黒田官兵衛が過小評価される? 竹中半兵衛や真田より実績あると思う

戦国武将 歴史

赤松政秀が姫路城を3000の兵で襲撃、これをたった300の兵で奇襲を繰り返すことで撃退

英賀合戦では500の兵で逆に奇襲をし、5,000の兵を退ける

1581年より、本格的な中国攻めにおいて秀吉の軍師として帯同する。「鳥取の飢え殺し」として知られる鳥取城への兵糧攻めにより、3ヶ月で降伏させることに成功。
翌年には備中高松城を攻略する際に堤防を築き、「高松城の水攻め」を行った。最初はうまくいかなかったものの、舟に土嚢を積んで沈めさせることで堤防を作るアイデアを出した。

 ⬇人気の記事!⬇

タイトルとURLをコピーしました