渋沢栄一の名言

名言

渋沢栄一の名言をまとめてみました。

渋沢栄一の生涯

渋沢栄一は1840(天保11)年2月13日、現在の埼玉県深谷市血洗島の農家に生まれました。
家業の畑作、藍玉の製造・販売、養蚕を手伝う一方、幼い頃から父に学問 の手解きを受け、従兄弟の尾高惇忠から本格的に「論語」などを学びます。

「尊王攘夷」思想の影響を受けた栄一や従兄たちは、高崎城乗っ取りの計画を立てましたが中止し、京都へ向かいます。

郷里を離れた栄一は一橋慶喜に仕えることになり、一橋家の家政の改善などに実力を発揮し、次第に認められていきます。

栄一は27歳の時、15代将軍となった徳川慶喜の実弟・後の水戸藩主、徳川昭武に随行しパリの万国博覧会を見学するほか欧州諸国の実情を見聞し、先進諸国の社会の内情に広く通ずることができました。

明治維新となり欧州から帰国した栄一は、「商法会所」を静岡に設立、その後明治政府に招かれ大蔵省の一員として新しい国づくりに深く関わります。

1873(明治6)年に大蔵省を辞した後、栄一は一民間経済人として活動しました。そのスタートは「第一国立銀行」の総監役(後に頭取)でした。

栄一は第一国立銀行を拠点に、式会社組織による企業の創設 ・育成に力を入れ、また、「道徳経済合一説」を説き続け、生涯に約500もの企業に関わったといわれています。

栄一は、約600の教育機関 ・社会公共事業の支援並びに民間外交に尽力し、多くの人々に惜しまれながら1931(昭和6)年11月11日、91歳の生涯を閉じました。

渋沢栄一の名言

どんなに勉強し、勤勉であっても、上手くいかないこともある。
これは機がまだ熟していないからであるから、ますます自らを鼓舞して耐えなければならない。

得意時代だからとて気を緩さず、失意の時だからとて落胆せず、常操をもって道理を踏み通すように心がけて出ることが肝要である。

限りある資産を頼りにするよりも、限りない資本を活用する心掛けが肝要である。
限りない資本を活用する資格とは何であるか。
それは信用である。

男はいかに丸くとも、角を持たねばならぬ。

反対者には反対者の論理がある。
それを聞かないうちに、いきなりけしからん奴だと怒ってもはじまらない。
問題の本質的な解決には結びつかない。

自分が信じないことは言わず、知ったからには必ず行うという思いが強くなれば、自然に言葉は少なく、行動は素早くなる。

不言実行と共に、また有言実行も大いによろしい。

信用はそれが大きければ大きいほど、大いなる資本を活用することができる。
世に立ち、大いに活動せんとする人は、資本を造るよりも、まず信用の厚い人たるべく心掛けなくてはならない。

世の人が元気をなくしており、社会の発展が停滞している。いままでの仕事を守って間違いなくするよりも、さらに大きな計画をして発展させ、世界と競争するのがよいのだ。

持ちになるよりも、社会万民の利益をはかるために生きる方が有意義である。

一家一人の為に発する怒りは小なる怒りにて、一国の為に発する怒りは大いなる怒りである。
大いなる怒りは、国家社会の進歩発展を促す。

もうこれで満足だという時は、すなわち衰える時である。

をたくさん集めて、たくさん使うことで社会を活発にし、経済の発展を促すのがよい。
持ちはよく集めると同時に、よく使わなければならない。

長所を発揮するように努力すれば、短所は自然に消滅する。

日本では人知れず善いことをするのが上である。
自分の責任はもちろん、他人の責任までも追うことが武士道の真髄とされる。

できるだけ多くの人に、できるだけ多くの幸福を与えるように行動するのが、我々の義務である。

我が人生は、実業に在り。

数字算出の確固たる見通しと、裏づけのない事業は必ず失敗する。

大なる立志と小さい立志と矛盾するようなことがあってはならぬ。

たとえその事業が微々たるものであろうと、自分の利益は少額であろうと、国家必要の事業を合理的に経営すれば、心は常に楽しんで仕事にあたることができる。

余はいかなる事業を起こすにあたっても、利益を本位に考えることはせぬ。
この事業は起こさねばならず、かの事業は盛んにせねばならずと思えば、それを起こし、関与し、あるいはその式を所有することにする。

親から子に対して孝を励めよと強ゆるのは、かえって子を不孝の子たらしむるものである。

ことに望んで感激すれば、おのずからやる気が出て奮い立つのだ。

一個人がいかに富んでいても、社会全体が貧乏であったら、その人の幸福は保証されない。
その事業が個人を利するだけでなく、多数社会を利してゆくのでなければ、決して正しい商売とはいえない。

交際の奥の手は至誠である。
理にかない調和がとれていればひとりでにうまくいく。

心を穏やかにさせるには思いやりを持つことが大事である。
一切の私心をはさまずに物事にあたり、人に接するならば、心は穏やかで余裕を持つことができるのだ。

有望な仕事があるが資本がなくて困るという人がいる。
だがこれは愚痴でしかない。
その仕事が真に有望で、かつその人が真に信用ある人なら資本ができぬはずがない。
愚痴をこぼすような人は、よしんば資本があっても大いに為す人物ではない。

私は他人が掛物とか屏風とかその他の書画骨董にを出すと同様に、慈善事業にを費やすことをもって一種の道楽と思うているくらいである。

事業には信用が第一である。
世間の信用を得るには、世間を信用することだ。
個人も同じである。
自分が相手を疑いながら、自分を信用せよとは虫のいい話だ。

大なる欲望をもって利殖を図ることに充分でないものは決して進むべきではない。
空論に走り、うわべだけを飾る国民は決して真理の発達をなすものではない。

夢なき者は理想なし。
理想なき者は信念なし。
信念なき者は計画なし。
計画なき者は実行なし。
実行なき者は成果なし。
成果なき者は幸福なし。
ゆえに幸福を求むる者は夢なかるべからず。

死ぬときに残す教訓が大事なのではなく、生きている時の行動が大事なのだ。

儲けを品の悪いことのように考えるのは、根本的に間違っている。
しかし儲けることに熱中しすぎると、品が悪くなるのもたしかである。
儲けにも品位を忘れぬようにしたい。

富者をうらやんでこれを嫉視するのは、自分の努力の足りぬ薄志弱行のやからのやることだ。
幸福は自らの力で進んでこれを勝ち取るのみだ。

四十、五十は洟垂れ小僧、六十、七十は働き盛り、九十になって迎えが来たら、百まで待てと追い返せ。

ただそれを知っただけでは上手くいかない。
好きになればその道に向かって進む。
もしそれを心から楽しむことが出来れば、いかなる困難にもくじけることなく進むことができるのだ。

人生の行路は様々で、時に善人が悪人に敗けたごとく見えることもあるが、長い間の善悪の差別は確然とつくものである。
悪いことの習慣を多く持つものは悪人となり、良いことの習慣を多くつけている人は善人となる。

そもそも多能は聖人の本色ではないとしても、多能なるくらいの種々の経験ある人にあらざれば真正の聖人となり得ざるべし。

道は誰でも行うことができる。
人はみな道を行うだけの力がある。
ただその道と力との大きさに差があるだけである。

全て形式に流れると精神が乏しくなる。
何でも日々新たにという心がけが大事である。

人を選ぶとき、家族を大切にしている人は間違いない。
仁者に敵なし。
私は人を使うときには、知恵の多い人より人情に厚い人を選んで採用している。

我も富み、人も富み、しかして国家の進歩発達をたすくる富にして、はじめて真正の富と言い得る。

商売をする上で重要なのは、競争しながらでも道徳を守るということだ。

信用はのれんや見た目から得られるものではなく、確固たる信念から生まれる。

一人ひとりに天の使命があり、その天命を楽しんで生きることが、処世上の第一要件である。

お前は自分の立場に忠実なのは結構だが、同時に恕、つまり相方の立場も理解してやるという広い気持ちを持たねば、世の中に円満に処していくことはできない。

真の富とは道徳に基づくものでなければ決して永くは続かない。

人は死ぬまで同じ事をするものではない。
理想にしたがって生きるのが素晴らしいのだ。

真似をするときには、その形ではなく、その心を真似するのがよい。

人は全て自主独立すべきものである。
自立の精神は人への思いやりと共に人生の根本を成すものである。

 ⬇人気の記事!⬇

タイトルとURLをコピーしました