ウェルスナビ(WealthNavi)とは?メリット・デメリット・実績や手数料を紹介

投資




今話題のロボアドバイザーで資産運用「WealthNavi」

ロボアドバイザーウェルスナビ(WealthNavi)とは? AIを利用した
資産運用(しさんうんよう)ロボットのようなもので、資産運用のアドバイスを行ってくれるものや、運用までを自動的に行ってくれるものなど、様々(さまざま)なサービスがあります。

そんなロボアドバイザーの中でも、(2019年9月時点で)預(あず)かり資産(しさん)、運用者数共に一番の実績(じっせき)を持っているのが「ウェルスナビ(WealthNavi)」です。
ウェルスナビは、運用までを自動的に行ってくれるロボアドバイザーです。

特に手間をかけず、リスクを抑(おさ)えながら資産運用(しさんうんよう)をしたいと考えている人は必見です。
最近、テレビCMや電車の広告でよく宣伝(せんでん)されるようになってきた「ロボアドバイザー」という言葉。皆(みな)さんも一度は耳にしたことがあるでしょうか。

なぜこれほどまでに人気を集め、注目度が高いのか、その特徴(とくちょう)からメリットまで徹底解説(てっていかいせつ)していきます。

⬇公式サイトはこちら⬇

ウェルスナビ(WealthNavi)とは?

まずはウェルスナビとはどんなロボアドバイザーなのか紹介(しょうかい)していきます。 ロボアドバイザーについて知りたい方は合わせて「ロボアドバイザーとは」の記事をご参照ください。

ウェルスナビは簡単(かんたん)にいうと、世界水準(せかいすいじゅん)の融(きんゆう)アルゴリズムに基(もとい)づいて、AIが自動で資産運用(しさんうんよう)を行ってくれるサービスです。
自分の代わりにAIがプロの投資家(とうしか)として資産運用(しさんうんよう)をしてくれるイメージです。

ウェルスナビ(WealthNavi)とは?

今までは「ファンドラップ」のように人が投資代行(とうしだいこう)をする形が主流でしたが、人件費等(じんけんひとう)が多くかかるためコストが割高(わりだか)となっていました。
加えて必要資(ひつようしきん)も数百万円からと投資初心者(とうししょしんしゃ)の方はなかなか手を出しづらいものが多いです。

一方、ウェルスナビではAIが投資代行(とうしだいこう)をしてくれるため人件費(じんけんひ)がかからず「低コスト」で利用出来るようになっています。
さらに、投資必要資(とうしひつようしきん)は「10万円から」と非常(ひじょう)に手の出しやすい額(きんがく)設定(せってい)になっています。そのため投資初心者(とうししょしんしゃ)の方で手軽に始めることが出来ます。

また、人ではなくAIが一定のアルゴリズムに従(したが)って投資(とうし)をしてくれる
ため、感情(かんじょう)に左右されることなく資産運用(しさんうんよう)を進めることが可能(かのう)です。

人が投資(とうし)をするとどうしても感情(かんじょう)に流され思うように利益(りえき)をあげられないリスクが出てきますが、ウェルスナビではそういった「感情(かんじょう)」に伴(とも)うリスクを軽減(けいげん)することが出来ます。

ウェルスナビはこんな人におすすめ

それでは、結局ウェルスナビが向いている人とはどのような人なので
しょうか。
それは以下のようなポイントに当てはまる人だといえます。

・資産運用(しさんうんよう)に手間はかけたくない
・感情(かんじょう)に左右されず自動で資産運用(しさんうんよう)をしたい
・長期的な資産運用(しさんうんよう)を考えている

皆(みな)さんはいかがでしょうか。
自分に当てはまる!というかたは10万円からコツコツ資産運用(しさんうんよう)を始
めてみて、慣(な)れてきたら本格的(ほんかくてき)にウェルスナビで資産運用(しさんうんよう)を開始してもいいかもしれません。

続いてウェルスナビのメリットについて詳(くわ)しく見ていきましょう。投資初心者の方にとっても魅力的(みりょくてき)なメリットが多くあるので注目です!

⬇公式サイトはこちら⬇

ウェルスナビの4つのメリット

ここからは、ウェルスナビの4つのメリットを紹介(しょうかい)していきます。それで
は1つ目のメリットから確認(かくにん)していきましょう。

メリット1:手間をかけず世界水準(せかいすいじゅん)の資産運用(しさんうんよう)が可能(かのう)!

まず紹介(しょうかい)するメリットは「手間がかからないのに世界水準(せかいすいじゅん)の資産運用が可能(かのう)」という点です。

ロボアドバイザー と聞くと本当にしっかり資産運用(しさんうんよう)が出来るのか不安に思う方もいらっしゃると思います。

しかし、ウェルスナビではノーベル経済学賞受賞者(けいざいがくしょうじゅしょしゃ)の融(きんゆう)アルゴリズムに基(もと)づいて、一人一人にあったポートフォリオを作成しAIが投資(とうし)を全自動で行ってくれるため、投資経験(とうしけいけん)を問わず誰(だれ)でも高水準(こうすいじゅん)の資産運用が可能(かのう)です。

「どれくらいのリスクを許容(きょよう)するか」「目標はどれくらいの額(きんがく)か」を設定してしまえばそれからは自動で運用してくれるため手間がかかりません。

さらに、市場の変化に合わせてその都度最適(つどさいてき)なポートフォリオにしてくれる「リバランス」も自動で行ってくれるため、常(つね)に最適(さいてき)と思われるポートフォリオで資産運用(しさんうんよう)をしていくことが可能(かのう)です。

さらにこれだけ投資(とうし)に関する工数が削減(さくげん)できるのにも関わらず、運用コストは「年率(ねんりつ)で総資産(そうしさん)に対して1%」と低コストが実現(じつげん)されています。

従来(じゅうらい)の資産運用(しさんうんよう)の手間を最大限無(さいだいげんな)くし、誰(だれ)でも気軽に資産運用(しさんうんよう)が出来る点がウェルスナビの最大のメリットであるといえます。

メリット2:運用実績(うんようじっせき)があり長期投資(ちょうきとうし)に適(てき)している

2つ目のメリットは運用実績(うんようじっせき)も現段階(げんだんかい)で好調である点です。
たとえ最新の融(きんゆう)アルゴリズムに基(もと)づいていても、実績(じっせき)が伴(ともな)わなければ意味がありません。

その点、ウェルスナビは2016年のサービス開始から現在(げんざい)の2019年に到(いた)るまでで以下の運用実績(うんようじっせき)を誇(ほこ)っています。

<2016年1月から2019年7月までのリスク許容度別(きょようどべつ)リターン(ドル建て)>

ウェルスナビのメリット

これは、ドル建てでウェルスナビを運用した場合のリスク許容度(きょようど)ごと
のリターンを表したものです。
ご覧(らん)のようにどのリスク許容度(きょようど)を選択(せんたく)したとしてもリターンが生まれています。
1番リスクを抑(おさ)えた場合でも約13%、リスクを最大に設定(せってい)した場合では25%をものリターンが実現(じつげん)されています。

確(たし)かに、3年の運用実績(うんようじっせき)で今後も100%利益(りえき)が上がるとは言えませ
ん。
しかし、一般的(いっぱんてき)に経済(けいざい)は長いスパンで見ると成長を続けていると言われています。

右のチャートからもわかるように、もしウェルスナビを利用してドル建てで資産運用(しさんうんよう)を1992年から行っていたとした場合、リーマンショック
はじめとした一時的な暴落(ぼうらく)はあったものの結果的にリターンが実現(じつげん)されていることがわかります。

つまり、ウェルスナビは長期投資(ちょうきとうし)において利益(りえき)を得られる可能性(かのうせい)が高いということです。
投資(とうし)の世界に絶対(ぜったい)はないので過信(かしん)をしてはいけませんが、比較的(ひかくてき)リスクを抑(おさ)えながら長期でリターンを獲得(かくとく)するには向いていると言えそうです。

また投資対象(とうしたいしょう)は分散投資(ぶんさんとうし)の効果(こうか)が期待できる海外ETFになっているため、長期投資(ちょうきとうし)でリスクを抑(おさ)えつつ、分散投資(ぶんさんとうし)のリスク軽減効果(けいげんこうか)も期待ができます。

メリット3:「DeTAX」で自動税金最適化(じどうぜいきんさいてきか)!

3つ目のメリットは「DeTAX」という機能(きのう)で税(ぜいきん)の最適化(さいてきか)が出来る点です。
せっかく利益(りえき)をあげたとしても利益(りえき)の大半を税(ぜい)として取られてしまってはうまく利益(りえき)を確保(かくほ)することはできません。

しかし、ウェルスナビには「DeTAX」という税(ぜいきん)を自動で最適化(さいてきか)する仕組みが備(そな)わっています。

具体的には分配の受け取りやリバランスなどにより生じる税負担(ぜいふたん)が一定額(いっていがく)を超(こ)えた場合、利用者のポートフォリオ組入銘柄(くみいれめいがら)が抱(かか)える含(ふく)み損(そん)を実現(じつげん)することで、翌年以降(よくとしいこう)に税負担(ぜいふたん)を繰(く)り延(の)べる仕組みのことです。

簡単(かんたん)にいうと利益(りえき)にかかる税負担(ぜいふたん)が一定ラインを超(こ)えた場合、利益(りえき)と含(ふく)み損(そん)を相殺させて税負担(ぜいふたん)を軽減(けいげん)してくれるのです。

こうすることで効率(こうりつ)よく利益(りえき)の確保(かくほ)が望めるようになります。

投資初心者(とうししょしんしゃ)の方にとっては不安材料の1つである税(ぜいきん)の処理(しょり)もウェルスナビが代行してくれるのは非常(ひじょう)に心強いですよね。

メリット4:無料診断(むりょうしんだん)やコラムも充実(じゅうじつ)

最後のメリットは無料診断(むりょうしんだん)やコラムも充実(じゅうじつ)していることがあげられます。

投資(とうし)をいざ始めようにも具体的なイメージがないとなかなか踏(ふ)み切れないものです。

そんな不安を解消(かいしょう)してくれるのがウェルスナビの無料診断(むりょうしんだん)です。
簡単(かんたん)な6つの質問(しつもん)に答えるだけで自分に適(てき)しているであろうリスク許容度から、将来(しょうらい)の資産運用(しさんうんよう)のイメージまでしっかりと提示(ていじ)してくれます。

以下の画像(がぞう)は無料診断(むりょうしんだん)の結果の一例ですが、「リスク許容度(きょようど)」「将来予想」「過去実績(かこじっせき)」「ポートフォリオ」など投資(とうし)を始める際(さい)に気になるポイントがしっかり抑(おさ)えられています。

確実(かくじつ)にこの予想通りになるということではありませんが、将来(しょうらい)の展望(てんぼう)が数字として見られるのは非常(ひじょう)に嬉(うれ)しいです。

この無料診断(むりょうしんだん)に加えて資産運用(しさんうんよう)に関するコラムも用意されており、資産運用(しさんうんよう)を自動で任(まか)せながら自分の投資知識(とうしちしき)を増(ふ)やすことも可能(かのう)になっています。

この投資家(とうしか)へのサポートの手厚(てあつ)さもウェルスナビのメリットであると言えます。運用プランを診断(しんだん)する

⬇公式サイトはこちら⬇

ウェルスナビの3つのデメリット

ここまでウェルスナビを利用するメリットを紹介(しょうかい)してきましたが、もちろ
んデメリットもあります。
しかし、ここで悲観的になるのではなく、どういうデメリットがあってどう対処(たいしょ)しようか考えることが大切です。

デメリットのない融商品(きんゆうしょうひん)は存在(そんざい)しないので、しっかりとデメリットも抑えるように心がけてください。

デメリット1:株式投資(かぶしきとうし)と比(くら)べるとコストが高い

1つ目のデメリットは、ファンドラップ等と比(くら)べればコストは低く設定(せってい)されているものの、投資(かぶしきとうし)と比(くら)べると割高(わりだか)に感じてしまうのも事実です。

例えば、SBI証券(しょうけん)で100万円分の式(かぶしき)を購入(こうにゅう)するとしたら、必要な手数料は525円になります。
一方ウェルスナビで100万円の資産運用(しさんうんよう)を行うと最低でも1年あたり1万円のコストがかかってきます。

こう比(くら)べてみるとコストが高いと感じてやめてしまう人もいるかもしれません。
しかし、投資(かぶしきとうし)をするにあたっては銘柄選(めいがらえら)びから売買のタイミグまで全て自分で行う必要があります。

手数料が高いかどうかは、自分の投資(とうし)スタイルと照らし合わせ総合(そうごう)
的な判断(はんだん)をすることをオススメします。
全自動でもこのコストが高いと思うか、手間がかからないなら低コストだと思うかは人それぞれです。

デメリット2:短期投資(たんきとうし)には向いていない

2つ目のデメリットは短期投資(たんきとうし)には向いていない、つまり短期で大き
な利益(りえき)をあげることは難(むずか)しいということです。

ウェルスナビはダウ平均(へいきん)のような価指数(かぶかしすう)などと連動した価格変動(かかくへんどう)をするインデックス型の海外ETFが投資対象(とうしたいしょう)になっているため、短期
的に大きな利益(りえき)をあげることが難(むずか)しいのです。

そのため、短期間で利益(りえき)を実感したい、大きな利益(りえき)を狙(ねら)いたい!という方には向いていないかもしれません。

しかし短期間で大きな利益(りえき)があげられない分、大きなリスクは回避(かいひ)す
ることができます。
じっくり長期で資産運用(しさんうんよう)をしていきたいのか、ある程度(ていど)リスクを負って
も短期で利益(りえき)を狙(ねら)いに行きたいのか今一度考えて見ましょう。
後者の考えの方にとっては依然(いぜん)としてウェルスナビはオススメできるサービスになります。

デメリット3:下落相場で利益(りえき)をあげることは難(むずか)しい

最後のデメリットは、かつてのリーマンショック後のような下落相場では利益(りえき)をあげることが難(むずか)しいという点です。

前述(ぜんじゅつ)したようにウェルスナビ価指数(かぶかしすう)などと連動するインデックス
型の海外ETFが投資対象(とうしたいしょう)で、ポートフォリオの多くを式(かぶしき)ETFに充(あ)てています。
そのため、式市場全体(かぶしきしじょうぜんたい)が下落しているときは思うように利益(りえき)があがってこない可能性(かのうせい)があります。

ここで、一時的な下落の不安に耐(た)えて長期投資(ちょうきとうし)を続けられるかが重
要になってきます。
先ほども説明したように一時的な市場の下落があったとしても経済(けいざい)
は今後も発展(はってん)していくとされています。

下落相場に敏感(びんかん)になりすぎる人にとっては、ウェルスナビを長期で運
用していくのは難(むずか)しいかもしれません。

⬇公式サイトはこちら⬇

ウェスルナビをはじめるには

今回はロボアドバイザーの1つである「WealthNavi」について紹介(しょうかい)して
きました。
ウェルスナビは比較的新(ひかくてきあたら)しい資産運用(しさんうんよう)サービスにも関わらず、既(すで)に多くの利用者を獲得(かくとく)しています。

投資(とうし)をするにも自分でできるか不安、子育て資(しきん)や老後の資形成(しきんけいせい)
に悩(なや)んでいるという方はこの機会にウェルスナビで資産運用(しさんうんよう)を始め
てみてはいかがでしょうか。

以下のリンクからウェルスナビの詳(くわ)しい情報(じょうほう)の確認(かくにん)や口座開設(こうざかいせつ)が可(か)能(のう)になっています。

ウェルスナビの口座開設(こうざかいせつ)ページへ⬇

⬇公式サイトはこちら⬇

ウェルスナビの口座開設方法(こうざかいせつほうほう)

最後に、ウェルスナビの口座開設(こうざかいせつ)の方法について説明していきま
す。口座開設(こうざかいせつ)は6ステップで完了(かんりょう)します!

口座開設(こうざかいせつ)には本人確認書類(ほんにんかくにんしょるい)(マイナンバーが確認(かくにん)できる書類が必要になるのであらかじめ用意しておきましょう。 スマホからの
解説(かいせつ)が便利です。手続きの手軽さもウェルスナビの魅力(みりょく)の1つですね。

メールアドレスを登録する

ステップ1メールアドレスを登録する
ウェルスナビのHPから「口座開設(こうざかいせつ)」をクリックします。すると、以下の
画面が表示(ひょうじ)されるのでメールアドレスを入力します。
「次へ」を押(お)すと、確認(かくにん)のために認証(にんしょう)コードを記載(きさい)したメールが送られます。
認証(にんしょう)コードをパスワードの入力

ステップ2認証(にんしょう)コードをパスワードの入力
ユーザー登録画面でウェルスナビから届(とど)いたメールに記載(きさい)された認(にん)
証(あかし)コードを入力します。ログイン時に使用するパスワードを入力してく
ださい。登録したメールアドレスとパスワードで、今後ログインできる
ようになります。
お客様情報(きゃくさまじょうほう)の登録

ステップ3お客様情報(きゃくさまじょうほう)の登録
お客様情報(きゃくさまじょうほう)の登録をします。各種情報(かくしゅじょうほう)とウェルスナビから出をされる際(さい)の振込先融機関(ふりこみさききんゆうきかん)を入力します。
本人確認書類(ほんにんかくにんしょるい)のアップロード

ステップ4本人確認書類(ほんにんかくにんしょるい)のアップロード
「本人確認書類(ほんにんかくにんしょるい)のアップロードを行います。「運転免許証(うんてんめんきょしょう)+個人番号(こじんばんごう)
通知カード」または「マイナンバーカード」のいずれかを選んでチェック
を入れます。「運転免許証(うんてんめんきょしょう)」をお持ちでない場合は「パスポート」の使
用も可能(かのう)です。
規約(きやく)の同意

ステップ5規約(きやく)の同意
表示(ひょうじ)された規約(きやく)を確認(かくにん)します。次に開設(かいせつ)する口座(こうざ)の種類を選択(せんたく)します。「特定口座(とくていこうざ)(源泉徴収(げんせんちょうしゅう)あり)」「特定口座(とくていこうざ)(源泉徴収(げんせんちょうしゅう)なし)」「一般口座」が選べます。特にこだわりがなければ確定申告(かくていしんこく)の必要のない「特定口座(さだむこうざ)(源泉徴収(げんせんちょうしゅう)あり)」が便利です。
簡易書留(かんいかきとめ)の配達希望日の選択(せんたく)

ステップ6簡易書留(かんいかきとめ)の配達希望日を選択

簡易書留の配達希望日を選択(せんたく)して完了(かんりょう)です!口座開設申込(こうざかいせつもうしこ)み完了後、登録したメールアドレスにメールが送られます。

ヤフー知恵袋で最新の評判を見る

[wp_rss_retriever url=”https://chiebukuro.yahoo.co.jp/search/rss?p=ウェルスナビ” items=”10″ excerpt=”50″ read_more=”false” credits=”true” new_window=”true” thumbnail=”false” cache=”7200″]

ツイッターの最新の評判一覧

[wp_rss_retriever url=”https://queryfeed.net/tw?q=%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%8A%E3%83%93″ items=”5″ excerpt=”50″ read_more=”false” credits=”true” new_window=”true” thumbnail=”false” cache=”7200″]

  1. … [Trackback]

    […] Read More to that Topic: tiebukurojinsei.com/?p=78 […]

  2. … [Trackback]

    […] Info to that Topic: tiebukurojinsei.com/?p=78 […]

  3. … [Trackback]

    […] Find More on that Topic: tiebukurojinsei.com/?p=78 […]

  4. … [Trackback]

    […] Here you can find 6699 more Information on that Topic: tiebukurojinsei.com/?p=78 […]

  5. … [Trackback]

    […] Info on that Topic: tiebukurojinsei.com/?p=78 […]

  6. … [Trackback]

    […] Information on that Topic: tiebukurojinsei.com/?p=78 […]

  7. … [Trackback]

    […] Find More on that Topic: tiebukurojinsei.com/?p=78 […]

  8. … [Trackback]

    […] Info on that Topic: tiebukurojinsei.com/?p=78 […]

  9. … [Trackback]

    […] Read More to that Topic: tiebukurojinsei.com/?p=78 […]

  10. … [Trackback]

    […] Information on that Topic: tiebukurojinsei.com/?p=78 […]

  11. … [Trackback]

    […] There you will find 57637 additional Information to that Topic: tiebukurojinsei.com/?p=78 […]

  12. … [Trackback]

    […] Info on that Topic: tiebukurojinsei.com/?p=78 […]

  13. … [Trackback]

    […] Read More Information here on that Topic: tiebukurojinsei.com/?p=78 […]

  14. … [Trackback]

    […] Read More on that Topic: tiebukurojinsei.com/?p=78 […]

  15. … [Trackback]

    […] Find More on that Topic: tiebukurojinsei.com/?p=78 […]

  16. … [Trackback]

    […] Here you will find 69842 more Information to that Topic: tiebukurojinsei.com/?p=78 […]

  17. … [Trackback]

    […] Info on that Topic: tiebukurojinsei.com/?p=78 […]

 ⬇人気の記事!⬇

タイトルとURLをコピーしました