【独自入手】存在しないとされた『17年前のいじめ調査文書』成人した被害者本人も認める詳細記録R…

いじめ
【独自入手】存在しないとされた『17年前のいじめ調査文書』成人した被害者本人も認める詳細記録…「ない」と一貫主張の神戸市教委は?(2022年4月20日)

17年前に神戸市の小学校で起きた“いじめ”。神戸市教育委員会はこれまで一貫して「十分な調査を行えず、いじめがあったかどうか判断ができない」「いじめの調査文書はない」と主張してきた。しかし今回、取材班は教育委員会がこれまで“ない”と主張してきた『いじめの調査文書』を独自に入手した。神戸市教育委員会の内部で保管されていた34ページの資料。17年前に起きた“いじめの記録”で、これまで明らかにされてこなかった。
 2005年、神戸市立の小学5年生だったAさんは、同級生13人から殴る蹴るの暴行を受けたり教科書を破られたりするなどの嫌がらせを受け、さらに約1年間にわたって50万円以上を脅し取られたという。
 今年3月、今は27歳になった被害児童のAさん本人、そしてAさんの父親に直接話を聞くことができた。さらに取材班は神戸市教育委員会の担当課長にも話を聞いた。
 (2022年4月20日放送 MBSテレビ「よんチャンTV」内『特命取材班スクープ』より)

▼MBS NEWS HP
https://www.mbs.jp/news/

▼最新ニュースや特集を毎日配信 チャンネル登録お願いします!
https://www.youtube.com/c/MBSnewsCH?sub_confirmation=1

#いじめ #神戸市教育委員会 #神戸市教委 #児童生徒課 #調査文書 #神戸市立小学校 #独自入手 #被害者 #被害児童 #MBSニュース #毎日放送 #スクープ #特命取材班スクープ

 ⬇人気の記事!⬇

タイトルとURLをコピーしました