしい性格で成績は普通、高等小学校を出てから農業をしていたが、3年前に性を襲って2千円を強奪して強姦しようとして逮捕され、2年前に結核になってからは人付き合いもせず閉じ籠もって仕事もほとんどしていなかった。友人は東京で就職して回りがよかったことも妬んでいた。

17歳が幼女を誘拐

昭和30年(1955).5.6〔17歳が幼を誘拐レ●プ殺人 三枝子ちゃん殺し〕
静岡県小笠原郡で、無職(17)が登校途中の農家の二の小学2年生(8)を自転車で誘拐、1日中連れ廻して浜松の中学校でレ●プしたのち夜を明かし、翌日河原でもレ●プして荒縄で絞殺、生き返らないように口と鼻に砂利を詰めてから埋めた。誘拐事件として捜索していた警察に殺害直後に逮捕される。
農家の次男で中卒後に就職したがすぐに辞めてぶらぶらしており、家出して2回自殺未遂を起こしている。人に笑われるからと中学もあまり行っていなかった。友達はおらず、読書と映画が趣味。小学生の時にの子の兄にいじめられた復讐だと自供。逮捕されても父親(43)は「凶暴性はなくみなさんが心配するようなことはないと思う」と語る。

同僚2人を殺人未遂

昭和32年(1957).12.11〔19歳が同僚2人を殺人未遂〕
東京都北区の洋品店で、住み込み店員(19)が、同僚(25,17)2人をナタと包丁で切って1人重体とし、自分の腹を刺して3週間のケガを負った。新入りなのでいじめられ、復讐のため殺害して自殺するつもりだったと自供。

高3がナイフで復讐

昭和33年(1958).3.10〔高3がナイフで刺殺〕
福岡県で、高校3年生(17)が少年(18)の胸と腹をナイフで刺して殺害、傷害致死で逮捕された。たびたびを脅し盗られ、怨んで復讐するためにナイフ二本を用意してから呼び出したもの。父親は元町会議員で映画館を経営、母親は旅館を経営する裕福な町の有力者で、甘やかされていた。減刑運動のため市会議員や警察に手を回し、裁判官の自宅にまで手土産を持って嘆願に押しかけたが、被害者には謝罪や賠償もしなかった。名古屋市の学校に転校して一人暮らしをしていたが、11.30に神社で狩猟のために空気銃を持っているところを逮捕された。保護観察処分。※福岡家裁決定書の記述による。

仕返しのため教室で刺殺

昭和33年(1958).12.23〔中2ら2人がいじめ仕返しのため教室で刺殺〕
福島県会津若松市の中学校で、2年生(13,14)2人が休み時間に別のクラスの教室に押し入り、いきなり2年生(14)を14歳が腹と右胸を、13歳が左胸を同時に登山ナイフで刺して殺害した。13歳は中学教師の長男で学年10番の成績、14歳も成績は良かった。被害者は柔道の選手で力が強く、子分を引き連れ日頃からこの2人を殴っており、教師にいじめられていると相談しても何の対応も取ってくれないので、復讐の計画を立てたもの。もう1人殺すつもりだったが隙がなく刺せなかったという。取り調べにも「別に悪いことをしたとは思っていない」と平然と答える。

中3が卒業送別会で

昭和35年(1960).3.14〔中3が卒業送別会で殺人〕
東京都品川区の中学校で、3年生(15)が別のクラスの3年生(15)の胸をナイフで刺して殺害した。被害者に以前脅されたことを恨んでおり、卒業送別会で復讐したもの。

毒殺

昭和36年(1961).3.2〔16歳がいじめ復讐毒殺〕
愛知県宝飯郡の県立職業訓練所の寮で、機械科訓練生(16)が蜂蜜ミルクに農薬を入れ、飲んだ訓練生(16)が死亡、3.4に警察に追及されて自白した。無口でおとなしいことから訓練生たちに日頃いじめられ、をせびられたり持ち物を盗られたりして怨んでおり、復讐を謀ったもの。

電気コタツのコードで

昭和39年(1964).12.13〔17歳がいじめる友人を絞殺〕
東京都八王子市のアパート自室で、店員(17)が友人の自動車運転手(17)を殺害、「おれは我慢できない」と書き置きして大阪に逃走したが、12.18に自首した。2人は1年前に飲酒で高校を退学処分。被害少年は店員の告げ口が原因と思い、加害少年の勤め先に来てはいじめ、12月からこのアパートに同居するようになったが、毎日いじめたり友人と騒いだりしていた。追い詰められた店員は殺害を計画。被害少年が就寝中に電気コタツのコードで絞殺したもの。

昭和40年(1965).10.22〔高2が授業中にいじめ復讐刺殺〕
茨城県行方郡の県立定時制高校で、高校2年生(17)が授業中に高校3年生(18)を刺殺し、逮捕された。2年生の教室に3年生が入り込み口論となり、かっとなって刃渡り20センチの小刀で刺したもの。2年生は日ごろからこの3年生にいじめられていた。

昭和41年(1966).3.1〔高1がいじめの仕返しのため同級生を刺殺〕
大分県佐伯市の私立高校で、自習中に高校1年生(16)が同級生を刺殺した。日ごろ被害者からいじめられ、その日も乱暴を受けたため、休み時間にナイフを取りに自宅に戻って仕返ししたもの。

猟銃で友人2人を

昭和41年(1966).12.24〔18歳が猟銃で友人2人を殺傷〕
静岡県富士市で、トラック運転手(18)が中学時代の同級生のクリスマス・パーティーを猟銃で襲い、1人(18)に3発撃って殺害、1人(18)に2ヶ月の重傷を負わせ、逃走したがすぐに逮捕された。学生時代からいじめられており、この日もからかわれて、かっとなって父親の猟銃を持ち出したもの。

授業中に上級生を

昭和43年(1968).5.6〔高1が授業中に上級生を刺殺〕
長崎県長崎市の私立高校で、高1(15)が高2(16)を刺殺した。授業が始まる前に被害者を含む3人から因縁を付けられ殴る蹴るの暴行を受けた。仕返しのため友人にを借り、授業を抜け出し刺身包丁を購入。授業中に被害者を廊下に呼び出し、有無を言わさず一突き。刺殺後、凶器を手に、タクシーで警察へ向かい自首した。

復讐首切り

昭和44年(1969).4.23〔高1のいじめ復讐首切り殺人事件〕
神奈川県川崎市の私立高校のそばで、1年生(15)が全身47カ所を刺され首を切り落とされて殺害された。一緒にいた同級生(15)は「日本刀の3人組に襲われた」と言っていたが、25日に「見下げられ、悔しまぎれに刺殺した」 と自供。中学の時からいじめられ、この日には辞書に毛虫をはさまれた。万引きした登山ナイフで刺し、ナイフだけで首を切断した。裕福な家庭の長男。

包丁や木刀で襲う

昭和53年(1978).2.12〔中3の2人がいじめ復讐殺人〕
滋賀県野洲町の民家で、中学3年生の長男と同級生の6人が就寝中、うち2人の3年生(15)が包丁や木刀で襲って1人を23カ所めった刺しにして殺害、2人に重傷を負わせた。暴行されたり物を強要されたりの執拗ないじめに合っており、復讐のために計画し、凶器は万引きして用意していた。もっとも乱暴がひどくて復讐の標的だった相手はトイレに立って寝る場所が入れ替わったため無事だった。
犯人の1人は学級委員長を務める明るい性格だった。被害者も窃盗などを繰り返していたため書類送検された。

お茶に毒薬

昭和53年(1978).3.24〔中2の4人がいじめ復讐のためお茶に毒薬〕
大阪府枚方市の中学校で、2年生(14)4人が重クロム酸カリウムをヤカンのお茶に入れた。1人が飲んで吐き気をもよおし、他の生徒は異臭のため飲まなかった。
科学同好会に所属しており、運動部の3人に「男らしくない部活だ」と馬鹿にされ、殴られるなどのいじめにあっていた。復讐しようと計画し、滋賀県のいじめ復讐殺人事件のような刃物だと犯人がわかるので実験してお茶の色に近い毒物を選び、15日には1人の弁当箱に苛性ソーダを混入していた。

登山ナイフで

昭和53年(1978).7.4〔高1が教室で上級生刺殺〕
岩手県北上市の県立高校の教室で、1年生(15)が2年生 (17)をナイフで刺殺した。1年生は列車通学中にケンカで他校生を殴ったが、2年生の友人だったため何度も殴られ、護身用に登山ナイフを所持するようになったが、この日も教室に呼び出され数人に殴る蹴るの暴行を受けたため、激昂して左胸を刺して殺害したもの。成績は良く、応援団のリーダーだった。

いじめる寝ていた兄を

昭和57年(1982).9.〔高3がいじめる兄惨殺〕
高校3年生(18歳)は、日頃から仲の悪い兄からいじめられることを根にもち、パジャマ姿で寝ていた兄(24歳)の首を布製ベルトで絞めた上、台所にあった包丁2本で左首など上半身20ケ所以上刺し殺害した。(警視庁、9月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。

昭和58年(1983).9.19〔イジメっ子に仕返し、中3生徒、自宅就寝中に同級生刺す〕
兵庫県でイジメっ子に仕返し、中3生徒、自宅就寝中に同級生刺す。

昭和58年(1983).10.7〔高2がイジメ復讐に教室で猟銃発砲〕
愛媛県久万町の県立高校の教室で、2年生(16)が同級生(17)を散弾銃で脅した。教師が止めようともみ合い、2発を発射して1人に重傷を負わせた。いじめ復讐。学校は脅された生徒にも退学届けを出させたが、のちに復学。

脅され、焼身自殺

昭和59年(1984).2.13〔中学生、イジメていた同級生に逆に脅され、焼身自殺〕
愛知県で中学生、イジメていた同級生に逆に脅され、焼身自殺。

仕返しのためバットで

昭和59年(1984).2.21〔中3がイジメの仕返しのためバットで殺人未遂〕
島根県鹿足郡で深夜2時、中学3年生(15)が民家に侵入し、就寝中の同級生(15)の頭や全身をバットで十数回殴って重傷を負わせ、物音で起きてきた家人に見つかったため逃走、11時に殺人未遂で逮捕された。いじめ復讐だったと自供。

ノートの模写を強制

昭和59年(1984).6.〔中3がいじめる同級生を復讐殺害未遂〕
中学3年生(14歳)は、同級生の被害少年から平素暴行を受けたり、ノートの模写を強制されるなどいじめられていたが、これに耐えきれず殺害を決意し、自宅から持ち出した菜切包丁で就寝中の被害者の頭部に切りつけ、全治6週間の傷害を負わせた。(山口、6月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。

川に投げ込み

昭和59年(1984).11.1〔高2ら2人がいじめる学級委員を復讐殺害〕
高校2年生2名(15歳)は、学級委員をしている同級生から、理由もなく殴られたり、自転車を盗むよう強制されるなど、2か月にわたって手下のような扱い方をされいじめられ続けてきたが、柔道初段で腕力も強いことから反抗することもできないため、殺害しようと決意し、両名共謀の上、被害者を呼出し、用意した鎚で被害者の頭部を数十回殴打して仮死状態にさせた上、川に投げ込み溺死させた。(大阪、11月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。

柔道部員

昭和60年(1985).7.30〔高2がいじめ仕返し殺人未遂〕
東京都東大和市の友人宅で、都立高校2年生(17)が高校1年生(17)をナイフで刺して重傷を負わせたが抵抗されて逃走、殺人未遂ですぐに捕まった。留年した1年生とは同級生で、柔道部員で力の強い1年生に日頃から暴力を振るわれており、この日も呼び出されて酒を呑んで寝たあとに首などを10回刺したもの。「いじめられたので殺してやろうと思った」と自供。成績は良かった。

使い走りをやらされ

昭和60年(1985).12.1〔中3ら2人がいじめ復讐放火殺人未遂〕
千葉県野田市で、3.5に中学3年生2人が民家に放火、中学3年生(14)に第三度の大やけどを負わせて重体とし、殺人未遂で捕まった。番長だった被害者に使い走りをやらされて暴力を受けており、同じ高校に進学することになって、殺そうと深夜2時に部屋に侵入して灯油をまいて火を付けたもの。被害者が吸っていたシンナーが引火したものと思われていたが、高1になっていた6月にスーパーで窃盗をして捕まり自供した。

昭和61年(1986).3.28〔中学生、イジメに仕返し、ナイフで逆襲〕
兵庫県で中学生、イジメに仕返し、ナイフで逆襲。

マンガを買えと殴られ

昭和61年(1986).7.17〔中2がいじめの逆襲で刺す〕
埼玉県大宮市の中学校の教室で、2年生(13)が違うクラスの2年生(13)を果物ナイフで刺して2週間の傷害を負わせた。1年前からいじめられており、この日もマンガを買えと殴られたため仕返しをしたもの。

昭和61年(1986).7.23〔中3生徒イジメられ全身にヤケド、イジメた生徒を刺す〕
兵庫県で中3生徒イジメられ全身にヤケド、イジメた生徒を刺す。

頭をドライバーで

昭和61年(1986).8.17〔中3がいじめ復讐殺人未遂〕
埼玉県川口市の公園で、中学3年生(14)が同級生(14)の頭をドライバーで刺そうとしたが軽傷を負わせただけで逃げられ、すぐに交番に自首した。1年前から殴られるなどいじめられており、この日も千円を持ってくるように命令されて、を渡した隙に殺害しようとしたもの。ナイフも持っており、殺人未遂で逮捕。

昭和61年(1986).10.29〔中3の2人、イジメの仕返しで同級生を刺す〕
埼玉県で中3の2人、イジメの仕返しで同級生を刺す。

昭和62年(1987).5.26〔中学の1クラスの給食に農薬混入、43人が入院〕
愛媛県で中学の1クラスの給食に農薬混入、43人が入院。5/28 生徒イジメに堪えかねて。

果物ナイフで

昭和63年(1988).3.13〔中2がイジメの仕返し刺傷〕
兵庫県尼崎市の中学校校庭で、2年生(14)が3年生(15)を刺して1ヶ月の重傷を負わせて逮捕された。日頃からいじめられており、この日も呼び出されて何度も蹴られて、持ってきていた果物ナイフで復讐したもの。2人とも補導歴がある。

昭和63年(1988).3.17〔小6がいじめ復讐のため教室で同級生を刺す〕
大阪府東大阪市の小学校の教室で、1時限目が始まる前に、6年生(12)が同級生(12)のももを刺して3週間の傷害を負わせた。体の大きい同級生に日頃からいじめられており、この日も乱暴されたので護身用に持っていた果物ナイフで仕返ししたもの。卒業式前日だった。

「ネクラ」と言われ

昭和63年(1988).9.26〔中2が「ネクラ」と言われ友人殺害〕
奈良県北葛城郡河合町で、中学2年生(14)が友人(13)を殺害した。無口のため「ネクラ」「もっとしゃべれ」と言われて殺害を計画、待ち伏せしてバットで10数回めった打ちにし、溝に投げ入れたもの。29日に捕まった。

部品メーカーの寮で

平成1年(1989).5.15〔15歳工員がいじめる同僚を殺人未遂〕
愛知県稲沢市の機械部品メーカーの寮で、工員(15)が、同僚(16)を果物ナイフで刺し、4週間の傷害を負わせ、殺人未遂で逮捕された。仕事が遅い、動作が鈍いと馬鹿にされ暴行を受けたため上司に言いつけたが、また殴られると恐れて刺したもの。

平成1年(1989).6.11〔いじめの仕返し、中学生が同級生を刺す〕
大阪府でいじめの仕返し、中学生が同級生を刺す。

ダムに投棄

平成3年(1991).10.28〔18歳ら2人がいじめるカップルを復讐殺人〕
広島県佐伯郡大野町の渡ノ瀬ダム近くで、自動車運転手(18)と大工(20)が、会社員(18)と恋人の少(18)の2人を殺害した。このカップルに日頃から馬鹿にされ暴力を振るわれていたため、復讐を計画して誘い出し、模造刀や棒で殴ったり刺したりして男性を殺害、少を絞殺して両手を縛ってコンクリートブロックをくくりつけ、ダムに投棄したもの。

平成9年(1997).5.25〔中3がいじめの仕返し殺人〕
兵庫県相生市相生の中学3年生(15)は、中学時代から自分をいじめていた土木作業員(16)にを要求されて殴られたことから、バットで頭を殴打して殺害、死体をビニール袋で覆い、空き地に遺棄した。

平成9年(1997).6.9〔高2が殺人〕
大阪府東大阪市の近鉄奈良線八戸ノ里駅の改札口で、奈良県の高校2年生(16)が同級生(16)と口論、殴り合いとなり、ナイフで胸部を刺して殺害した。ナイフはいじめを受けるため護身用に持っていたもの。

平成10年(1998).3.〔中学生によるいじめの仕返しによる殺人事件〕
中学1年生(13歳)は、以前、同級生に対して粗暴な行為や嫌がらせをしたため、相手にされなくなり、逆に因縁をつけられるなどの「いじめ行為」を受けるようになり、当日も中学生(13歳)から机の上に足をのせるなどの行為をされたため、いじめの仕返しとして所携の折りたたみナイフで胸を刺して殺害した。(3月、埼玉) 警察庁「少年非行等の概要」引用。

平成12年(2000).6.21〔高3が属バットで母親殺害〕
岡山県邑久郡の高校3年生(17歳)は、野球部の後輩にいじめを受けて殴られ、復讐するため殺害しようと、部員4人を属バットで殴打し、高校2年生(17歳)に頭蓋骨骨折の重傷を負わせた。
殺人を犯したと思いこみ、母親(42)に心配をかけないためには殺すしかないと決意、自宅に戻って母親の頭部を属バットで殴打して殺害した。自転車で逃走したが、7.6に秋田県で捕まった。

いじめの仕返しのため何故か無差別テロを起こす人々もご覧ください。

※タイトルと本文が同じ短いデータはすべて「〔年表〕子どもの事件 1945-1989」山本健治 柘植書房より引用したもの。
大阪の新聞を元にされているため、まだ裏は取っていません。

 ⬇人気の記事!⬇

タイトルとURLをコピーしました