【画像】サヴァン症候群の天才 山下清 作品集

画家

サヴァン症候群であったと言われる“日本のゴッホ”山下清さんの作品を紹介します。

山下 清(やました きよし、1922年(大正11年)3月10日 – 1971年(昭和46年)7月12日)は、日本の画家。日本中を放浪していたことで知られる。戦後は「日本のゴッホ」、「裸の大将」と呼ばれた。一度観たものを瞬時に記憶、絵にすることが出来たと言われている。

サヴァン症候群(サヴァンしょうこうぐん、savant syndrome)とは、コミュニケーション障害のある者のうち、ごく特定の分野(記憶力・数学・幾何学・物理学・パズルなど、芸術・音楽などは対象外)に限って、優れた能力を発揮する者の症状を指す。

wikipedia

ゴッホについて感想を聞かれ『ゴッホは生きている間はちっとも絵が売れないので 売れないのは自分の絵がヘタクソだからと思ってがっかりして死んだので 死んでから皆がゴッホは偉いと言っても 死んでいるゴッホには聞こえない』と述べたと云う。

日本のゴッホと呼ばれることに関して

 ⬇人気の記事!⬇

タイトルとURLをコピーしました