自分が攻撃されないために知っておくべき!いじめられやすい人の特徴

いじめ

今や社会問題となっているいじめ。学校や職場など人が集まる集団や組織でいじめが起きてはニュースになっていますが、当然のごとくいじめる側に問題と責任があります。ただ、いじめられる側にもいじめやすい人というのはあるようです。ですからそうならないためにも、特徴を知っておくことが自分を守る手段となります。

空気を読めないのに、でしゃばって勘違い発言をする人、ということになります。こういう発言をしてしまうと、いじめたい側にとっては、かっこうの餌食になりやすいです。

「○○が△△といっていた、馬鹿じゃないのか」と、まずはこんな調子で始まります。面白いので、周りも参加するのが常です。一旦、つつけるという風潮ができあがると、そのまま何もしなくても膨れ上がっていきます。グループにとっては罪のない発言になるのですね。

空気が読めない場合は、マイナスを作ること避ける方向を選び、慎重におとなしくしていた方が良いでしょう。

ネガティブ思考も問題です。そもそもいじめの逆の好意を持たれるタイプを考えると分かりやすいです。前向き、ポジティブ、明るい、というのが一般的に好かれる最低条件です。つまり、それとは真逆をいってしまっているわけですね。

ネガティブ思考が身についてしまっていると、なんでも悪く考えます。ちょっとしたことでも、これは悪い予兆ではないか、嫌われているのではないか、いじめをしようと待ち構えているのではないか、などと勘繰ります。

周りと違うことをする人はいじめられやすい人です。

運動音痴だったり、笑いのツボが周りと違うなど、他の人と違う行動をいつもしてしまっているかもしれません。

もちろん自分を捨ててまで周りに合わせる必要はありませんが、周りを見る習慣もつけましょう。

被害妄想が激しい人は、それが原因で孤立してしまうことがあります。これは精神疾患によるものからきているのかもしれません。

ですから、改善できるように医療機関にかかることが最善の道です。

自分一人では解決できないことも多いため、信頼できる人に聞いてみましょう

被害妄想が強かったり冗談が通じないような人も、いじめられてしまう可能性があります。元々は好かれていたにも関わらず、自らの被害妄想が原因となり孤立してしまうこともあるのです。

・コミュニケーション不足

挨拶は重要です。たかが挨拶ですが、されど挨拶です。挨拶は立派な人間関係を円滑にするコミュニケーションの1つです。いじめられやすい人も挨拶をしているのかもしれませんが、気のない声だったり、相手に聞こえない程度のものだと挨拶した方はテンションも下がります。自分から明るい声で挨拶をしていますか?

職場やママ友関係(PTA)などで事務的な要件以外にもコミュニケーションを取ることは、人間関係の1番の軸になります。円滑なコミュニケーションが取れないというのは、いじめられやすい人に多い特徴です。挨拶をきちんと出来ているか、雑談などに加わっているか、質問に的確に答えているかをチェックしてみましょう。

成績が良い、顔立ちが整っている、評価が高いなど

これらのような特徴があると攻撃の対象になりやすくなります。ただこれらの特徴があるだけで攻撃されるわけではありません。障碍者施設では障碍があるのが普通ですし、まともな服の人がいないところでは服装が乱れているからといって攻撃されることはありません。

いじめられやすい人の中には、自分には落ち度がないのにいじめられやすい原因を持っている人もいます。若い子、特に可愛い&綺麗な子です。職場では可愛い若い子に男性陣も注目しチヤホヤします。年配の性に嫉妬されないように、目立たないようにしないと態度次第ではいじめられる可能性もあります。

・世渡りが下手

世渡り上手な人というのは何事も上手くやってのけます。しかしながら、世渡りが下手な人というのはいじめられてしまうこともありますね。特に性というのは群れを成して行動することが多いですから、その輪の中に上手く入っていけない性というのはいじめられやすくなってしまいます。

気が弱くて言い返せない性格というのは、最もいじめられやすいと言っても過言ではありません。というか、いじめの対象にしやすいのです。からかわれたり、悪口を言われてしまうこともあるでしょう。気が弱い性格というのは簡単に直せるものではありませんが、それでも心を強く持つことが大切です。

・感受性が強い人

感受性が強いと少しの言葉のニュアンスの裏側まで考えてしまって普通の人は傷つかないような言葉で傷ついてしまうことがあります。

あまり感情が豊かすぎてしまうのも、いじめる側の人たちの行動をエスカレートさせてしまうこともあるので注意が必要です。

何をしても反抗しない人は、隠れた場所でいじめを受けたり陰湿なネットいじめなどを受けたりしやすい傾向にあります。

「この人は何をしても大丈夫」と認識されてしまうと、たちまちいじめの対象となってしまう危険性が高くなってしまうのです。

おとなしく自分の意思を他人に伝えることが苦手な人は、他の人に自分のことをわかってもらいにくいので誤解を生むこともあります。

・自分が悪いのかと考えてしまう

いじめられっこは、人から嫌なことをされたとき、すぐに自分が悪いと思ってしまいます。
実際にはなんの落ち度もない場合でも、自分を責めます。
嫌がらせをしても自分が悪いと思ってくれるのだから、いじめっこにとっては好都合な相手なのです。

出典攻撃や意地悪をされる人の理由|人にいじめられやすいタイプの特徴 – 心理学たまご~心の悩みをパカッと解決するブログ~

・周囲に無頓着な体質

いじめられっ子には周囲に無頓着な体質があります。例えば、髪の毛がボサボサだったり、口臭が酷かったりするなどの清潔感のない場合があります。その無頓着な面を見た人は「気持ち悪い」や「近づきたくない」などの感情が生じます。すると、その無頓着な子は非難や暴力などの攻撃をされたり、無視されたりするなどの被害を受けやすくなります。

人間の中には一人でいることが好きな人もいます。ある集団が形成されると、集団の一員がその人に勧誘しようとして近づきます。その反応を見て拒否するようであれば、非難や暴力などの攻撃を仕掛けます。その程度がエスカレートしていき、結果的に、一人でいる子はいじめられっ子になります。

・奇抜なファッションや不衛生な恰好をしている人

良くも悪くも目立つ人は、周囲から浮いてしまいます。

日本人は周りから浮いた人に良い印象を持たない人が多く居るのです。

特にファッション等見た目で明らかに周囲からおかしい人はいじめのターゲットにされやすいのです。

個性的とはまた違う奇抜なファッションを好む人はいじめに遭いやすい傾向にあります。

ファッションを理由にからかう口実が出来るからなのです。

また、不衛生な人は嫌われますからいじめに遭います。

いじめられる人の特徴は、奇抜なファッションや清潔感を欠く服装をしている人です。

周囲と強調出来ない人はいじめる人に目を付けられやすいのです。

 ⬇人気の記事!⬇

タイトルとURLをコピーしました