日本のゲームソフトで最もたくさんのハード向けに移植されたのは何でしょうか? 信長の野望 武将風雲録

ゲーム 信長の野望

日本のゲームソフトで最もたくさんのハード向けに移植されたのは何でしょうか?
信長の野望 武将風雲録ですか?

guest
5 コメント
高評価
最新 最も古い
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
匿名
匿名
1 月 前に

この質問は古くから知恵袋上にあると思うので、そちらを参照するのも良いかと思いますが、以前に見た答えに「ゼビウス」というのがありましたが、これはなるほどと思いました。
ハードバリエーションの圧倒的に多いパーソナルコンピューターに国内・海外を問わず幅広く移植され、なおかつ、主要なゲームハードに新旧を問わず何度も顔を出している。そして続編ではなく、最もバリューの強いカードが「初代ゼビウス」だという点。国産ゲームとしては、これが模範解答に近いのではないでしょうか。(ワープロにまで移植されていた上海も強いことは確かですが、海外のタイトルです)

匿名
匿名
1 月 前に

〉上海は海外のタイトル

あぁ、言われてみればそうだ。失敬失敬。

だったらボンバーマンあたりじゃないかな?元々はPCゲームだけれど大半のコンシューマー機に移植されているし、MVS/ネオジオで展開されたアーケード版もあった。

変わったところでは、ハドソンとNEC、そしてNHKの3社で組んで作った、全国キャラバン用の大がかりなやつ(HI-TENキャラBOM)もあった(画像)。NHKのアナログハイビジョンの技術を使っているので、世界最初のHD(高解像度)ゲームということになるらしい。

匿名
匿名
1 月 前に

なんだろ、バイオ4が思いついたけど

匿名
匿名
1 月 前に

上海じゃないかなぁ。

匿名
匿名
1 月 前に

「スペースハリアー」のようなアーケード系でしょうね
ファミコンなどはもちろん、海外のPCや
現行のゲーム機などにも移植されていますから
https://www.youtube.com/watch?v=NY6nZ9DIOxs



 ⬇人気の記事!⬇

タイトルとURLをコピーしました