炭酸飲料を吹くのを防ぐ方法【面白化学】

食べ物

振った炭酸を吹かさないで開ける方法!

思わず落としてしまったコーラ、自転車の籠に入れていて振られてしまったサイダー。こちらのノートではその問題を科学的な視点から解決できるようお手伝いさせて頂きます。

STEP1:横に倒してコロコロ転がす。

10回以上が目安です。転がさずとも手の中で回転させているだけでもOKです。

STEP2:おしまい!!

これでおしまいです。これは炭酸の化学的性質を利用した方法です。

炭酸は常に水と二酸化炭素に分離、結合を繰り返し続けています(平衡反応)。

CO2     +   H2O     ⇔   H2CO3

二酸化炭素が缶の上層部に溜まって炭酸にならなかったり、液面に気泡が発生したりするため空けたときに上層部の溶液も巻き込みながら吹き出してしまうのです。

しかし今回の方法を行うと横にすることで液体と二酸化炭素の接触面積が広くなり、転がすことで二酸化炭素が溶液に徐々に取り込まれていき条件が良ければ元の状態にまで戻るのです。

そのためペットボトルのコカ・コーラやファンタ等ボトルが括れているものほど接触面積が小さくなってしまうので効果は小さくなり、  缶などの寸同なものは効果は大きいです。

成功例

現在個人的に成功しているものは

■缶コカ・コーラ
■缶カルピス・サイダー
■缶ミスチオ
■缶マウンテン・デュー
■缶ドデカミン
■缶Dr.Pepper
■ペットボトル サイダー
■ペットボトル オランジーナ
■ドデカミンストロング

です。これを見てくださった方々「他にはこんなのが出来たよ」というものがあればお教え下さい。

 ⬇人気の記事!⬇

タイトルとURLをコピーしました