『ジャイアン』トリビア6つ!隠された耳を疑う意外な趣味も!ガキ大将

ドラえもん

漫画アニメでいつも暴力を振っているガキ大将キャラクター『ジャイアン』。穏やかな性格ののび太はいつもターゲットにされてしまいますよね。そんなジャイアンには意外なトリビアが…!今回はジャイアンにまつわるトリビアをご紹介します。

出典okd01.com

テレビアニメ版の「ドラえもん」にて放送された「ハチャメチャ入学式」というストーリーがあります。

のび太たちの入学式の日。

のび太は様々なハプニングによって入学式に遅れてしまい、会場に入ったものの誰もいないのを見て、入学式は終わってしまったと勘違いし、泣きながら学校を出てしまいます。

でも自宅に帰る途中またハプニングが起きてランドセルをなくしてしまいます。

一方学校にいたジャイアンたちは、のび太がいないことに気付いて探しに出ます。

なかなか見つからないうえ、雨が降ってきて誰もが心がくじけそうになったとき、ジャイアンは必死に走ってのび太を見つけ、体を張ってランドセルも取り戻しました。

「ありがとう! でもなんでここまでしてくれたの?」というのび太に対し、ジャイアンは「だって、お前の物は俺の物、俺の物も俺の物だ!」と答えるのです。

友達の物も自分の物のように大事にするのが当然、人の痛みも我が痛みのように感じ、人のために全力を尽くす!という、ジャイアンの男気があふれた言葉として、使われたのでした。

ジャイアンてこんなこと言うし 『お前のものは俺のもの』 的なこと言うけど 自分を犠牲にして人の為に動ける優しいやつだから好き どんなに身勝手で傲慢だったとしてもいいのだ。 ジャイアンでいられるのは周りのおかげなんだってわかってる大人な男だと思うのだ(´。・ω・)ノ゙ pic.twitter.com/C3RukphhWW

ジャイアンの隠されたトリビア②:『ジャイアン』というあだ名の由来

ジャイアンの本名は剛田武で、ジャイアンと呼ばれる所以が全くわかりませんね。
しかしこれには妹のジャイ子の兄であるというのが関わっているようです。

つまり、ジャイ子の兄…あんちゃんということで、ジャイアンになっているとか。

ジャイ子は、ブスキャラなので同じ名前になったの子がいじめられることを避けるために、表向きは変わった名前にしたそうです。
ジャイ子の本名は「剛田愛子」です。

ユメ玉よりはマシw ところでジャイアンってあだ名がついて、その妹だからジャイ子。 ではなく、ジャイ子の兄ちゃん (アンちゃん)で「ジャイアン」 知ってました? ドラえもんって締切ギリギリで 慌てて「えもん」のカタカナをド忘れして平仮名で書いたからなんですw #モンスト #ドラえもんコラボ pic.twitter.com/CcIN9PSX5x

ジャイアンの隠されたトリビア③:酔っぱらうとオネエになる

ドラえもんのひみつ道具に「ホンワカキャップ」というものがあります。

ホンワカキャップを手に入れたジャイアンは、早速塾に行こうとしているスネ夫を強引に誘って宅飲みをすることに。

しかし、なんとスネ夫は酒ぐせが悪かったのです。

「おまえなんか町の公害だ!みんな迷惑しているんだぞ!」とスネ夫に暴言を吐かれたジャイアンは、「そんなに言わなくたって…あたしつらい!!」とさめざめと泣きだします。

酔っぱらうとスネ夫とジャイアンの立場が逆転することと、ジャイアンがオネエになることが判明した衝撃の瞬間でした。

#細かすぎて伝わらないドラえもんの好きなシーン ジャイアンが実は酔っぱらうと泣き上戸の言葉になること 「ホンワカキャップ」より 実はままごとが大好きな事 「おしかけ電話」より ジャイアン、子力(?)高くね? メイクも(いつの間にか)自分でやってるみたいだし…

ジャイアンの隠されたトリビア④:ジャイアンのお父さん

ジャイアンのお母さんは鉄拳制裁で息子の乱暴を懲らしめる肝っ玉母さんですが、一方でジャイアンのお父さんは漫画にほとんど出てきません。

ジャイアンのお父さんは、普段はお母さんと一緒にお店を切り盛りしているようで、基本的には正義感の強い常識人のお父さんのよう。

ジャイアンのお父さんの正義感の強さが見られるのは、ジャイアンがのび太からひみつ道具の「コンピューターペンシル」を奪って100点を取った時。

どんな問題でもスラスラ解けるコンピュータペンシルで100点を取ったジャイアンは鼻高々でしたが、お父さんは「お前に100点なんか取れるわけがない。不正はするなと教えてきたはずだ」と怒りで息子にお仕置きをします。

ジャイアンのお父さんとお母さんは、乱暴な息子に厳しく接しながらも愛情を持って育てているようですね。

ジャイアンの隠されたトリビア⑤:実はケンカでのび太に負けたことがある

ドラえもん』6巻に収録された、「さようならドラえもん」でのこと。

ある原因から未来へ戻ることになったドラえもん
些細なことから2人は喧嘩になるのですが、いつもと違ってどれだけ殴られてものび太は決して折れません。

負けを認めれば、自分を残して未来に帰るドラえもんを安心させられない。
そんなのび太にジャイアンも根負けして、ついには「負けた」と言うのです。

藤子・F・不二雄は本当に終わらせるつもりでこの話を書いたそうで、そのためのび太の成長が感じられるとても感動的な話に仕上がっています。

「さよならドラえもん」が切ないのは未来に帰るドラえもんを安心させるためにのび太君が一生懸命になる所。ケンカでは絶対に敵わないジャイアンにもその回では向かっていき、もうボロボロなのに必死でジャイアンにくいついて離さない。そしてついにはジャイアンが「俺の負けでいい」と根負けするのです

ジャイアンの隠されたトリビア⑥:耳を疑ってしまう意外な趣味

「ザ・ガキ大将」とも言うべき男にも、恐らくは人に知られたくないであろう、秘密の趣味がありました。

それはなんと、おままごと。

リカちゃん人形のようなドールを用いた、人形遊びが密かな趣味なのです。
漫画原作5巻でほんの少しだけ描かれた意外な一面です。

ジャイアンの趣味 『りかちゃん人形を使ったままごと』 これをドラえもんにみられた時 どら焼きで口止めしたらしい・・ pic.twitter.com/AcuhGjWg2I

ジャイアンとは?

出典ciatr.jp

本名は剛田武。
雑貨屋と思しき商店の息子で、母親によく店番などの手伝いを任されています。
他の家族には漫画家を目指す妹のジャイ子や、出番は多くないものの父親がいます。

誕生日は6月15日で、毎年誕生日パーティーを開いています。
のび太たち曰くプレゼントが気に入らなければ殴られ、ケーキは一人で平らげ、おなじみジャイアンリサイタルまで開催されるとあってこの日はどうしても迎えたくない1日のよう。

しかし、本人はこれらの行為に悪気はない様子。
周囲が嫌がっている事に気づいた際に見せた表情は悲しげで、ドラえもんにも「年に一度は心から祝ってもらいたい」と泣きつく姿からは自分さえ良ければいいという暴君気質は見られません。

ジャイアンの代名詞として歌があります。
リサイタルを開けばガラスが割れ、テレビに出演した際には卒倒する視聴者が続出し、魔界の人魚との歌勝負を繰り広げ勝利したことも。

許容できないレベルの大声と音程やリズムを全く合わせる気のない歌い方が合わさった「極度の音痴」が破壊力の源です。

ジャイアンのリサイタルには裏話も?!

ジャイアンリサイタルとは、ジャイアンこと剛田武が開催・主演するショーのこと。

リサイタルが始まると周辺にある家の窓は割れ、カラスやスズメなどが気絶するという事態が起こります。

ここで不思議なのが、神成さんが何も言ってこないということです。
また、ほかの近所の住人が苦情を言ってきたりといった様子が描かれたこともありません。

のび太がひみつ道具「瞬間固定カメラ」でジャイアンを静止させて、観客を全員解放させ事無きを得ました。

 ⬇人気の記事!⬇

タイトルとURLをコピーしました