投資と資産運用の違いは?

投資(とうし)」と「資産運用(しさんうんよう)」は同じ意味で使われることがありま
す。場合によっては、どちらの言葉を使っても意味が通じるの
で問題ありません。

 

しかし、実際(じっさい)は投資(とうし)と資産運用(しさんうんよう)には違(ちが)いがあります。その違(ちが)い
を知っておけば、おの知識(ちしき)を身に付けるときに、違和感(いわかん)なく
理解(りかい)することができます。

 

そこで今回は、投資(とうし)と資産運用(しさんうんよう)の違(ちが)いである「定義(ていぎ)、時間、リ
スク」について解説(かいせつ)していきます。この記事の内容(ないよう)を理解(りかい)すれ
ば、あなたも投資(とうし)と資産運用(しさんうんよう)を使い分けられるようになるはず
です。

 

投資(とうし)と資産運用(しさんうんよう)の違(ちが)い その1:定義(ていぎ)

投資(とうし)とは「利益(りえき)を得ることを目的とし、(かぶ)や債券(さいけん)などの融商(きんゆうしょう)
品、事業などに資(しきん)を投じること」です。「新興国(しんこうこく)の式(かぶしき)に投
資(し)する」や「東京の不動産投資(とうし)する」のような使われ方をし
ます。

 

それに対して資産運用(しさんうんよう)とは「自分が持っている資産(しさん)を増(ふ)やす、
もしくは減(へ)らさないことを目的とし、投資(とうし)や貯蓄(ちょちく)をすること」
です。ただ預貯(よちょきん)しておくだけでも、資産運用(しさんうんよう)をしていること
になります。

 

このように、「投資(とうし)とは資産運用(しさんうんよう)の方法の一つ
」になるのです。

 

 

投資(とうし)と資産運用(しさんうんよう)の違(ちが)い その2:リスク

あなたは投資(とうし)と資産運用(しさんうんよう)ではどちらのリスクが大きいと感じる
でしょうか?

 

おそらく、ほとんどの人が「投資(とうし)の方がリスクが大きい」と思
うはずです。そのイメージの通り、「リスクが大きい
ものを投資(とうし)
」、「リスクが小さいものを資産(しさん)
運用
」と分けることもあります。

 

例えば、(かぶ)で運用する場合も、リスクに対する考え方で使う言
葉が変わります。(かぶ)のリスクが大きいと考えている人は、「私(わたし)
(かぶ)に投資(とうし)をしている」といいます。それに対して、(かぶ)のリス
クが小さいと考えている人は、「私(わたし)は(かぶ)で資産運用(しさんうんよう)をしてい
る」といいます。もちろん、このリスクは(かぶ)で運用している人
の考え方の違(ちが)いであり、運用スタイルの違(ちが)いでもあります。

 

そして、日本人はどちらかというと資産運用(しさんうんよう)を好む傾向(けいこう)にあり
ます。なぜなら「リスクを背負(せお)いたくない」という考えの人が
多いからです。

 

 

投資(とうし)と資産運用(しさんうんよう)の違(ちが)い その3:時間

投資(とうし)という言葉は短期間で完結する場合に使われることが多い
です。「(かぶ)を購入(こうにゅう)して3ヶ月後、価値(かち)が2倍になったので、すべ
ての(かぶ)を売却(ばいきゃく)した。私(わたし)は投資(かぶしきとうし)によって大きな利益(りえき)を得た」
のようなケースです。

 

それに対して、資産運用(しさんうんよう)という言葉は長い時間を要する場合に
使われることが多いです。「不動産を購入(こうにゅう)し、30年間に渡(わた)って
家賃収入(やちんしゅうにゅう)を得ることができた。私(わたし)は不動産運用によって大きな
利益(りえき)を得た」のようなケースです。

 

このように、要する時間の違(ちが)いが投資(とうし)と資産運用(しさんうんよう)の違(い)
といえます。もちろん、投資(とうし)と資産運用(しさんうんよう)を分ける明
確(かく)な基準(きじゅん)があるわけではありません。あくまでこのように捉(とら)え
られることが多いというだけです。また、投資(とうし)や資産運用(しさんうんよう)を実
践(せん)している人の感覚によっても、使われる言葉が変わります。

 

 

以上のように、投資(とうし)と資産運用(しさんうんよう)には「定義(ていぎ)」、「リスク」、
「時間」という違(ちが)いがあります。これらの違(ちが)いを理解(りかい)すること
で、状況(じょうきょう)に応(おう)じてどちらの言葉が当てはまるのか分かるように
なります。本などで勉強する場合も、より深く読み解(と)くことが
できるはずです。

タイトルとURLをコピーしました