「太陽の牙ダグラム」コンバットアーマー機体一覧画像まとめ30選!

ロボアニメおもしろ雑学!(毎時更新) ロボットアニメ

全高9.63m
重量20.12t
最大速度55km/h
乗員1名
武装アームリニアガン
連装20mmチェーンガン
マルチディスチャージャー×4
リニアカノン
ターボザック
9連装ミサイルポッド

デロイアのゲリラグループが極秘裏に開発した、Xネブラの電磁波の影響に史上初の対応を果たしたCBアーマー。生残性を高めるためジェネレーターを2基搭載、全身水中に浸かることのできる防水シールドも完備。対リニアガン装甲を備え防御力も強い。整備性や分解・組み立ての容易さはラウンドフェイサー以上で、総合的に実戦向き、欠点はエネルギー消費が大きく連続稼働時間が短い事と砂地など柔らかい地盤での歩行安定性に問題がある。デロイア星ゲリラの象徴たる本機であるが、その部品の70%は地球製である。開発にはアイアンフット社がリスクを承知で携わり、ダグラムの稼動データを参考にヘイスティが開発された、というものがある。

戦闘行動時間の短いダグラムの欠点を補うため、外付け動力「ターボザック」が別の工場で開発されていた。これはJ・ロック隊により専用トレーラーと共に、スパ市に到着した太陽の牙に届けられ、ダグラムの背面に装着された。これにより燃料搭載量が増加して作戦行動可能な時間も伸び、またアームリニアガンの連続発射や、更に「リニアカノン」の使用も可能となり、戦闘力が飛躍的に向上した。これはリニアガンの5、6倍の威力がありバラフ軍刑務所の正門を一撃で貫通した。唯一のデメリットは重量がかさむため跳躍力が低下することで、崖の上の敵を相手に苦戦する場面もあった。

ドガ市攻略戦後、「クリンへのプレゼント」と称して、チコがどこからか拾ってきた9連装ミサイルポッドを増設し、対CB戦能力が一層強化された。プラモデルでは「ヤクト(Jagd=ドイツ語で『狩猟』転じて『駆逐』を意味する)タイプ」と名付けられているが、劇中では一度もそうは呼ばれていない。

コックピット

画像の紹介コメントを入力

企画デザイン案

製造アイアンフット社
全高8.94m
重量21.99t
最大速度47km/h
乗員1名
武装アームリニアガン
アーマーライフル×2
9連装大型ミサイルポッド
スモークディスチャージャー×3

ラウンドフェイサーに代わる次期主力機を目指して開発されたXネブラ対応型CBアーマー。ダグラムのデータをベースに開発されたと言われているが真偽不明。頭部が無く右胸部にトーチカ型のコックピットがある。乗員からの直接視界が狭いためセンサーで補っている。関節駆動系を全てマッスルシリンダーにしたのも特徴。他の二足歩行型CBアーマーに比べ全高は3/4程度で機体幅はブロックヘッドより狭く。特異な形状のため多脚型CBアーマー同様にボーンフィッシュで空輸する。「ヘイスティ(せっかち)」の名の通り、重厚な見かけによらず素早い横移動ができる。

サバロフAG9 “ニコラエフ”
製造サバロフ社
全高9.36m
重量15.692t
最大速度40.8km/h
乗員1名
武装連装リニアカノン
6連装ミサイルポッド×2
30mm機関砲×6

ラウンドフェイサーより以前に開発された第二世代最初のCBアーマー。二足歩行型だがマニピュレータが無い。腰部にあるミサイルポッド以外の火器は全て胴体固定式で、腰から上を全周旋回させて攻撃する。サバロフ社はソルティック社の技術を産業スパイを使って盗用することで本機を開発したが完成した機体の性能はお世辞にも良好とは言えず、サバロフ社のごり押しで限定的に量産されたという経緯を持つ。歩行能力も劣悪であるため戦闘運動にはジャンプを多用バランスを崩すことが多くまた装甲も薄い。これらの諸問題を抱えていたため納品された機体も長い間死蔵の状態だった。

製造アビテート社
全高12.20m
重量34.6t
最大速度39km/h
乗員3名
武装リニアカノン
30mm機関砲
12.7mm機関銃
7連装ミサイルポッド×2

最初に実用化された第一世代CBアーマー。前後可動の四足式。戦車を四脚化したような構造で、操縦や運用は従来の戦車と大差がないため扱いやすく旧式化していたにも関わらず独立戦争前半から中盤にかけて両陣営で活躍した。設計に問題があり、車体のライトを引っ込めないと干渉してミサイルが撃てない。機体色はバイオレット。

製造アビテート社
全高12.30m
重量36.5t
最大速度38km/h
乗員3名
武装リニアカノン
30mm機関砲
12.7mm機関銃
7連装ミサイルポッド×4

タイトルとURLをコピーしました