ゴルゴ13、名言集「臆病 背後 パニック」30選!

ゴルゴ13

▼ゴルゴ13

ゴルゴ13は、ビッグコミックで1968年から現在まで連載している漫画作品で、世界一の殺し屋であるゴルゴ13の物語です。殺し屋であるゴルゴ13は様々な殺しの依頼を受けるのだが、その当時の戦争や犯罪、なども作品中に盛り込まれており、漫画として楽しめるだけではなく、世界情勢も少し勉強する事が出来る。

▼ゴルゴ13(デューク東郷)の名言

  • 断っておくが…俺は、東郷俊太郎なる人物の、息子ではない…
  • 俺は、俺の都合で動いているだけだ…
  • 信じる、信じないは勝手だが…依頼をどうする?
  • …俺は、依頼された標的を狙撃する事に全力をつくすだけだが…依頼者がキャンセルするなら、この仕事はやめよう…
  • 急ぎの訳も知らずに、他人の懐に飛び込む気はない…
  • 俺には、関係の無い話だ…だが、俺に牙をむいてくる奴を…俺は許さない…
  • けっこうだ…俺はどこででも眠れる…
  • 俺の事を調べ足りなかったようだな…
  • …自分が相手に〝裏〟の においを感じた時は、相手も同じように感じている。
    と、思うべきだ…
  • …俺への依頼に、余計な修飾はいらない…要点だけを話してくれ。
  • その方が…長生き出来るだろうな…
  • だが…知り過ぎている奴は…どんな組織にも、邪魔者だ…
  • …特に理由はない。それが、俺の“仕事”と、いうだけだ…
  • 俺は…本能的に後ろに立つ者を排除する…
  • それに、あんたはカネを取らないと言うが…善意に甘えるほど危険なものはない
  • 俺は…師事する人間を間違えた事はない…だから…今日まで生き延びてこられた。
  • すべて忘れろ…
  • 依頼を受けられない事情を説明する義務は、ない…話は終わりだ。
  • 目が、あざむくのなら…はっきり見るのをやめればいい…
  • …宗教というのは、便利なものだな…
  • 俺は、仕事に入る前…それが情報不足だと思った時にはその道のプロを雇う…そして雇う時には相手を選ぶ…選んだ相手が、俺を裏切らない限り、相手の調査を信じて行動するしかないと思っていい…
  • 情報は紛れ、錯綜するものだ…だが、そのリスクを想定し、ダメージを最小限にするために、フォローするのがプロだ…
  • 一つでいい。必要なのは、一回だけだ…
  • …あんたがどんな人生を送って来たか…俺には興味がない…俺が依頼の中で知りたいのは、その依頼内容が、俺の仕事として納得できるかどうか、だ…ボディーガードなら他を当たってくれ‥…
  • 俺は…“一人の軍隊”だ。
  • 依頼者の立場が…世に正当と思われているかどうかは、俺が仕事を受ける条件に、入ってはいない…
  • お前たちはこの仕事が終わったら使い捨てだろうな…どちらが“主役”で、どちらが“脇役”なのか考えて見ろ。
  • 依頼者の素性を探るのは…俺の基本ルールだ…
  • …普通の世界なら未熟は恥じる事ではない…だが、俺たちの世界では、未熟な者に、“いつか”は、決して訪れない…
  • …容姿や言葉だけで俺を同胞と、判断するのは勝手だが、それは、日本人が持つ一番危険な、センスだな…
  • あんたの記憶からも、消してくれ…
  • 幸運はそれにふさわしい人がいい…
  • …うしろの守りを固めるのは、プロとしての鉄則だ…それと、敵と遭遇したら迷わず引きを引く、これも…な。
  • よく出来た作文だ…
  • 死の恐怖…恐怖だけが我々を危険から遠ざけてくれる。
  • そうすれば生き残っていく事ができる…俺は‥そうしてきた…
  • …お前の目は、死にゆく者の目ではなかった…死に直面した者の目は…なんとも言えない光を帯びる。その目を俺は何度も見て来た…コンピュータも知らない、その目を…
  • 札束を積んだからといって、誰もが世界に手を出す資格があるわけではない…
  • 腕があっても無経験なパイロットに、命を預ける勇気は、俺にはない…
  • 俺は犠牲になる気はない…自分が生き抜くために、やるのだ…
  • 余計な事だ…増額分は返しておいた。
  • 娼婦は…客を“男”とは、思わない事だ…
  • ホテルの従業員も調べないで部屋を取り、待っているほど、俺はのんびりとはしていない…
  • お前の言う“大人”や“男”のように信じろとは言わない…だが、“この件”では、俺を信じるしか…ないのだ…
  • 俺は“狙撃に対しての条件”は受け付ける…が、“依頼そのものに対しての条件”の申し込みは流儀じゃない、他をあたってもらおう…
  • 覚えておく必要のない過去は、早く忘れる事だ…
  • 俺は、依頼人の嘘を、決して許さない…
  • 初対面の相手に、相手の知識もなく、直接会うほど、俺は自信家でもないし、陽気には出来ていないので、な…
  • もし…依頼に嘘があったら…俺は、もう一度あんたの前に現れる事になる…
  • 俺に敵対する者…裏切る者は俺の手でカタをつける! それが俺のルールだ…
  • …俺が、この国に来ない事で、この国の平和が維持されると考えるなら、原因と結果を取り違えている…世界に俺がいるからテロが起こるのでは、ない。
    テロが起こるから、俺が、存在するのだ……
  • 武器工場が爆発したんだ。なんの不思議もないだろう…
  • …俺が請け負った仕事の中に、お前の命を奪う事は含まれていない…だが…俺の聞く事に答えない、と言うのなら…話は別だ!
  • その言葉を…忘れるな…
  • “話”に“裏”はないだろうな…?
  • …依頼人には“兄貴は死んだ”としか、聞いていない…
  • 攻撃が失敗した場合の生死は、どれだけ素早くその場を逃走するか、だ…
  • 臆病者ほど、お喋りだと、いう事だ…
  • こんな場所で同じ種類の人間が邂逅するのを、偶然と考えるほど、俺は楽天家じゃない…
  • 罠というのは、相手に不信感を抱かせないで嵌めるもの、だ…
  • 俺は別に怪物(モンスター)じゃない…
  • プロのお前が可能だと思ったのなら…後は、俺の責任という事だ。
  • プロが、プロの代わりを見つけてほしいと依頼しているんだ、同じくプロのあんたにな、ドク…
  • を一人で帰すのはいいが、入れ違いに、見知らぬ客の訪問を許す事に、なる‥
  • それはそれこれはこれだ…ルールさえ守れば、何をしようと勝手だ…
  • 俺が必要なのは意見ではない。
  • 質問は俺がする…
  • もう、こうして会っている…話を聞こう…
  • 今、言ったのは一般的な医者の話だろう?
    あんたは“一般的”じゃないはずだ… やってくれ…
  • “利き腕”を人にあずけるほど、俺は“自信家”じゃない…だから握手という習慣も…俺にはない。
  • それが、たとえ白人十人、いや、二十~三十人よりも戦力になるって相手でも、か?
  • うっかり他人に話してしまった。などという言い訳はしない事だ…それも、りっぱに裏切りだ!
  • あんたと俺の関係は、ここまでだ…
  • これは…ヘリを思うがままに操り、ベトナムで暴れ回った男にしか、頼めない“仕事(ビジネス)”だ…
  • …相手を間違えたようだ。俺の仕事内容に救助はない…
  • …ジョークは時と場所を選ぶ事だ…
  • 能書きはいい…それより、どの立場での、依頼だ…?
  • 俺を意識するな!
  • スイス銀行の番号口座(ナンバーズアカウント)への振り込みが確認され次第、仕事に入る…
  • 俺は…仕事を引き受けると言ったが、スケジュール管理を頼んだ覚えはない…
  • それならこれ以上 俺の狙撃の時間を…
  • あんたから、ファースト・ネームで呼ばれる筋合いはない…
  • 俺は“狙撃者(スナイパー)”だ…狙撃(スナイプ)を請け負うのが、俺の仕事だ…それ以外のコトを、引き受ける事は、ない!
  • 誇りは気高いが、過剰になれば傲慢だ…それは苦々しいだけだ…
  • 能書きは無用だ…銃の送り主が、俺だからな…
  • 銃口を人に向ける時は…引きを引く時、だ…
  • おまえの仕事は、当分黙っている事だ…
  • 言っておくが…俺は、上着のボタンのかかっていない男の同席は…許さない!
  • …あんたが死ぬ時に、俺が生きている、という保証はない…
  • 俺は…引き受けると、言ったんだ…なら、話はそれで終わりだ…
  • 俺の“仕事”の邪魔になりそうな相手…それだけで十分“ムダ”では、ないはずだ…
  • 心理学的…に言っても、な…
  • あんたが、なにを考えようが
    …俺は、仕事の契約さえ、守ってくれれば、それでけっこうだ…
  • …俺はあんたの地位を買いに来た訳じゃない…
  • 気づかなかった事を悔やむ必要はない… …運がなかっただけだ…
  • …たぶん、“信号無視”だろう…
  • そういう疑問に対する答えを…俺は、用意した事はない…
  • …俺に握手は無用だ…
  • …俺を巻き込まない方がいい…
  • わかった…やってみよう…
  • スコープを使えば…ここは回りの建物から自由に狙撃できる…そこへ身をさらすほど俺は自信家じゃないだけだ…
  • 1件の依頼人は、つねに1人と決めている…だがその1人だけの依頼に固定しようと…考えたことはない…
  • さあな…なにしろ標的が見えないんだ…図面の正確さを信じる以外にない…
  • …ひとの価値観をとやかくいう気持ちはない…俺にあるのは、仕事を引き受けるにあたっての…約束事だけだ…
  • では…日本人は、どうなるのだ? …アジア人同士は?…国境や人種を前提としている以上、“おなじ穴の貉(むじな)”…だ。所詮、狭いところで、寄り添って生きていく類(たぐい)…
  • 俺の人種がどうあれ…仕事には関係のないことだ…
  • “男”…なら、他をあたってくれ…少なくとも、“と暮らしてもいい”と思っている男をな…
  • “証人”は消せ…殺人者の“鉄則”だ…
  • 今後、二度と俺の複製品を創ったら…製造者も、必ず…抹殺する…!!たとえ、それがどんな“理由”であろうとも…だ!
  • …俺を何国人と想像しようが、それはあんたの勝ってだが…関係のないことだろう…
  • …男の仕事場というのは、人柄がよく出るものだ…あんたが経営するこの店を見ていると…あんたが、律儀で、信念に生きる人間だということが、よくわかったよ…
  • あの時…俺が、どんな顔をしていたのか…覚えちゃいない…
  • あんたも…俺に“可能性”の“処置”をさせるのか…?
  • “万が一”という可能性だとしても…それは、可能性だ…
  • あんたのだろう…あそびをやめさせろ…
  • …断っておくが…冗談にも俺に銃を向けるようなマネはするな…
  • …小さなのうしろへかくれきれるわけでもあるまい…
  • …おれには絵の真贋などはわからない
    …しかし、人間の目の動きの真贋はわかるつもりだ…
  • おれは…真贋論議になんの関心もない…用件に入ってくれ…
  • あんたがホテル探偵なら…それは、あんたの手で探るがいい…
  • 同じイヌ科でも、オオカミはイヌの群れの中にいても、おたがいを感じあうものだ…
  • …それがメスとオスになれば…なおのことだ…
  • …さっきの死んだ男の持っていたものだ…拾ってきたおかげで…命まで拾ったらしい…
  • …暗い所で同じ場所にじっと立っていられるのは…そこにいるのが自分だけと確認できる時だけだ…
  • 犬は…犬にすぎん…
  • 忘れるんだな…おまえを追って来た男たちが…ただ消えたというだけだ…
  • おれには…昔ばなしをする趣味はない…
  • 仕事にうつる時は…人間を“殺す”…なんて、考えないことだ…
  • おれは試作品を買いにきたんじゃない…依頼通りの弾丸(タマ)の出る…ライフルを捜しにきたんだ…
  • …この世界は、病的な用心深さと、それ以上の臆病さを
    持ちあわせている奴だけが、生き残れる資格を持っているのだ…
  • 依頼者にストレートに会うと…ときどきトラブルが起きる…依頼者がすべてこっちに好意を持っているとは限らないからな…だから…あんたにひとりになってもらう時間を指…
  • 相手が何者であろうと、武器を持った人間を前にして話せるほど、おれは自信家じゃあない……散弾銃(ショットガン)のタマをぬいてもらおう…
  • さんざん長話をしたあげく…これからおれのテストが始まるのか…?
  • 思いつきだけで行動するのは…愚か者のすることだ…それを…得意気に話すのは、もっと愚か者のすることだ…
  • だが、思いつきも必要だ
  • 思いつきいじめをして自殺に追い込んだ事は、愚かな者がする行為だ。
    そのような子どもに育て上げた芸術…
  • 依頼主が、直接話せないような仕事なら…なかったことにしてもらおう…
  • 見知らぬからバレーの入場券が送られて来たんだ…敵でないという保証は、自分で捜すよりしかたがない…
  • 虎(タイガー)のような男は、その勇猛さのおかげで、早死にすることになりかねない…強すぎるのは、弱すぎるのと同様に自分の命をちぢめるものだ…
  • おれがうさぎ(ラビット)のように臆病だからだ…
  • だが…臆病のせいでこうして生きている…
  • とにかく…おれを巻き込まないことだ…おれを巻き込むと、とり返しがつかなくなる‥
    おぼえておいてもらおう…おれを巻き込まないことだ!…
  • おれにとって…依頼人がどんなタイプの人間か、ということは関係ないことだ…仕事の上で、おれの“約束事”を守ってくれれば、それでいい…
  • 依頼者が敵でない、という保証は、どこにもないし…おれの仕事に、そんな定義は生まれはしないしな…
  • …闇の中で身をさらしているほど…自信家には出来ていない…!
  • …おれにとっては仕事に過ぎない…引き受けたことを、やる! それだけのことだ…
  • いや…不必要なものは持たない主義だ…
  • 侵入が困難な守りの固い所ほど…脱出への備えは甘いものだ…
  • チャンスは…一度で…いい!
  • 瞬時を惜しんでの修行か…けっこうなことだ…しかし助かったなおまえたち…
  • この扉に…カギがかかっているということだ!…
  • おれの仕事だ…
  • を得る手段がの本質を変えるとは思わない…‥おれはただ依頼の内容が納得できるものかどうかを…知りたいだけだ…‥
  • 荒れている海にボートをこぎ出すのと…時限爆弾をかかえた船に残るのと‥あまり変わりはない…
  • 案内役がである事の説明はいらん…男であろうとであろうと、案内役としての役目を果してくれればいい…
  • おれに牙をむけた奴は殺す…殺される前にな…それだけだ…
  • 100分の1の好奇心の結果を知りたくはないか…と、言ってるんだ!…
  • こういう“形”で出せるおれの答は…“NO”以外にない。
  • おれは…現(キャッシュ)以外の取り引きはしないことにしている…
  • …おれは あんたたちのすることに興味はない…そして、おれのことにも興味をもたれたくはない…
  • どんなに目だたない相手にも注意をしている奴がいるものだ…おまえが変装している姿だということはわかっていたが…こうして財宝埋蔵現場へ現われるまでは=(イコール)が出なかった……
  • 獲物を見る時の目というのは、猟師であろうと暗殺者であろうと…同じ目を獲物にむけるものだ…
  • のうらみごとを聞いてやるムードにはなれないんでな…
  • むこうが…この仕事の契約を破棄してきたらしいのでな…あんたはもう俺にとって通りすがりの…男だ…
  • …先に歩いてもらおう…
  • おれの頭の中では…標的の20年後の顔が、組み立ててある…
  • おれは依頼人と二度会うことは好まない…
  • へやが暗くなって…同じ所にじっと立っているほど おれは自信家じゃない…‥
  • マト撃ち屋を、猟師(ハンター)をいっしょにするなよ…
  • もういい‥‥二度三度とつづけて味わえるは…そうざらにはいない…
  • おれの目には標的だけしか写っていない…
  • おれには想像も、推察も仮定もない…あるのは事実だけだ…
  • 気にするな…立っていても話は聞ける…
  • 結論だけを話してくれ…
  • 人を殺す時には つまらんおしゃべりをしているひまに引きをひくことだ…
  • プロ対決で射撃のチャンスはそうザラにはこない!最初につかんだチャンスをにがさないのがプロの鉄則だ!
  • 老いて牙が使えなくなった犬は…死ぬべきだ!
  • …そっちが入ってくる15分前からここにいる…
  • 課題を遂行するには命令系統は単純なほうがいい…おれが引き受けるとすれば
    おれに命令する者はいらないし おれの命令を聞けない者もいらない…
  • さわぐのはあとにして…とにかく話にはいってくれ…
  • 用件を聞こうか…
  • おれは依頼人とは二度と会わない主義だ…特に仕事のあとは、な…
  • おれの依頼主がおれを信頼するように、おれはあんたの腕を信頼しているんだ…
  • あんたの技術のほどを聞いたからこそ、ここを選んだんだ…おれの注文に…イエスかノーか!?
  • わざわざここまで来てこの辺のものを一丁いただきます…と買っていく、客もあるのか?
  • おあそびは出なおして来る…おれは急いでいるんだ。仕事の話にしてもらおう!
  • …10%の才能と20%の努力…そして、30%の臆病さ…残る40%は…”運”だろう…な…
  • …俺の体が、本能が”時間がない 急げ”と告げる…
  • 誇りは気高いが、過剰になれば傲慢だ…それは苦々しいだけだ…
  • 小説の最後の一章は、”あばよ、マッジ”だったな…
  • 俺には、昔ばなしをする趣味はない…
  • おれが、うさぎのように臆病だからだ…だが…臆病のせいでこうして生きている…虎のような男は、その勇猛さのおかげで、早死にすることになりかねない…強すぎるのは、弱すぎるのと同様に自分の命をちぢめることになる…
  • おれは顔を見せない依頼主の仕事をひきうけたことはない…

 ⬇人気の記事!⬇

タイトルとURLをコピーしました