超ミステリアス!異端の画家ゴヤが遺した『黒い絵』の謎

画家

スペインの画家フランシスコ・デ・ゴヤが、晩年に自宅の壁に描いた一連の絵画『黒い絵』は謎に満ちている。一枚一枚が意味深で、皮肉と風刺が感じられ、みる者に強烈過ぎる印象を残すという…。

きの天才画家

経歴【1746年〜1828年】近代絵画の創始者の一人として知られるスペインの巨匠。強い批判精神と鋭い観察力の人として知られている。

ロマン主義の異端児

ゴヤはスペイン北東部サラゴサ近郊で生まれた。芸術を愛好する気風の家庭で育ち、若い頃から画家を志し、1770年からローマで修業する。

人間への飽くなき好奇心に支えられたゴヤの創造活動

ゴヤは語りにくい画家です

1775年から十数年間、王立タペストリー工場でタペストリーの下絵描きの仕事に携わった後、宮廷画家となった。

ゴヤは芸術家といっても結構計算高くて肖像画を描きまくって儲けでも成功したことで有名ですが、一方で真実を描こうとする芸術的欲求も強くて、生活の糧としての活動と芸術的活動をうまく組み合わせていた

処世術にも長けていた人であり、事実幾度も教会に睨まれるような風刺画などを描いていますが、王室や権力者の助力を借りてその危機を脱しています

40代にさしかかり、ようやくスペイン最高の画家としての地位を得たゴヤだったが、1792年、不治の病に侵され聴力を失う。

聴覚を失ったことでゴヤの画風はガラリと変化していきました

40代で聴覚を失ったにもかかわらず、あくなき探究心を生涯持って社会と人間を描き続けた

1808年から起きたスペイン独立戦争において、極限状態の人間の様々な様子を目の当たりにするゴヤ。

ゴヤは徹頭徹尾,観察者であり記録者だった

戦争の恐怖は、ゴヤにとって最大の関心事であった

ナポレオンの侵略によりスペインの平和が覆されると、老年期のゴヤは、戦争と混乱に見舞われた民衆の悲惨な現実を見つめます

当時のスペインもひどい状態だったようだ。悪条件の中で、表現を生み出して行ったゴヤの天才性に驚く

そして、【黒い絵】とは…

1815年以降のゴヤは宮廷画家でありながら、実質的には引退して親しい友達のために絵を描いていました。この時期にゴヤは一軒の家を購入し、有名な『黒い絵』のシリーズを描きはじめました。

通称「黒い絵」は最も個人的な絵画である。見せるためやましてのために描かれたものではない

「黒い絵」は名が付いておらず、ゴヤによる説明も全く残っていませんでした。これらの絵が見つかり、マドリードのプラド美術館にキャンバスを取り付けた時、美術家らはこれら14作品一連と作品一つひとつに名前を付けたのです。各名称は一つひとつの作品を識別する際便利ですが、これらの作品群やその名称はゴヤの意図と異なっているかもしれない

出典黒い絵

ゴヤは1819年にマドリード郊外に「聾者(ろうしゃ)の家」と通称される別荘を購入し、この家のサロンや食堂の壁に14枚の壁画を描いた。

10ヘクタール農地の中の2階建てで、現存していない。前の住人が耳が不自由であった為に、聾者の家と呼ばれていた。

“家”そのものは、さまざまな人の手にわたり、19世紀末の鉄道建設に際して停車場用地とされ、壊されてしまっていまはない。その駅の名をはじめはゴヤ駅と呼んだ

ローマ神話に登場するサトゥルヌスが将来、自分の子に殺されるという予言に恐れを抱き、5人の子を次々に呑み込んでいったという伝承をモチーフにして描かれている。

漆黒の闇を背景に、裸の巨人がわが子をむさぼり喰っている。灰色の髪を振り乱し、身をよじり、前かがみで、両目も、口も鼻の穴も、もうこれ以上はもう無理だと思うほど大きく開けたサトゥルヌス

制作当時はサトゥルヌスの男性器が勃起した状態で描かれていたことが判明している

現在はサトゥルヌスの下腹部は黒色で塗り潰されており、この処理の理由に関しては移植作業の際に性器部分が剥落したとする説や、あまりにもおぞましく猥褻である為に修復家が手を加えたとする説が有力

制作当時はサトゥルヌスの男性器が勃起した状態で描かれていたことが判明している

現在はサトゥルヌスの下腹部は黒色で塗り潰されており、この処理の理由に関しては移植作業の際に性器部分が剥落したとする説や、あまりにもおぞましく猥褻である為に修復家が手を加えたとする説が有力

ギリシャ神話に由来する運命の神たち3人とその運命の神に操られる人間が描かれている。

モイライ姉妹(運命の三神)が司る運命を背負う(又は運命に捕らわれる)人間の、さらには暗い動向がなお続いていた自身や国そのものの象徴的存在と捉えることができる

暗闇で魔の集団が巨大な牡山羊の説教を聞いている姿が描かれている。

グロテスクリアリズムの傑作

「理性の眠りが怪物を産む」とゴヤ自身が述べているように、彼は理性の裏側、つまり潜在意識の中にひそんでいる怪物たちを、その絵筆によって告発する

二人の男が足を砂地にうずめて身動き取れない姿勢で、棒を振り上げて殴りあいの死闘をしている様子が描かれている。

足の左に牛が2頭、右側にも家畜が多数放牧されている この2人は巨人なのだ。個人ではない。巨人に表現されているという事は、寓意なのである。運命的に逃れられない対立する勢力・民族・国、、、あらゆるものに当てはまる。

逃れようがなく相手が死ぬまで終らない殴り合いは或いは人生なのかもしれない。人類の狂気はこの世の終りまでかかるものなのだ

左側の老人はスープを飲んでいる。右側の老人は本を読んでいる?様子が描かれている。

知識人を嘲笑し、物質主義を笑う図かもしれないと解釈する評論家もいる

アスモデウスとは旧約聖書経外書のトビイ書にでてくる好色な悪魔のこと。人々の秘密を暴露する悪魔といわれている。

全く意図が分らない難解な絵

無機的な空間でとても冷たく感じる

マドリードの守護聖人としても知られるイシードロが、近郊の泉から水を引き旱魃(かんばつ)を回避させたという奇跡を主題とした作品。

その印象たるや牧歌的な様子は皆無であり、陰鬱で狂々とした雰囲気が全体を支配している。

砂に埋もれながら、何かを見上げている犬の姿が描かれている。

黒い絵の中でも、最も謎めいている絵といわれている

生き埋めにされた犬の表情は困惑に満ちており、自分の状況を飲み込めていないのか、抗うそぶりも見えません

反射的に恐怖にとらわれる「我が子を食らうサトゥルヌス」と対照的に、「砂に埋もれた犬」を見ていると、じわじわと恐怖が広がっていきます

哲学者のような老人に何かを耳打ちする不審な老人。

そろそろあなたの(死ぬ)番ですと怒鳴っているようでもある

一冊の書物を五人の男性が覗き込む様子が描かれている。

旧約聖書外典「ユデト書」に登場する敵軍の将軍の寝首を切り取った性ユーデットが描かれている。

英雄的性の賛歌ではなく、この残忍な絵はどうみても性憎悪の念、いつかは裏切るという脅迫概念が加わっているよう

一人の男性がオナニーする様子を二人の性が覗き込んでいる。

自慰する男の痴呆丸出しの何ともいえぬ表情は印象的

頭の弱そうな男が陶酔しているのを見て笑っているが描かれてある。一言でいえば「馬鹿な男の自慰行為」というグロテスクさがある。だがそれだけではない。その様を見て笑うの表情も同様にグロテスクである

「サン・イシードロの巡礼」と似たような構図の絵。先頭にいるのが異端審問官。

ゴヤが当時抱いていた不安、憂鬱、退廃、老い、死、など時代に対する思想や死生観、内面的心情が反映されている

黒色で全身をコーディネートした性は、どこか死のイメージを連想させる。ちなみに、この絵は聾者の家の入り口に飾られていた。

他の黒い絵の作品があまりにも強烈なのと比べたら、この絵はなんてことない作品に見えるかもしれない。しかし、そこに落とし穴があった

ダンテの地獄下りへの案内者ウェルギリウスのように、ゴヤの地獄への案内者にレオカディアを仕立て上げたのだ

岩の上の鉄柵の囲いは墓の所在を示している。その墓にはいったい誰が入っているのか。それはゴヤ本人に違いない

「黒い絵」の現在

『黒い絵』は、別荘を買い取ったベルギーの銀行家によって1837年のパリ万博に出展されましたが、暗い絵だったので一枚も売れませんでした。そこで、プラド美術館に寄付され、現在に至っている

 ⬇人気の記事!⬇

タイトルとURLをコピーしました