お金持ちになりたい人が知っておくべき7つの考え方

副業

持ちが、なぜお持ちになっているのか知りたくありませんか?お持ちの人達に共通する7つの考え方をまとめました。お持ちになる秘訣は、お持ちから学びましょう。自分のペースで、真似できることを取り入れていけば、手にするおを増やすことができるかもしれません。

持ちは知恵に投資する

知識に投資することは、常に最大の利益をもたらす。

これは起業家としても政治家としても成功したベンジャミン・フランクリンの言葉です。知恵は常にプラスの利回りをもたらします。

持ちは勉強する

持ちは、知恵への投資が最も利回りが良いことを知っています。書籍・講演・セミナー・・・お持ちは、あらゆる機会から勉強をしようとします。

持ちは機会に投資する

小さく賭けて、素早い失敗、素早い学習を繰り返す

Googleのgmailもはじめは実験でした。とりあえず「実験だと思って」始めてみて上手くいきそうなら本気でやる。お持ちは小さく賭けて、挑戦を繰り返しながら、素早く成長してきます。

持ちは挑戦をする

彼らは新しいことに積極的にチャレンジします。わたしたちはどうしても現状維持をしがちです。彼らは「新しいこと」にどんどん挑戦することによって、チャンスを掴みます。

持ちは儲ける方法を考えている

を稼ぐ方法について毎日1時間ずつ考える人は、2年後に財産が目に見えて増えた

出典先延ばしにしない技術

人間の脳は目標に関係するものに強く反応します。おを儲ける方法をいつも考えている人は、「儲けるチャンス」に普通の人より敏感になり、チャンスを得やすくなります。

持ちは、おを儲ける方法をいつも考えている

持ちの人とお店で食事をすると「こうすれば、このお店の回転率は上がるよ」とか「こうやったらコストカットできるんじゃ」と「儲ける方法」を議論しだします。儲ける方法をいつも考えているから、良いアイデア・方法が思い浮かぶのですね。

持ちは見栄におを使わない

億万長者の半分は235ドル(約20,000円)以上の腕時計を買ったことが無い。

腕時計で重要なのは、時間がわかることです。必要な機能におを出せばよいので、お持ちは見栄の為におを使いません。

平均的な億万長者が自分と家族のために買った一番高いスーツは1着399ドル(約34,000円)

見栄におを使っていては、いくら稼いでもおは逃げていきます。倹約、倹約、また倹約。しっかり節制するからこそ、お持ちはお持ちになっています。

多大な消費をしても資産を形成できるお持ちは1000人に1人程度

出典「ふつうの億万長者」徹底リサーチが明かす おが“いやでも貯まる”5つの「生活」習慣 (East Press Business)(トマス J スタンリー)

を稼ぎ、さらにそのおを無駄に使わない人がお持ちになれます。

持ちは人の話を聞く

自分は何も言わず、ただ人の話を熱心に聞く

100人の億万長者を取材したハン・サンボクによれば、ほとんどのお持ちは自分で喋らず人の話を熱心に聞くタイプです。

持ちは、自分の話をするよりも、相手の話を聞いて情報収集をした方がチャンスを得られることを経験的に知っているのですね。

相手の話は自分の話の2倍聞け

この言葉はユダヤ人の教えの一つです。相手の話を聞くことで、相手からの信頼も情報も獲得できます。

持ちはシステムをつくる

自分がいなくてもまわるシステムをつくる

自分の力だけで稼ぎ続けようとすると、長続きしません。オートメーション、マニュアライズ、アウトソーシング・・・・お持ちは、自分の存在をなしでもおを生むシステムを構築します。自動的に収入が得られるシステムをつくることが、経済的自由をつかむ第一歩です。

持ちは人間関係に投資する

持ちは周りを大切にする

持ちは、良い人間関係が成功を生むことを本能的に知っています。ハーバード大学の研究グループによる長年の追跡調査では、「成功している人は良い人間関係を持っている」ということがわかりました。倹約家のお持ちも、周囲の人間のためには積極的におを使います。

年収が1万ドル(80万円)増えても幸福度は2%しか上昇しない。一方、日々接している友人が幸せになると幸福度は15%上昇する

ハーバード大学のニコラス・クリスタスらの研究によれば、およりも良い人間関係こそが私たちを幸せにします。お持ちは良い人間関係がお以上に自分を幸せにしてくれることを知っているのです。

 ⬇人気の記事!⬇

タイトルとURLをコピーしました