実はすごい健康飲料だった!麦茶の効果・効能

食べ物

焙煎した大麦からの抽出液に、指先などの末梢の血流量を増やす効果があるとの実験結果があるそうです。夏バテ予防にもなります。

身体を冷やす効果がある。

大麦は、カラダを冷やす働きがあるので、暑さでほてったカラダを癒すにはぴったり

冷え性が気になる人、風邪等ひいている時等は、人肌にあたためて飲む等、冷たい麦茶の飲み過ぎに気をつけましょう。

虫歯予防に効果があるとされている。

焙煎(ばいせん)した大麦からの抽出液に、指先などの末梢(まっしょう)の血流量を増やす効果がある

実験は、麦茶の3倍程度の濃さに煮出した液によるもので、通常の麦茶にどの程度の効果が期待できるかは不明という。チームが麦茶の香りのもととなる分子の一つを、培養した人の血管細胞に与えたところ、血管を弛緩(しかん)させる物質をつくり出したという。

実際に乳幼児に飲ませるにはいろいろ確認してからにして下さい。

ほぼノンカフェイン、ノンカロリーの麦茶は、乳幼児にも勧められます

養生訓など古くから良いとされてきた生活習慣の多くは科学的な裏付けが可能です。麦茶が愛されてきたのもその一例。

麦茶はノンカフェイン飲料なので水分補給に適している。便秘や貧血につながるタンニンの量もお茶(緑茶)やコーヒーよりも少ない。
ただし、メーカーや製法によって紅茶やウーロン茶の粉を混ぜて冷水でも速く色を出すという商品もあり、カフェイン、タンニンを含む場合があるので妊娠中、乳児に与える場合には留意が必要。また、煮出して一晩たったものは酸化されているため乳幼児や妊婦には与えない方がよいと昔から言われている。

STEP1: まず、やかんにお湯を沸かします。
STEP2: 「煮出し用」パックを入れて5分ほど煮出します。
STEP3: そのまま5分ほど放置してパックを取り出し、冷やします。
インスタントコーヒーを麦茶の中にひと摘み入れるだけで、香りが全く変わります。

パックは必ず取り出すこと。入れっぱなしにしていると苦味が出てしまいます。

①お茶碗いっぱいくらいの熱湯に麦茶パックを浸す。
②熱湯が冷めてきたら水を足して常温2時間くらい待つ。
③パックを出して冷蔵庫で冷やす。

麦茶の保存期間

常温保存せず、冷蔵保存する。

検査の結果、麦茶を作って5日目までは細菌数、味ともに問題なく飲めるといえます。しかし、さらに安全性を高めるため、賞味期限は、作ってから冷蔵保存で4日目までと考えると良いでしょう。

麦茶には水出し用と煮出し用がありますが、煮出した場合、沸かしてある程度冷めた後、保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。
冷蔵庫では3日は持つと言われています。

麦茶の賞味期限ですが、ベストは作ったその日やペットボトルをあけた日に飲み切るのがいいです。風味が失われずに飲める目安でいうと4日くらいのようですね。

 ⬇人気の記事!⬇

タイトルとURLをコピーしました