車輪の国名言集!人生観の変わる

名言

「人生は、上がるか下がるか。現状維持などない。なぜなら、自分が成長しなくても時間だけは過ぎていくからだ。良く覚えておけ・・・・・ 管理とは、成長させることだ 。現状を維持することではない」

法月将臣

義憤などではない、そんなもの……
豚のひがみというのだ!!!

法月将臣

国が、資格が、こんな特許が、親が、信頼する友人がこういったから・・・すぐ、安心し、思考を停止する。そのくせ、裏切られたときには、豚のようにわめき散らす

法月将臣

森田よ。一時的なものとはいえ、
暴力ほど効率のいい指導はこの世に存在しないぞ

法月将臣

何も難しいことはない。言っても聞かない子供は、殴るしかないという乱暴な理屈を実践しているだけだ。

法月将臣

痛いぞ……自分のせいで誰かが傷つくというのは

法月将臣

個人ののろまな足並みにペースを合わせていたら、社会が成り立たん

法月将臣

いわれたことしかできない人間を三流。

いわれたことを上手にできる人間で、ようやく二流。

森田はいつになったら一流になるんだ?

法月将臣

よく、我々のように人の上に立つ人間は、下の者に向かって、
お前の思考は手に取るようにわかると言うが、実際はそんなこと はない
我々は、他人の思考を予測しているのではなく、思考を指定しているのだ

法月将臣

人は、すぐに忘れる。
自分の損得に関係のない話を覚えようとしない。
ならば、話を忘れると損をするということを教えなければならない。
そうして、社会に罰則というものができた

法月将臣

そこを退け、豚ども私はこれから最愛の人に会いに行かねばならんのだ――

法月将臣

だが、我々はいつも惑わされる。情けを乞う人の姿に。
涙して誠意を示すその表情に。あるいは妹のために昼夜努力する
その一枚の絵に、私たちは、判断を間違える

法月将臣

万物は流転する。そこに多少の善悪があろうとも、今日も太陽は東から昇ってくる まるで車輪のように

—-

ぶっこーすぞ

大音灯花

おかわり、あるから

大音灯花

毎日遊んでいるようなヤツほど、実はプライドが高くて、そのくせ、将来でかいことしてやろうとか思ってるもんだよ

森田賢一

夏が来て、風が吹いて、暑くなって、毎日学園に通って………
…なにか面白いことがありますか?

日向夏

夏が来て、暑くなって、少しだけ雨が降って、田んぼは青々しくて、風が吹くと緑の匂いがして、ケンちゃんみたいな友達がいて……なんにも変わらないけれど、それだけでもいいんだよ

日向夏

『母子家庭な義務』ってないよね?

大音灯花

世の中が、いつもそうやって、理不尽な選択をせまってくる
というのなら……仕方ないことだって、
知ったふうに大人面するような社会なら……
私は、一生子供でいい!

大音灯花

指導者は、謝るな。
誰かに責任を押し付けられない立場の人間の謝罪が許される社会は堕落の一途を辿る

法月将臣

過去と他人は変えられないが、未来と自分は変えられる

森田賢一

男となど、しょせんは棒と穴の関係にすぎん。そんなものを愛だと語るから人間は腐ってゆくのだ

法月アリィ

 ⬇人気の記事!⬇

タイトルとURLをコピーしました