深海カノンちゃんと西馬ニコさんが大型のゲーセンに言ったらどんなストーリーになりますかね 二人の…

未分類

深海カノンちゃんと西馬ニコさんが大型のゲーセンに言ったらどんなストーリーになりますかね
二人のファッションも書いて下さい(ワイルドめに)

因みに鉢合わせするグループは以下の通りです
宝生永夢
鏡飛彩
花家大我
九条貴利矢
パラド
天空寺タケル
深海マコト
アラン
そんでもってゲーセン内でプレイしているゲームは下記動画の通りです(筺体4台)
だれが座って誰が見ているかは任意でお願いします
https://www.youtube.com/watch?v=BU3jKZr-ELY

  1. 匿名 より:

    ニコちゃは、ヘソ出しで、黒色で、カノンちゃんは白いハイヒールに、ピンクのワンピースで、肩に、紐が吊るされていて、方や脇が丸見えですね。
    二人とも、この日にゲーセンで遊ぶ約束をしていて、ニコちゃんにゲームで勝ちたいカノンちゃんが、誘いました。
    ゲーセンに行くと、永夢と、パラド、それに付き合わされてるタケルがおり、タケルは、永夢に、患者を伝えに来たつもりが、学校が休みだったため、一緒に遊んでいましたが、二人の腕前に、15:0で負けています。女子二人の姿を見て、三人とも、少し顔が赤くなっています。
    タケルは、女の子なら負けないとニコちゃんと戦いましたが、ボロ負けします。
    カノンちゃんとも勝負を挑みますが、意外なことに、全員が絶賛するほど、カノンちゃんは強くて、タケルは落ち込んでます。ニコちゃんは、カノンちゃんと戦っていましたが、そこに、ポッピーに頼まれて永夢たちを探しに来た貴利矢がやって来ます。するとそこにはマコトとアランもおり、永夢たちを探しているときに、そこの物陰で、ずっとカノンちゃんのことを様子見していたと言っており、マコトは、カノンの新しい彼氏ができたと思い、アランと共に尾行していました。カノンちゃんは、結局負けてしまいましたが、レースゲームなら、自分だと、貴利矢が挑戦しようとしますが、タケルが、貴利矢と勝負しますが、普段自分が乗り物になってるから、乗り物の気持ちになればテクニックは掴めるといい、タケルは結局負けてしまいます。落ち込んだタケルを見て、永夢は、貴利矢に、ポッピーになんの用事か尋ねると、ケーキ屋で、飛彩が珍しく奢ってくれるといい、みんなでケーキ屋に行くと、飛彩と、先に伝えられて待ち伏せしていた大我がおり、ポッピーは、CRで、院長とこの前買って来たシュークリームを食べて、黎斗のことを見張っていて、私も行きたかったと吹いていました。
    飛彩は、あまりの人数の多さに驚き、大我は、ニコの格好に、照れていました。それを見て、自分の胸を隠すニコに、大我は視線をわざと逸らす素ぶりを見せて、みんなから冷やかされていましたが、飛彩は、呼ばなかったらよかったと後悔していました!
    というのはいかがですか?

  2. 匿名 より:
  3. 匿名 より:

    ニコちゃは、ヘソ出しで、黒色で、カノンちゃんは白いハイヒールに、ピンクのワンピースで、肩に、紐が吊るされていて、方や脇が丸見えですね。
    二人とも、この日にゲーセンで遊ぶ約束をしていて、ニコちゃんにゲームで勝ちたいカノンちゃんが、誘いました。
    ゲーセンに行くと、永夢と、パラド、それに付き合わされてるタケルがおり、タケルは、永夢に、患者を伝えに来たつもりが、学校が休みだったため、一緒に遊んでいましたが、二人の腕前に、15:0で負けています。女子二人の姿を見て、三人とも、少し顔が赤くなっています。
    タケルは、女の子なら負けないとニコちゃんと戦いましたが、ボロ負けします。
    カノンちゃんとも勝負を挑みますが、意外なことに、全員が絶賛するほど、カノンちゃんは強くて、タケルは落ち込んでます。ニコちゃんは、カノンちゃんと戦っていましたが、そこに、ポッピーに頼まれて永夢たちを探しに来た貴利矢がやって来ます。するとそこにはマコトとアランもおり、永夢たちを探しているときに、そこの物陰で、ずっとカノンちゃんのことを様子見していたと言っており、マコトは、カノンの新しい彼氏ができたと思い、アランと共に尾行していました。カノンちゃんは、結局負けてしまいましたが、レースゲームなら、自分だと、貴利矢が挑戦しようとしますが、タケルが、貴利矢と勝負しますが、普段自分が乗り物になってるから、乗り物の気持ちになればテクニックは掴めるといい、タケルは結局負けてしまいます。落ち込んだタケルを見て、永夢は、貴利矢に、ポッピーになんの用事か尋ねると、ケーキ屋で、飛彩が珍しく奢ってくれるといい、みんなでケーキ屋に行くと、飛彩と、先に伝えられて待ち伏せしていた大我がおり、ポッピーは、CRで、院長とこの前買って来たシュークリームを食べて、黎斗のことを見張っていて、私も行きたかったと吹いていました。
    飛彩は、あまりの人数の多さに驚き、大我は、ニコの格好に、照れていました。それを見て、自分の胸を隠すニコに、大我は視線をわざと逸らす素ぶりを見せて、みんなから冷やかされていましたが、飛彩は、呼ばなかったらよかったと後悔していました!
    というのはいかがですか?



 ⬇人気の記事!⬇

タイトルとURLをコピーしました