笑えるコピペ④

笑える話コピペまとめ!(毎時更新)
フランダースの犬
少年「パトラッシュ、僕もう眠くなってきちゃったよ・・・・」

パトラッシュ「ネロ」

賢者の贈り物
夫は愛する妻のために自慢の懐中時計を売り、髪飾りを買う

妻は愛する夫の為に自慢の長い髪を売り、時計用の鎖を買う

お互いのプレゼントは無意味になってしまったが二人は相手を思いやる
真の愛を手に入れた

とかいう話があるけど、あれって損してるのは夫だけだよな
髪飾りは髪短くても付けられるし、その内また髪は伸びるし
どう考えたって夫が不憫だ

お前等どう思う?

子育て
生まれてからの2年間、親は子供に歩き方と話し方を教える。

その後の16年間は、座っておとなしくしてなさいと説教する。

パチンコ
バスの中でリーマンが二人話してたんだ

A『昨日、子供に「パチンコの玉って何でできてるの?」って聞かれたんだよ』

B『へぇ?なんて答えたんだ?』

A『「【】を【失】うと書いて【鉄】だ」』

そこでバスを降りたが妙に納得した。

絵本
4歳の息子に寝る前、絵本を読んでやった。

翌日、仕事から帰り、帰宅。チャイムを押すと鬼の形相の妻が出迎え。そくボッコ。
手の早いのはいつものことだが、理由が分からない!ので聞く。

「あなた、昨日息子に何話したのよ!?今日息子がしきりに『ぺったんこ、ぺったんこ』って言ってたわ。あんた私の胸馬鹿にしたでしょ?」と、壊れたやかんのごとく妻。

その後も「おっぱいはあの子が赤ちゃんの時全部持ってちゃったの!!前は少しはあったんだから。」と言ってきた。

すいません。それ昨日の絵本「猿蟹合戦」の臼のことだと思います。
あなたのAカップは私の宝ですので馬鹿にするはずもありません。
必死に説得も妻の機嫌が戻らず、夕食のおかずは目刺し数本。

あの~、そちらで食べてる豚カツ一切れ分けていただけませんか?

失意の中、息子「今日はこれ読んで」と渡してきたのが「桃太郎」。
それもちょっと危なくないですか?鬼のくだりとか・・・

ガク(((;゜Д゜)))ブル

ウエディングドレス
結婚式でのこと、男の子が母親に尋ねた。
「ねえママ、どうして花嫁さんのドレスは白いの?」
「なぜってね、白は平和と幸福の色で、今日は花嫁さんにはいちばん幸せな日だからよ。」

男の子はしばらく考え込んでからまた言った。
「じゃあママ、どうして花婿は黒い服を着ているの?」

動物愛護活動
ある日、母親が新しい毛皮のコートを着ているのを見て、ジャックは言った。
「ママがそのコートを買うために、可哀相な生き物が犠牲になってるのを知ってるの?」

すると母親は怒ってジャックに言った。

「ジャック!お父さんのことをそんな風に言うんじゃありません!」

子犬
近所に住んでる若い姉ちゃんが子犬の散歩をしていたので

「こんにちは。可愛いですね。ちょっとだけ触ってもいいですか?」

と聞いたら、快く「いいですよ」と言ってくれたので

姉ちゃんのおっぱいを触ったら思いっきりビンタされた。

真珠のネックレス
ある性が、眼りから覚めると夫に向かってこう言った。
「バレンタインデーとしてあなたが真珠のネックレスをプレゼントしてくれる夢を見たわ。これって何を暗示しているのだと思う?」

「今夜分かるさ」
夫は言った。

その晩、夫はなにやらお土産を持って帰宅し、それを妻に手渡した。
妻は大喜び。さっそく袋を開けると、中には本が入っていた。タイトルは、

”夢判断”

無知と無関心
Q. 無知と無関心の違いは?

A. そんなの知らないし、知ったこっちゃないよ。」

サポートセンター
先週、妻と私は新しいパソコンを買った。セット・アップに若干の困難を覚え、
マニュアルに書かれてあったカスタマー・サポートに電話をすることにした。

受話器をとリ、電話をかけた。
男性が対応に出たところで、私は問題を説明した。
彼はコンピューターの専門用語をすらすらと言ってのけた。
我々はますますわけが分からなくなった。

「すみませんが、」私は丁寧に言った。
「私を小さな子供だと思って、どうすべきか説明していただけませんか?」

「わかりました、」
サポートセンターの男が言った。

「坊や、ママに代わってくれるかな?」

外見と内面
「恋愛において、外見と言うのは高校野球で言えば地区予選に過ぎない。その人の内面こそが甲子園なのだ」

「つまり、内面を磨けと言うことですね!」

「違う。地区予選に勝たないと甲子園には出場できない、ということだ!」

3つの願い
男が海辺を散歩していると、ランプが落ちていた。

ランプをこすると精霊が現れ、3 つの願いを叶えてやると言う。
ただし、望んだものの 2 倍がその妻に与えられるというのだ。
離婚調停中の男は、この条件にかなりがっくりきたが、何にするかを決め精霊に伝えた。

「1 つ目の願いは、1 億ドルにするよ」

「はい、わかりました」

そう精霊が言うと、約束どおり妻にも 2 億ドルが贈られた。

「2 つ目の願いは、馬鹿でかい邸宅だ」

この願いも叶えられ、妻はその 2 倍の広さの邸宅を受け取った。

「3 番目の願いは何にしますか?」

男はしばらく考え込んで言った、

「僕を半殺しにしてくれないか?」

学歴コンプレックス
1. 学歴ある人間は勉強しかできないと思っている
2. 自分は勉強はできないが、ほかに何か才能があると思い込む
3. 「学校の勉強なんて社会じゃ役に立たない」 が決め台詞
4. 「自分は成績は良くないが頭は良い」と妄想をしている
5. 学歴がない事を逆に美化しようとする
6. 学歴が高い人間にはどこか性格的に欠落している部分があると信じている
7. 馬鹿高に入ったor進学校で落ちこぼれたのは単に勉強しなかった、環境が悪かったからだと信じ、自分の能力は疑わない
8. 必要以上に”努力”を美化し、結果には目を向けない
9. 自分自身の問題からはひたすら目を逸らす
10. “割合”など算数に弱いので極端な例やまれな例を引き合いに出して無理な一般化をしたがる
11. 図星の指摘をされてもちゃん反論ができないと人格攻撃に走る
12.「○○みたいな人もいるよ。△△だってそうじゃない。」といった小学生のいい訳みたいな反論をする
13.「自分はやる気に成れば出来る人間だ」と根拠のない自信を持っているが、いつまでもやる気にならない

コンビニでバイトしてる時の話
ハゲたオッサンに
「親から貰った体の一部だろうが!髪にするなんて気違いか?」
と理不尽な事を言われたので
「テメェこそ親に貰った大事な髪どこやった?」
と言ってしまった…。

オーナーに滅茶苦茶怒られました(´・ω・`)ショボーン

中国人
4人目の子を身ごもっている妻が新聞を手に持ち青い顔をして言うんだ。

「あなた、大変よ、生まれてくる子の4人に1人は中国人って書いてある」って。

落ち着け妻

新しいパパ
僕が夕方学校から帰ると、家に知らない男がいた。
はやく気付くべきだった、後悔の念が頭をよぎる。
嫌な予感は朝からあった。
いつもなら、いつまでも寝ている僕を叩き起こすアイツが、 無駄に優しかった
し、弁当の中身が豪華だった。
”行ってらっしゃい”の声もうわずっていた。

沈黙し、立ったままの僕を見かねて、その男 (といっても見かけは中年、おじさんの方が正しいか)は、アイツを一瞥し、頷くと立ち上がった。
またか…もういい、言うことはわかってる。
聞きなれた、そして、聞きたくも無いあの言葉を聞く。

「ヒロシくん、今日から僕が新しいパパだ。よろしくね」

差し出された男の右手を見つめながら、僕は思った。 これでいったい何人目のパパだろう…。
いいかげんにして欲しい!
僕にパパは二人も要らない!!

必要なのはパパではなく、ママだ!!!

mixi
mixiデビュー!(0)
今日は僕の誕生日です!(0)
みなさんはどう思いますか?(0)
あけましておめでとう!!(0)
マイミクの皆さ~ん!お知恵拝借!(0)
mixiプレミアム入っちゃいました!!(0)
皆様にアンケートです(0)
最近めちゃくちゃ落ち込んでいます…(0)
手首切りました…(0)
家にある睡眠薬全部飲みました…(1)
ありがとう…(1)
我はメシア、明日この世界を粛清する。(54687)

円周率
昔むかしそろばん教室に
なぞのROMカセット式OSのコンピューターがあり
円周率を憶えるためのFDソフトがあったんだ

それはテンキーで円周率を打ち込んでいき、
1桁でも間違えると最初からやり直しという
シビアなソフトだったんだ。
もちろんチートなどない。NOFDなどない。

そんなソフトに夢中になり円周率を憶えて、
テンキーを見るとつい円周率を
打ち込みはじめてしまうほど
刷り込まれている俺が
円周率とはなんたるかを教えてやろう。

およそ3

下手くそなギター
隣の部屋の住人が夜中にギターの練習を始め
あまりの五月蠅さにキレて、壁越しに
「下手くそなギターやめろっ!」
とどなった

するとギターの音は止み、これでようやく眠れると思ったら
今度は尺八の音色が響いてきた
しかもめっちゃ上手だった

そ う い う 意 味 じ ゃ な い

良い子
五人の子供をもつパパが、くじびきでおもちゃを当てました。
子供たちを集めて、どの子におもちゃをプレゼントするか、きくことにしました。

「いちばん聞き分けがいい子はだれかな~?」
パパがききます。
「ママに口答えしたことない子はだれかな~? ママの言う通りにしてる子はだれかな~?」

五人は沈んだ声を揃えて答えました。
「わかったよ、パパ、あげるよ」

ねぐせ
その日はデートなのに寝癖がひどく、彼氏にふざけて
「ねぐせがひどいから 今日のデートいけなーいv(^ω^*)」
といちゃこらメールを送った。

しばらく返信が来なかったので、おかしいと思い送信済みメールを見てみた。

ねぐせが ねぐそになっていた。
ストロングなそれを想像して涙が出た。

真実
以下の10の真実を読んでほしい

1 あなたはこの文章を読んでいる

2 あなたは、こんなのばかばかしいって思っている

4 あなたは3がとばされたのに気づいてない

5 あなたは今、それが本当かどうか確認してる

6 あなたは笑っている

7 あなたは未だ読んでる

8 あなたは以上のことが真実だと解っている

10 あなたは9がとばされたのにまた気づかなかった

11 あなたは今、それが本当かどうか確認してる

12 あなたは、これでちょうど10の真実が揃ってることに気づいていない

歴史上の人物が絶対言わないセリフ
聖徳太子
「待て、一人ずつ話せ」

ナポレオン
「む、無理・・・」

イエス
「触るなビンボー人」

アドルフ・ヒトラー
「世界は一家、人類は皆兄弟」

福沢諭吉
「格差の何が悪い!」

八先生
「君たちは、クズ同士の親から生まれたゴミです!」

ビル・ゲイツ
「ソフトなんかコピーで済まそうぜ」

菅原道真
「どうせやっても無駄無駄。勉強なんかせんでええ」

天草四郎
「南無阿弥陀仏」

モーゼ
「海が?まさか ハハハ…」

宮本武蔵
「いかん、遅刻だ!」

山下画伯(裸の大将)
『きみ、僕の絵は一千万以下では売らないよ』

ナイチンゲール
「うっせえなあ痛いのはてめえだけじゃねえんだよ!」

ガンジー
「皆殺しだ!!」

ヘレン
「見えたし、聞こえるし、しゃべれる。」

インディアン
「そりゃお前、ウソくらいつくよ!」

面接試験
俺5流大学で資格もまったく持ってないんだけど、勝負をかけて大手航空会社を受けた。
普通にやっても受からないと思ったから、ウケを狙ってやろうと思って、アラレちゃんみたいに手を広げて入室。
「キーーーン、ちゃくりくー」

って着席した。
面接官は冷静に
「入室するところからやり直していいですよ。」

って言ったが、恥ずかしくてそのまま帰った。

 ⬇人気の記事!⬇

タイトルとURLをコピーしました