steamでセール中なので信長の野望の購入を考えているのですが革新、天道、創造の中のPKでどれ…

Steam 信長の野望

steamでセール中なので信長の野望の購入を考えているのですが革新、天道、創造の中のPKでどれが一番いいでしょうか?
信長の野望シリーズをプレイするのは完全に初めてです

guest
2 コメント
高評価
最新 最も古い
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
匿名
匿名
1 月 前に

革新はキャラゲーの側面が強いです。特に、自軍を強化したり敵軍を弱体化する「戦法」が強く、「車懸」を持つ上杉謙信や「火牛」を持つ真田昌幸などを敵に回すと、数倍の兵力差をもってしても撃破できないことがあるほどです。
このゲームの特徴はリアルタイム制で、内政、合戦を同時に行うことになります。敵に攻められたら、内政している武将を呼び戻して合戦に駆り出すという感じになります。これは非常に面白いシステムだと思います。
内政は箱庭システムです。周辺で合戦が発生するとダメージを受け、施設が壊れたりすることもあります。
正直、外交はおまけみたいなものです。

創造はどちらかと言えばリアリティを追求したゲームです。ただ合戦しているだけではなく、周辺諸国と外交して予め手回ししておかないと、弱小勢力で勝つことはできません。外交は「工作」で相手勢力の「信用」を貯めて、同盟や援軍、停戦の仲介の依頼をする際に「信用」を消費します。
内政は簡略化されていて、「開発」で「石高」「商業」「兵舎」のどれかを選んで数値を上げる形になります。
拠点数が過去作と比べて非常に多く、武将数も格段に増えています。またシナリオやイベントも豊富です。
こちらもリアルタイム制ですが、内政はいつでも行えるわけではなく、月のはじめに行われる「評定」でしか指示を出せません。
また「人口」という概念が追加され、兵士は城に紐付けされます。前線の城に全勢力を輸送する、といったことはできません。

個人的におすすめなのは創造です。革新は兵力のインフレが酷い(これは創造にもある程度当てはまりますが)、、外交がほとんど成功しない、拠点数が少ないなどの理由であまり好きではありません。
あくまで私の意見であり、革新にも長所があり創造にも短所があるので、参考程度にどうぞ。
あと、創造を買うなら必ず「with パワーアップキット」を購入してください。

天道………………
革新と基本的な部分は似ています。革新の評価の方が高いので天道買うなら革新の方がいいかと。
プレイしたことがないので適当な意見になってしまいました。申し訳ございません。

匿名
匿名
1 月 前に

天道はかなり評価が分かれる作品。
個人的にもあまり面白くない作品だし、
とにかく、道づくりがめんどくさいといった印象しかない。
天道についてはレビューも批判がかなり多く、
もちろん面白いという人もいるが、個人的にはお勧めできない。
となると、前者様と同じだが革新か創造の二択

どちらも、かなり評価の高い作品
革新は内政や軍事、武将の使い分けなど含めて
かなり面白い作品だが、若干軍事よりではある。
外交は基本1国としか結べないので外交はしない。
後半のマンネリ化という最大の課題がノブヤボにはあるが、
革新もやはり後半はクリックするだけの単調作業になりがち。
簡易コマンドというものが無い(内政を委任ボタンとか(一応軍団を作ればあるが))
ので、後半のクリック作業というのは体にこたえる部分はある。

創造も内政、軍事など非常に面白くやりがいがあるが、
若干内政寄りで、それ以上に外交を重視する。
公式でも外交を重要視するといっている通り、外交ゲー。
もちろん、内政軍事と怠ってはならないが、
それ以上に外交で敵を作らない、逆に敵をわざと作るといった
ことをしていくことになる。これが結構面白い。
武将は結局は統率が高い武将しか使わないため、
ハッキリ言って中堅以下武将(能力値50以下とかあたり)
は出番がなくなるのが悲しい。
それ以上に、知略や武勇に秀でてるといったとがった武将も
かなり使いにくくなっているため、こういった部分が革新が上
特に、知略。創造の知略が高い武将のメリットがあまりない。
山本勘助、宇佐美定満といった統率低め知略高い軍師タイプが
生かしにくいというのはかなり個人的にはマイナス。
ただ、グラフィックはこちらの方が確実に上で
尚且つ、外交面や軍事などはリアル思考であるので、
そういったリアルな戦国を体験したいという面では創造が上

どちらも初心者向けという点では同じくらいか。
若干創造の方がコマンド数が多いため苦戦しがちな感じがある。
が、どちらも評価が高い作品なのでどれを買っても損はない。

総評して、革新は軍事寄り、武将の質を重視する。
創造は内政寄り、外交を重視する。武将は統率高ければよい。



 ⬇人気の記事!⬇

タイトルとURLをコピーしました